行列の嫌いな弁護士事務所 加藤弁護士事務所
HOME
事務所案内 取扱い業務 TOPICS 料金 ご相談窓口 FAQ


愛知県名古屋市中区丸の内 弁護士加藤英男の日々是精進日記(ツィッター:@BengoshiKH)
by bengoshi_358
検索
カテゴリ
全体
こちらもよろしく
事務所について
日々雑感
読書録
会社法
民事再生法
破産法
相続
離婚
交通事故
借金整理の方法
講演録
その他法律関連
信頼できる他の専門家のHP紹介
趣味
弁護士という仕事について
労働法
備忘録
未分類
ブログパーツ
フォロー中のブログ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2011年 04月 ( 43 )   > この月の画像一覧
不安定に安定する
不安定に安定する

ニュース記事で、自転車が倒れずに走ることができる原理について、新しい発見があったというのを読んだ。

いろんな要素があるが、どうやら、確実に言えるのは、倒れそうになる方向に動くと倒れにくいということのようだ。

倒れることを恐れずに進むこと。

昔、私は、T.Rexのマーク・ボランが好きだった。
彼は、LPのライナーで、こう言ったと書かれていた。
「僕は天秤座。不安定に安定しているんだ。」


安定してしまえば、後は徐々に劣化していくだけ。
人間は、身体の成長が止まっても、精神の成長は死ぬまで続くものだと思う。
だから、これでよし、と安定してしまうのではなく、死ぬまで追求していくということが大切だと思う。
マーク・ボランのように、天秤座ではないけれど、対外的には安定していても、心は常に上を見上げていく。
不安定に安定している自転車のようでいたいと思う。

このところ、私は、内村鑑三の著作と聖歌讃美歌に馴染み、同時に延命十句観音経講話にも馴染んでいた。
バランスを取るため、というか、生理的欲求のように、科学者である、利己的な遺伝子で有名な、リチャード・ドーキンスの「神は妄想である」(早川書房は、これに限らず、渋い本の版権独占が多い)を読み始めた。

それから、宗教哲学シリーズとは直接の関係はないが、松岡正剛先生はの「千夜千冊」を読み始めた。

ドーキンスは、最近の読書傾向へのカウンターだが、正剛先生の本は、いつだって私の頭と心に刺激を与えてくれ、静止してスタンド立てて休んでいた自転車を、また別の新しい方向に走らせてくれる。

特に、この「千夜千冊」は、いろんな方向に私を引っぱっていってくれそうな気がする。
[PR]
by bengoshi_358 | 2011-04-30 23:15 | 読書録
心身の稼働効率を高める音楽

学生時代、音楽をその時々の気持ちに合わせて聴いていたのですが、受験指導をしてくれたT先生は、よくテープ(時代はラジカセ)を作って、落ち込みかけたら聴いてくれ、と私や他の友人にくれていました。

その時に貰ったのは、

長渕剛
松山千春
さだまさし

ライブでの語りの音源も多くありました。

長渕のハングリーツアーでの、「どうしても、皆さんに言っておきたいことがあります。それは、本気でやれば必ず報われるってこと!」という絶叫。

千春の、実家が少し雨が降ると、泥水がじゃんじゃん流れ込んできて大変な、貧しく厳しい暮らしだったという話。

さだのお笑い話とその後に歌い出される、風に立つライオン。

これらは、私の心を奮い立たせてくれました。

勉強や作業のBGMには、やはりクラシック。
これは、自分の好みで聴いていました。
ロックでは、ジミヘンが、なぜだか勉強の邪魔にならず、数日間ジミヘンだけで勉強したこともありました。苫米地英人さんが、著書でジミヘンを別格にクラシックと同列に置かれたのも実感として理解できます。

どうしても、気持ちが乗らない時、イメージングもできない位に落ち込みそうになったり、不安感が湧きかけた時、そんな時には、えいやっという思いで買った、心理学者監修のイメトレテープを聴いたりもしました。

その後、これはよかったなと今でも思うCDに出会いました。

Brain Medical music. "Pessimistic Brain" "Scattered Brain" です。
残念ながら、これらは現在絶版で入手困難になっています。

その後、合格し、独立して暫くして見付けたのが、

植地雅哉 "薬奏シリーズ"
これは、うつの人にも効果があるといわれるサブリミナル音源入りの音楽。
ただ、合う合わないが非常に大きい(シリーズの中でも当たり外れあり)ものだと注記しておきます。


現在、概ね誰にも評価が高い効率アップの音楽は、やはりバッハの音楽。
精神を鋭敏にしてくれます。

中でも、グールドによる、ゴールドベルクが私は大好きです。

ジャズ系では、キース・ジャレット、ケルンコンサートなど。

ジョージ・ウィンストン、ウィンターもよいと思います。
ピアノ曲ばかりですが、個人的にはBGM、特に意識して集中する場合には、私自身はピアノ曲になってしまいます。

私は、いくつか本や雑誌で勉強や仕事に合う音楽について読みましたが、今回は、私の経験と趣味で、いくつか楽曲をご紹介いたしました。
今は、試聴もできるので、ご自身で確かめられて、気に入ったものをうまくご利用頂ければと思います。
[PR]
by bengoshi_358 | 2011-04-30 10:05
ある裁判官の訃報
e0026495_1658546.jpg

実務修習で配属された部で指導をして下さった、いくらか期が上の裁判官が亡くなられていたことを時間が相当経過して知る。

この年明けに亡くなられたと聞く。

気難しく、争点整理もきつく、介入尋問も多かったようだが、駆け出しの頃は、修習でその裁判官の人間味も分かっていたし、指摘されることはごもっともなことばかり。
恥ずかしい事件処理はできないという緊張感と、修習の延長のように、素直に指導をきくという気持で要求以上に対応してやろうとがんばった。


最後に裁判所でお会いしたのは、民事再生事件だった。

余りに資金がなく、審問の時に、依頼者にも私にも厳しく言われた。
そして、「代理人だけ別室に来てください!」と言われ、恐る恐る出向いた。

そこで、幾つか指摘を受け、認可のための条件を示された。

その後、依頼者は頑張り、条件をクリアし、再生は通った。

依頼者は、昨年、無事に再生計画案どおりに支払い終えた。

あの裁判官でなければ、事務的に機械的にこなすだけの裁判官であったなら、きっと再生は通らず、身体に軽い障害を持った依頼者は、経営していた店を手放し、働き先はなく、福祉に頼れたかも分からなかったろう。

今は、細々ながら店を続け、胸を張って生きている。

裁判官は概して激務に追われている。

繁忙、人手不足気味の裁判所、支部勤務の後はいくらか暇な他所に配転されるようだが、官も、民と変わらず、人気者は常に忙しいということもあるのだろうか。

健康は自分で気を付けて、自分で守っていくしかない。

それにしても、あの裁判官がいなくなった残念さと寂しさは、寄せては引き、引いては寄せる。
[PR]
by bengoshi_358 | 2011-04-29 16:58 | 日々雑感
裁判所を信頼する
e0026495_10201420.jpg

裁判所。

学生時代、受験時代、憲法が好きだった。

裁判所に憧れを抱いた。

人権救済の最後の砦。
純理的機関。


裁判所に入ることはなかったけれど、信頼があるから今の仕事を続けている。

人が人を裁くのは大変な仕事。
我々の代わりに憎まれ役、汚れ仕事をしてくれている、とも言える。

だから、やはりリスペクトしているし、時々憲法の司法の章を読みたくなる。
[PR]
by bengoshi_358 | 2011-04-28 10:20 | 日々雑感
忘れ物戻る
e0026495_16444894.jpg

忘れ物の傘が岡山から戻ってきた。

岡山駅ビルで落としたのだ。

半ば諦めていたが、家族が岡山駅に電話してくれて、思い直した。
やるだけやってみようと。

家族によると、岡山駅には該当日にそれらしい傘はなかったという。

そこで、自分のその日の行動を思い出し、岡山駅ビルではないかと絞り込み、自分で電話した。

4年位前に買った折り畳み式の傘。

駅ビルになければ、さっぱり諦めよう。
そう決めて電話することにした。

諦めないで良かった。

親切にも、着払いで送ってくれるという。

「梱包手数料もご請求下さい」と言うが、要らない、と。

届いた傘は、丁寧に畳まれ、プチプチシートにくるまれていた。

馴染んだ傘が戻り、気分は上昇。テンションが上がったというべきか。



実は、この傘は、えいやと気合いを入れて初めて買ったいくらか高価な傘。

三越の地下二階で、店頭でかなり強く勧められて買った、普通の折り畳み式傘三本分の値段の傘。

「生地と骨の強さ、作りの良さが違います。後悔はしませんよ」と店員さんに言われて、手に取り、決めた傘。その店員さんは、別の美しいブランド物(いつも買う傘の1.5〜2倍程度の価格)に目が行っていた私を制し、「あちらは見た目はよろしいが、品質は段違いにこちらが良いですよ。手にとってご覧になってください」という。
そして、その通りの手触りだった。

購入後、大事に大事に使ってきた。
4年位して、少しくたびれたけれど、畳んだ後に留める留め金ボタンが取れてなくなったくらいで、生地はまだしっかり。

同じ傘をこれだけ長く使ったのは初めて。

大抵、壊れてしまうか、なくしてしまう。


傘にお金をかけるなんて、と思っていたが、逆の発想。
本当に気に入った、良い傘なら、元々丈夫なのに加えて、意識して大事にするようになるし、なくしにくく、なくしても落とし物として届け出られやすく、長い目でみたらお買い得なのではないかと感じる。

こうして、長年使い込み、一度なくして、戻ってきた今だから尚更しみじみ思う。


今日も早速役立ってくれた。

全ての物で贅沢はできないが、手が届く範囲で、本当に作りの良いもので、ピンときた物は使ってみるとよい。

名ばかりの壊れやすいブランド物でなく、プロが勧める本物ならば、きっと裏切らない。
あの責任者然とした三越の店員さんは、紛れもないプロだったと思う。

※さんすて岡山保安室の皆様、本当に有難うございました。


「一人、一つ、一度きり。」(塚本虎二師)
[PR]
by bengoshi_358 | 2011-04-27 16:44 | 日々雑感
郷愁
e0026495_6353182.jpg

昨日朝、移動中に、リヤカーを引く人を見かけました。

名古屋市内で。


懐かしくて、見入ってしまいました。


私が生まれ育った東区でも、子供のころはリヤカーは当たり前の身近な道具でした。

ごく小さなころには家にもあったようですし、近所の親類の家には、私が中学上がるころにもちゃんとあって、借りた記憶もあります。


昭和のイメージが蘇り、暫しぼんやりと眺めていました。
[PR]
by bengoshi_358 | 2011-04-27 06:35 | 日々雑感
心身の稼働効率を高める工夫
何かを達成するために、何かを得るために、状況を変えるために、努力が必要なことは言うまでもありません。

但し、闇雲に突き進んでも危険だったり、効率が悪くて卒業だったり、試験だったり、いろんな期限に間に合わせられないことになりかねません。

間に合わないという事態を避けるために、計画を立てることは必要です。
しかし、全てが計画通りには運ばないものです。
自然相手なら勿論、人間が複数絡むことならば、計画変更は当たり前。
だから、変更があること自体は気にしない。
むしろ、アクシデントから学び、肥やしにして進むことの方に価値があるといえましょう。


立てられる計画は立てつつ、臨機応変、心も頭も柔らかく、問題や計画変更の衝撃を吸収し、「常に」前に前に進んで行けるような態勢でいることが大切なように思います。


かつて受験時代、中村天風師、マクセル・マルツ等の著書を読み、身心の稼働効率を高める工夫をするべきだと知りました。


身心の稼働効率を高める。
いつも前に進み続ける、投げ出さないで進んで行かれる心身の基礎体力をつける。

今から思えば、大学の同級生、クラス最年少か二番目くらいで卒1で司法試験に合格した、横浜弁護士会のT先生はそのことをよく理解していたように思います。

T先生は、一般的には気持のアップダウンの多くて当たり前の受験時代、落ち込みのないように見えていました。
音楽、ペット、自然に触れ、うまく自身の感情をポジティブに保っていたのではないかと思います。


最近、ルイーズ・L・ヘイの原書に触れています。
彼女も天風師のように、言葉(アファーメーション)やイメージを大切にしています。

言葉、イメージ。
それと、私は音楽が強い力を持つと思います。

これらを一つにした映画も力を持ちますが、イメージの拡張の自由が少ないことや感情移入の度合いが様々なことや時間の関係もあり、やはり使い勝手がよいのは、言葉、音楽のように思います。


この次に、心身の稼働効率を高める上で私が良かったなと思う音楽について、いくつかご紹介してみたいと思います。


「人が真剣に何かを望むとき、全宇宙が味方して、それが実現するのを手助けするのだ」(パウロ・コエーリョ、アルケミストより 〜角川文庫・山川紘矢&亜希子夫妻訳)
[PR]
by bengoshi_358 | 2011-04-26 11:11 | 事務所について
どんなときにも心に明かりを
人の脳の大部分は使われていない(活発には活動していない)と言われています。

だから、人間の能力に大差ない、個人の能力や価値を特定の時期や特定の基準をもって決め付けるのが誤りであるといわれることも、もっともだと思います。

いつどこでどんな展開が待っているかわかりません。
彼も人なり、我も人なり。
過去の偉人も身近な人も自分も同じ。


心の明かりを灯し、どんなときにも諦めないで、前に前にという意識を持ちたいですね。

「備えよ、常に」
「人は自分の考えているとおりの人になる」
[PR]
by bengoshi_358 | 2011-04-26 09:35 | 日々雑感
眠いときには馴染んだ楽曲で。
眠い時、どうされていますか。

私は、リポD、S-Cup、チオV系のドリンクを飲んだり、コーヒー飲んだり、飴、ガムを口にしたり。
モニターを見る仕事をやめて、手書きにしたり。
それと、イヤホンを耳にして、昔馴染んだ楽曲を聴いたりします。
勿論、いくつか併用したり。

今日は、コーヒーと久々に昔聴いた音楽で頭がすっきり、快調に書類作成作業ができました。

3分、5分でも昔馴染んだ音楽を聴けば、頭がすっきりします。

私の頭をすっきりさせてくれた音楽は、The Cars"You might think", E,L&P "Jerusalem" でした。
[PR]
by bengoshi_358 | 2011-04-25 18:19
若葉のころ
e0026495_16114170.jpg

今朝は通り雨の後に快晴になりました。

緑が眩しく感じます。


ビージーズの「若葉のころ」が脳内自動再生し始めました。

過ごしやすい季節になりますね。


…と言うはなから、黒雲が。
今日は荒れ模様かな。
[PR]
by bengoshi_358 | 2011-04-25 13:00 | 日々雑感
Copyright(C)2005 Kato Law Office. All Rights Reserved.