行列の嫌いな弁護士事務所 加藤弁護士事務所
HOME
事務所案内 取扱い業務 TOPICS 料金 ご相談窓口 FAQ


愛知県名古屋市中区丸の内 弁護士加藤英男の日々是精進日記(ツィッター:@BengoshiKH)
by bengoshi_358
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
検索
カテゴリ
全体
こちらもよろしく
事務所について
日々雑感
読書録
会社法
民事再生法
破産法
相続
離婚
交通事故
借金整理の方法
講演録
その他法律関連
信頼できる他の専門家のHP紹介
趣味
弁護士という仕事について
労働法
備忘録
未分類
ブログパーツ
フォロー中のブログ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2012年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧
結論の妥当性と手続の簡略さ
私は、刑法では前田雅英先生の学説で答案を書き、口述試験も乗り切った。

前田先生の基本書は繰り返し何度も読んだ。
前田先生の講義は、辰巳法律研究所のカセット講座で聴いただけだったが、前田先生のお言葉の中で、一番印象に残り、今も私に影響を与えているものがある。

それは、要約すると、「結論の妥当性が一番大事。そして、結論が妥当であるならば、手順は簡単な方がいい。妥当な結論が導けるならば、理論構成は簡素で明瞭なものがいい。」というもの。


これは、私が仕事をする上でもずっと意識し続けていること。

結論の妥当性。

勝つべきものが勝つ。
とにかくできるる限り、被害を回復する。
落ち度は落ち度として認めつつ、落ち度に相応する出捐以上の理由のない出捐を回避する。


そして、妥当な結論に落ち着くことができるのであれば、手順は簡単な方がいい。
いたずらに手続を複雑にし、事件を細切れにして、沢山の裁判や調停を起こすことは良くない。
クライアントの負担を重くし、手続費用や弁護士費用ばかり嵩んでしまうことは避けたい。


クライアントの感情の部分にも配慮しながらも、結果的にクライアントに利益が少しでも大きくなるよう、クライアントが前に進んで行かれるよう、寄り添って走り、元気を注入するコーチのように接して行く。
いたずらにあれも、これもと申立をしない。
そうやって、事件をスムーズに解決していくことで、次の事件の依頼や新しいクライアントの紹介に繋がっていくように思う。

手数料仕事と考えたら、事件の数はできるだけ細かくして増やしていくのがいいのだろうけれど、手数料仕事ではなく、本当の意味で事件を、紛争を治めるお手伝いをすることこそが我々の仕事。

結果の妥当性と手続の簡素さ。
クライアントの物心の負担を軽くし、できるだけ早期に解決、終結に至らしめるお手伝いをする。


今日も、着地点に至った事件もあり、先がはっきり見えた事件もある。
手が離れて行くことには、寂しさもないではないけれど、安心したクライアントの顔を見るのは嬉しいものだ。
[PR]
by bengoshi_358 | 2012-08-31 17:20 | 日々雑感
「フランクルに学ぶ」・6講(斉藤啓一、日本教文社)
「フランクルに学ぶ」・6講(斉藤啓一、日本教文社)

『あらゆる行動とそれに伴う全ての感情生活は、唯一の課題、即ち、ただ生存を維持するということに集中する。ただ、生きる延びることだけが唯一の目的だった』(ヴィクトール・E・フランクル)

『勇気を無くさないで下さい。生命を信頼して下さい。絶望を追い払えば死を遠ざけることができます。お互いに助け合ってください。これこそ、生き延びるための唯一の手段です』(アウシュビッツ被収容者リーダー)

『毎朝、何千人もの人達が足を引き摺るように歩きながら、一輪の花を踏まないようにして歩いていた』(被収容者ゲルタ・ワイスマン)

勇気、希望、信頼、友愛、美。

極限状況の中で、人と人が食い合うことが起きやすい。
ナチスもそれを狙っていたのだろう。
生還者たちは、食い合った者達がどちらも死んでいったのを見た。

極限状況で生還者たちを支えたのは、食物ではなかった(食物は配給物それ自体が生存を維持できるものではなかった)。

人間とはどこまでも人間だということか。
ナチスの非道により動物、獣となること、無感情の木偶人形となることをを強いられ、多くの人々が滅んでいった。
体力、気力が萎えて命を落として行った。
しかし、アウシュビッツから生還した人たちは、人と人との関係性の中で生き、勇気、希望、友愛、美の心を失わなかった。乏しい食事でも体力を維持し、気力を保ち、精神のバランスを失わずに生き延びた。

では、現代を生きる我々はいかに生きるべきであろうか。
[PR]
by bengoshi_358 | 2012-08-06 07:00 | 読書録
Copyright(C)2005 Kato Law Office. All Rights Reserved.