行列の嫌いな弁護士事務所 加藤弁護士事務所
HOME
事務所案内 取扱い業務 TOPICS 料金 ご相談窓口 FAQ


愛知県名古屋市中区丸の内 弁護士加藤英男の日々是精進日記(ツィッター:@BengoshiKH)
by bengoshi_358
検索
カテゴリ
全体
こちらもよろしく
事務所について
日々雑感
読書録
会社法
民事再生法
破産法
相続
離婚
交通事故
借金整理の方法
講演録
その他法律関連
信頼できる他の専門家のHP紹介
趣味
弁護士という仕事について
労働法
備忘録
未分類
ブログパーツ
フォロー中のブログ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2010年 06月 ( 8 )   > この月の画像一覧
ツィッター 日本中、世界中と繋がる楽しさ
ツィッター熱も少し落ち着いてきつつあったのですが、また新しい繋がりが広がって楽しさは相変わらず。

まず、草野球仲間が出来たこと。
朝5時から、試合でなく、組織的な練習をしに集まる野球バカの仲間たち。
これは本当に嬉しいことです。

それから、アメリカばかりではなく、中国の親日大学生と仲良くなったこと。
彼のブログは日本語で書かれており、向こうの生活を窺い知ることができ面白いです。

人は一人もいいけれど誰かと心で繋がっていったらもっと楽しい。
それが実感としてよくわかります。

まだアカウントお持ちでない方は、無料登録ですので、是非ご参加ください。
そして、相互フォローさせてくださいね。

リアルタイムでお話ができるツィッターの使用感は独特ですね。
チャットのようでもっと気楽。
[PR]
by bengoshi_358 | 2010-06-29 13:00 | 日々雑感
紅い紫陽花
e0026495_1821695.jpg

一度は捨てようと思っていた鉢植えの紫陽花。

地植にして何年経ったでしょうか。

紫陽花は冬には枯れたように見えて、根は生きていることを知りました。


今は死んでいるように見えても、実は生きている。

馬鹿にされても、もう駄目だと諦められても、生きていて、あれと思ううちに花を咲かせ実を結んでいく。
そんな人もいるのを忘れてはいけませんね。


今の地位肩書や風体で他人を、自分を軽んじないようにしましょう。
[PR]
by bengoshi_358 | 2010-06-25 18:21
夏近づく
e0026495_18113639.jpg

またバナナの花、実が育ちつつあります。

食べられるバナナならばよいのですが、これは葉バナナ。
[PR]
by bengoshi_358 | 2010-06-25 18:11
体育会系らしく
e0026495_20545872.jpg

この2週間、日曜日朝5時からの早朝草野球に出かけています。

主催チーム「ブラボーズ」が場所を取り、所属チームや年齢、性別、野球歴に関係なく、「一緒に練習しよう!」「一緒に野球しよう!」と呼びかけてくださったので、参加させていただきました。

実は、私はツィッターな誤や交流会「草野球&バッティングセンター部」の部長(形だけ)をしており、そこで「ブラボーズ」の渉外係のレストランオーナーの方と知り合い、やってみようと思ったのでした。

ティー、ケースバッティング、定位置ノックと連携プレーといった組織的な練習は久しぶりだったので、とても楽しく、ためになりました。

夏風邪も吹っ飛びました。
体調、気力も十分、やはり体育会系は体育会系らしく運動しなければだめですね。
[PR]
by bengoshi_358 | 2010-06-14 21:01 | 日々雑感
情報の正しさには注意する
6月5日、ツィッターで以下のようにツィートしました。

>「0時前に寝ている人は、たとえ4、5時間の睡眠でも、0時以降に7、8時間寝ている人に比べて免疫を作るリンパ球の数値が高い」(安保徹の免疫力を高める食べ方)だそうな。早寝早起きが望ましいようですね。
※「安保徹の免疫力を高める食べ方」 リンク

すると、沢山の方から共感を得られた後で、医師、医学生の方々から反論が出されました。
腫瘍内科医の上野直人先生が、安保先生の上記ご見解の論拠となる論文 (※)をお教え下さいました。

上野先生と医学生のMさんには、親切丁寧にお教え下さり、とても感謝です。

詳細は、私の6月5日のツィッター履歴をご覧頂ければとは思いますが、要するに「科学的データ」「実証的データ」が乏しい見解であったようです。

今朝、丁度新聞で上野先生の記事を拝見しました。

私のツィートです。
>「20〜30代の乳がん検診の有効性に疑問」TBSのキャンペーンに上野直人先生らが見直しを求め要望書。一般的網羅的な検査は利益よりも放射線被曝とストレスによる不利益が大。血縁に乳がんが多く、胸に違和感ある等の場合のみ有用か。TBSは反論の余地なし、と(朝日新聞10日朝刊より)。

今日は、科学的データ、実証データの重要性を改めて考えました。
色んなメディアで、色んな情報が、もっともらしく、面白く伝えられています。
しかし、時には有害な情報であったりもします。

日常生活のあらゆる場面で、科学的データや証拠を求めて行くと人間関係が壊れてしまいかねません。
しかし、信頼しても依存しない。
できるだけ、内心では、科学的データや証拠を確認する姿勢を維持するようにする。

情報が氾濫した時代であるだけに、心したいですね。
安保先生のご説は、昔から言われた健康的な生活の勧めであって害悪はありません。
しかし、世間で流されている情報によっては、健康被害や経済的損害が生じかねない情報もあります。
(先のTBSのキャンペーンには一般的には不利益の方が大きいようなのです)


なお、ツィッターでは、操作誘導的な情報に満ち溢れた今の時代、改めて中村天風師が言われた、「はっきりした気持ち」で生活することの大切さをツィートしておきました。


全国士業のつぶやきポータルサイト
[PR]
by bengoshi_358 | 2010-06-10 13:17 | 日々雑感
今年ももう半年
早いもので、梅雨が間もなく来ます。

気がつけば6月中旬に入ります。

今年の計画はうまく進んでいますか。
結果はいかがでしょうか。

これからまた半年、心してかかりましょう。
e0026495_14501237.jpg


全国士業のつぶやきポータルサイト
[PR]
by bengoshi_358 | 2010-06-09 14:50 | 日々雑感
緑のトンネル
e0026495_10532240.jpg

名古屋家裁、地裁に抜ける道。

初夏を思わせます。
[PR]
by bengoshi_358 | 2010-06-04 10:53
この人を見よ
「あることが善いとか悪いとかいう評価は、その価値判断を語る者を分析しなければ意味がない。あるものが真理であるかどうかは、それを真理として信じる者は誰かという観点から分析する必要がある。」(フーコー入門・中山元、ちくま新書)

ツィッターを始めて良かったことの一つは、異なる業種の方の考えに触れられること。

私はある哲学教授のツィートにたまに刺激を受けています。

その教授は、毒舌でプライド高い方で、時に下品なことも書きますが、鋭い視点や、一言一句の意義を大切にすること、丹念な商品チェックと的確な評価、豊富な知識には脱帽させられます。


最近は、その教授の影響で、また哲学に目が向き、フーコー、ラカンを読もうと思うようになりました。

去年、ソシュール、レヴィストロース、構造主義について読んで面白く感じたのですが、そのままになっていたところ、意欲が再び喚起されました。


「フーコー入門」は、名言にしばしば遭遇します。

お勧めの一冊です。


私たちの業界では、依頼者側からだけの話を聴いて、敵方にフンガイし、敵方の代理人を嫌悪し、下に見る方に遭遇します。

レナード・コーエンのアルバムには「バライアスポジション」と言って、「様々な見方」、「様々な立場」という題のものがあります。


業界に長くいると、正義は人の数だけある、といってもあながち不当ではないと思わされます。


正義だ、真理だと主張する私は、果たして何者か。

私自身を思うとき、その私自身が判定するところの正義だとか真理だとかは、一体何ぞや。

私達はもっと正義や真理に関して謙虚な態度でなければならないのではないかと思います。

正義や真理に遠いところにいるように見える敵方にも、哀れみ、あるいは最低限のリスペクトを。

正義や真理の下に、苛烈な対応をすることだけはやめよう。


そう思わされます。

引用はニーチェの考えのようです。
ニーチェは、これまで誤解されてきたのか、超訳がやり過ぎなのか、前向きな解釈により人気がありますね。


謙虚さ、哀れみ、リスペクトを併せ持った、向学心のある人でいたいと思います。


そろそろ休みます。
明日も良い日になりますように。(^-^)
[PR]
by bengoshi_358 | 2010-06-02 00:01
Copyright(C)2005 Kato Law Office. All Rights Reserved.