行列の嫌いな弁護士事務所 加藤弁護士事務所
HOME
事務所案内 取扱い業務 TOPICS 料金 ご相談窓口 FAQ


愛知県名古屋市中区丸の内 弁護士加藤英男の日々是精進日記(ツィッター:@BengoshiKH)
by bengoshi_358
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
検索
カテゴリ
全体
こちらもよろしく
事務所について
日々雑感
読書録
会社法
民事再生法
破産法
相続
離婚
交通事故
借金整理の方法
講演録
その他法律関連
信頼できる他の専門家のHP紹介
趣味
弁護士という仕事について
労働法
備忘録
未分類
ブログパーツ
フォロー中のブログ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2010年 12月 ( 13 )   > この月の画像一覧
事務所の冬季休暇
事務所は明日より1月4日まで休暇に入ります。

5日より通常業務です。


休暇中もお問い合わせ、ご相談にはメールで対応させて頂きます。(いつものように迅速な対応はできないかも知れませんがどうぞお許し下さい)


またブログやツィッターは随時更新しますのでどうぞよろしくお願いします。


_(._.)_
[PR]
by bengoshi_358 | 2010-12-28 21:15 | 事務所について
藤沢翔陵高等学校野球部監督・川俣浩明さんの記事
【元気が出る野球関連の記事】

今朝アップした週間ベースボール12月13日号で読んだ藤沢翔陵高等学校野球部監督・川俣浩明さん(37歳)の記事がネットにもあるのでご紹介。

記事1  

記事2 

記事3
[PR]
by bengoshi_358 | 2010-12-28 16:47 | 日々雑感
年賀状の送付サービス
ウエブポというサービス(https://webpo.jp/)を知りました。

ツィッター仲間から年賀状が届くという案内をメールで頂き、メールを読むとこのサービスを経由してるとのことでした。

これは相手のリアルな住所を知らなくても大丈夫。
こちらのリアルな住所を知らせなくても大丈夫。
メアド、ツィッターアカウント、いずれかだけしかわかっていれば大丈夫。
そんなサービスのようです。

わたしも返事を書こうとしているのですが、どうもツィッターからの情報転送がうまくいかないようでエラー続きです。

料金は葉書込みで、48円(企業CM付葉書)〜のようで、コスト的にも申し分のないサービスのようです。
[PR]
by bengoshi_358 | 2010-12-28 13:13 | 日々雑感
日本には沢山の道がある
元プロ野球千葉ロッテ、阪神タイガース投手、現藤沢翔陵高校の川俣浩明教諭。
勿論、同校野球部監督だ。

平成8年、ドラフト3位。当時25歳。
6年間のプロ球団在籍後に、一般企業に1年間勤務。
恩師からの要請で母校の事務員になり、大学夜間部に4年間通い、社会科免許取得。
さらに2年間のプロアマ協定期間を経て、今年4月から監督に。

「日頃の行いが出るよと生徒に言う。日頃から好きなことだけやって嫌いなことから逃げているとそれが野球に出る。技術を磨く前に人間を磨け」と言われる。(以上、週間ベースボール12・13号より)(週間ベースボールは今でも色々参考になる)


こんな先生の指導を受けたかった。

こんな先生に子供を預けたい。

そんな指導者。


川俣浩明先生(お名前に親御さんの思いが現れる)は期待されながらもプロ野球では1勝もできなかった。
プロ野球では道を閉ざされた。


しかし、川俣先生は新たな道を見つけ、必死に学び、その道の出発点に立たれた。

レイトカマーの遅れてきた新人だが、技量と器量は別物。


日本には沢山の道がある。
ひとつ閉ざされても、他に道がある。


沢山の道がある。
日本人は人生を見つめながら、その道を行く。

だから道なのだ。


ベースボールは世界にある。
野球道は日本にしかない。

どんなことでも、道としたならば恐れるものはない。
この道を行くと決めたら怖くない。

ただこの道を行く。


藤沢翔陵高校と川俣先生の今後には大いに注目したい。
[PR]
by bengoshi_358 | 2010-12-28 10:13 | 日々雑感
わたしと銀杏
e0026495_13301516.jpg

おやつに銀杏。

やはり銀杏は地元で有名な祖父江産がうまい。

銀杏は私には特別な食べ物だ。

私の祖母は祖父江の近く出身。銀杏好きだった。

祖母は氏神さんのお下がりの銀杏を手指真っ赤にして剥いて天日干した。

昔は銀杏は買ったことがなかった。
いちじく、ビワもそうだった。
頂き物として回ってきた。人の思い、心を伴って。

そういう訳でおとなになって暫くは、銀杏をスーパーで買うことに違和感があった。
それが今のように当たり前になって久しい。

便利にはなったけれど、地域や人との繋がりは薄くなった。氏神さんとのご縁も。


銀杏を食べながら、蒲鉾板の上に祖母が剥いて乾かした銀杏を置き、金づちで割った日々を懐かしむ。
[PR]
by bengoshi_358 | 2010-12-25 13:30 | 日々雑感
今年も残すところあと数日
早いものだ。

今年もあっという間に終わりつつある。
時間が経過する速度は年々加速されているようだ。

いろんな環境が変化している。
誰にも止められないし、コントロールもできない。
我々に許されているのは、「いかに適応するか」だけ。

どんなに環境が変化しても、変わらないものもある。
人間が人間であり、日本人が日本人である限り、変わらない、変えてはならないものはある。
基本原理、原則は大きく変わらない。

我々ができることは、もう一度、基本原理、原則に立ち戻って、そこから考えること。
場当たり的な対応ではなく、応用が効く、射程距離の長く、威力が強い、息の長い対応は基本原理、原則から導かれる。

こんな時代だから、こういう状況だからこそ、基本原理、原則を求め、立ち返り、そこから考えてみよう。
[PR]
by bengoshi_358 | 2010-12-24 18:45 | 日々雑感
クッキングスクールのX'masケーキ講習
e0026495_1474814.jpg

明日はX'masイブ。

今日は国民の祝日。
家族で過ごすによい週末。(明日も仕事の予定はあるけれど)

家族に付き添い、クッキングスクールのケーキ講習に。
親子連れが多いが独身女子やシルバー層の単独参加もある。(独身男子がいないのが残念。婚活は勿論自炊生活の向上のためにもクッキングスクールは要注目だろう)


さてケーキを頂けるのはいつになるやら。X'masケーキだから持ち帰りか。作ったケーキをどうするかも聴いてない。家族のコミュニケーション危機か。

何れにしてもまだ生地をオーブンに入れるところまでいってない。(【ケーキ作りのコツ】生地にはバターは入れない。生地が膨らまないそうだ。バターでなくサラダ油がいいらしい。膨らまないのは泡立て不足かバターだと)

さて私は暫く席を外しましょうか。。
[PR]
by bengoshi_358 | 2010-12-23 14:07 | 日々雑感
マイブーム〜クラシック音楽
e0026495_1291099.jpg

またマイブームである。

私のマイブームがクラシック音楽であることは、ツィッターでフォローして下さっている方ならばご承知のことだろう。

今のところ留まることを知らず、幅広く、かつ深化している。


元々は大学時代に下宿部屋の隣室におられた1年上の帝京大学生H先輩の影響で聴いていたベートーベン、モーツァルトの交響曲といくつかのチャイコフスキー作品しか知らなかった。(H先輩からはモーツァルトの交響曲、ピアノコンチェルト集を録音したテープを多数頂いた)

H先輩とクラシック音楽との出会いはこうだ。

私は下宿部屋に来たその翌日から朝の目覚ましはパープルのハイウェイスターにしていた。
少ししてから、H先輩から「君、大学生なのだからこういうのも聴きたまえ」とモーツァルトのピアノコンチェルトのテープを頂いた(後日、「いやあ隣に騒々しい音楽を聴くおっかない人が来たもんだと困っていたのだが、クラシック音楽好きに洗脳できてほっとしたよ」と打ち明けられた)。
モーツァルト、いいな。
それからすぐ朝の目覚ましがモーツァルトになった。

このクラシック音楽との遭遇(そういえば同時期にやはり同じ下宿で1年先輩のΟさんから矢沢永吉のテープを頂き、えーちゃんもラインナップに加わった)の後、独自にブラームスとドビュッシーのピアノ作品を加えたものの、大学を出てから最近まではヘヴィメタルやハードロックに飽きたらクラシック音楽を聴くという万年初心者だった。

ところが、のだめやクラシック音楽ファンの知人ができたり、ラトルのブラームス交響曲集が出たりで、コメント参考に安価な中古CDをいくつか買ううちにどんどんはまっていった。


クラシック音楽は概ね抽象性に特徴があり、思考をクリアに自由にしてくれるので仕事のBGMにもよい。
クラシック音楽の中には、ヘヴィメタルやハードロックみたいに精神を高揚、刺激してくれるものもある。
初めて聞いた作曲家や演奏家、指揮者によるCDも評価や試聴した際の自分のカンを頼りに買った。
新品CD、箱セット買いもし始めた。

フランス週間やロシア週間、カラヤン週間、バーンスタイン週間、ピアノ週間やバイオリン週間とかテーマを決めて聴いたりもしている。

作曲家の人となりや時代背景や思想、演奏家、指揮者の思いや様子を想像しながら聴いている。

そしてもっと知りたくて、音楽評論まで読み始めた。

「西洋音楽史」(岡田暁生著)、「音楽と音楽家」(シューマン著)はどちらも面白い。


私のクラシック音楽ブームは暫く続くだろう。
クラシックは奥が深いから。
[PR]
by bengoshi_358 | 2010-12-23 01:29 | 日々雑感
心がほこっとする動画作品です
1223atapple三羽の小鳥パーピープーgarageband



by @AmariAcari さん
[PR]
by bengoshi_358 | 2010-12-22 19:42
ツィッターについて
著名人のツィートが波紋を広げていますね。

ツィッターは、つぶやきですが誰もが聴いていない独り言ではありません。
気軽ではあるけれども、視聴者のある公開つぶやき。


一旦つぶやいた言葉は、際限なくコピーされ、拡散されてしまいます。

私もツィッターは大好きですが、ここは注意しないといけません。
何気ない一言が、人を傷つけたり、大勢の人々に迷惑をかけたりすることがないように。

むしろ、できるならば、短い言葉で、大勢の人々かたった1人の方にでも励みになり、慰めになるようなことをつぶやいていくべきだと思います。

それと、ミステイクでの投稿は不可避。
明らかにミステイクかと思われる投稿はスルーして、拡散することにないようにしたいものです。
(以前、面白い投稿を転載投稿=RTといいますが、してしまい、後でオリジナル投稿者が果たして拡散を希望されていたかどうか不安になって転載投稿を取消したことがありました。今は転載投稿にも注意せねばと思っています)

さて、今回の件。
実名やこれに類する投稿は名誉毀損になったり、そうでなくても大きな波紋を呼ぶことになります。
やはり実名でプライベートなことを紹介する投稿は、良い内容のものに限るとか、明確な意識をして投稿するのが心構えとして必須だと思います。

ツィッターは恐いものでも、悪いものでもありません。
非常に便利で楽しく、有用なツールです。
今回のことで、非利用者の方々に誤解されることが無いといいなと思います。
[PR]
by bengoshi_358 | 2010-12-22 15:09 | 日々雑感
Copyright(C)2005 Kato Law Office. All Rights Reserved.