行列の嫌いな弁護士事務所 加藤弁護士事務所
HOME
事務所案内 取扱い業務 TOPICS 料金 ご相談窓口 FAQ


愛知県名古屋市中区丸の内 弁護士加藤英男の日々是精進日記(ツィッター:@BengoshiKH)
by bengoshi_358
検索
カテゴリ
全体
こちらもよろしく
事務所について
日々雑感
読書録
会社法
民事再生法
破産法
相続
離婚
交通事故
借金整理の方法
講演録
その他法律関連
信頼できる他の専門家のHP紹介
趣味
弁護士という仕事について
労働法
備忘録
未分類
ブログパーツ
フォロー中のブログ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2009年 05月 ( 93 )   > この月の画像一覧
ラミーと20 年前のインク
先週から、ラミーサファリ・デモンストレーターに、20年前に買ったデッドストックのモンブラン・ブルーブラックを入れてメモやノート取りに使っています。


気に入った筆記具で書くという行為それ自体が楽しい。
そんなわたしは危ない人か?


わたしは、ワープロ第一世代に近い。先輩の弁護士が200万円もするワープロを買ったという噂に驚き、やがてワープロが広まって行き、10万円台になったときに、わたしも「文豪」を買った記憶です。

すぐに、エプソンの286パソコン、マックパワーブック100、2400、パワーブック、マックブック、バイザー、クリエとデジタル一辺倒になりました。

その反動が出ているように思います。

デジタル化の波に洗われるまでは、全て手書きなわけで、中学から司法試験までの受験を準備から本番まで、鉛筆、ボールペン、万年筆、サインペンでペンだこが痛くなるまで書きまくってきたのです。


目新しいワープロ、グラフィック使いのメモばかりでしたが、昨年あたりから手書きが増加してきました。


全てはバランスだ、と高校時代の恩師と、親しくさせていただいている先輩の税理士に言われました。


きっと、激しく急にデジタル化した反動で、バランス取りをしているのですね。


と勝手に納得。
[PR]
by bengoshi_358 | 2009-05-30 11:56
突然に決めたこと。
今年の夏は御嶽山に行こう!

…と決めました。

それと、いつか駒ケ根へ。


長野はわたしの心の故郷です。
[PR]
by bengoshi_358 | 2009-05-29 20:35 | 日々雑感
堀川の風景
e0026495_19464367.jpg


わたしは堀川の眺めが好きです。

父が子ども時代に眺めていた同じ堀川。
その頃は透き通って、泳ぐこともできた堀川。

風情を感じさせてくれます。
時間が止まったような感覚になる場所です。

すぐわきは、那古野町、四間道。
どうぞお立ち寄りください。
[PR]
by bengoshi_358 | 2009-05-29 19:46
失ってみてわかること
失ってみてはじめてそのありがたみがわかるということもありますね。

恵まれていたんだということがわかるように、時々何かを失くしてしまう経験をさせられるのでしょうか。


でも、大丈夫、全ては必要、必然、最善なのですから。
[PR]
by bengoshi_358 | 2009-05-29 19:34 | 日々雑感
きっと大丈夫だから。
何が起ころうとも、あなたは大丈夫。
何が起ころうとも、最悪な結果にはならない。
何が起ころうとも、きっと道は見つかる。


だって、一所懸命にやってきたもの。
ミステイクは誰にだってある。
動機においてやましいところなく、他人を陥れようとするよりも高めようとしてきたのだし。

全ては生成発展進化の道筋を積極方向に進んでいくのが世の流れ。
悪い事も起こるけれど、進歩がないようにも見えるけれど、スパイラル状に進んでいる。

だから、持ちこたえてください。
踏みとどまってください。
流れが来るまで、大きく動けるようになるまで、待っていたらいい。

心の炎、小さな炎1つだけは消さないで。


何が起ころうとも、きっと大丈夫。
誰も何も本当のあなたを傷つけることはできないのだから。

きっとあなたに流れはやってきます。

その流れが来たら、飛び乗ってください。
[PR]
by bengoshi_358 | 2009-05-29 18:45 | 日々雑感
基本を大事にする
いろんな事件でいろんな弁護士が書いた書面を見ます。

説得力があり、証拠もそれらしいものがある。
「こりゃ、だめだ。」と思わずつぶやいてしまうことがあります。

でも、そういう時には、一歩下がって眺めてみる。
主張については、要件事実をチェックしてみる。
証拠については、遠くから鳥瞰、俯瞰するように、いろんなところから観てみる。

すると、案外突破口が見えてきます。

諦めないこと、基本を大事にすること。
やはり、ここですね。
[PR]
by bengoshi_358 | 2009-05-29 18:00 | 日々雑感
頼まれごとをやっていく
頼まれごとを淡々とやっていく。
これが幸運の秘訣であるといいます。


確かにそうかなと思います。

「もうあなたには頼まない。」

そう言われたら、サラリーマンとしての出世はありません。
会社や個人事業者だったら、仕事はなくなります。


不平不満愚痴悪口泣き言呪い言葉を口にすることなく、違法不当無理なこと以外は、引き受けていく。



最近、久々に知人から小林正観さんのCDをいただいたのですが、聴いてみて、正観さんは、この10年間変わらず「頼まれごと」をやって来られたんだな、10年変わらず同じことを語られ、実践され(ダジャレは進化、後退?)ているのだな、との印象でした。

ただ、やはり正観さんの脱力は骨太の脱力であって、表面的なところだけ真似しても現実を変えるまでにはならないのではないかなと思います。

今のままでいいんだよ、と表面的には聴こえますが、その実は「喜ばれる存在」になろうよ、という動的なメッセージですからね。
[PR]
by bengoshi_358 | 2009-05-29 13:22 | 日々雑感
海外の法律情報・弁護士とのコンタクト
英語のつぶやきブログで、リンク(フォローしてくれる人)が微増しているのですが、法律事務所コンサルタントだけでなく弁護士らしい人も現れてきました。

これからの展開が少し楽しみです。

でも、もう少し時間があると…いいですね。
[PR]
by bengoshi_358 | 2009-05-29 12:32 | 日々雑感
同類の欠点は目に付きやすい
人間には誰でもいい加減な部分があります。

そしてそのいい加減さが相違しつつ調和的であるならば、相互補完して非常にいい関係になれます。

しかし、そのいい加減さが同質ないしは近似しているならば、よほど注意しないと、マイナス面が増幅されてしまうし、他方のいい加減さが気になって仕方がなくなってしまいます。

自分に近いものがあるから、自分自身嫌だと思っているものが晒されるようだから、目に付いてしまいます。

全く正反対だ、違ったタイプの人だと、第1印象で思ってしまうような人の方がうまくいくのかも知れませんね。
[PR]
by bengoshi_358 | 2009-05-29 10:35 | 日々雑感
「一緒」懸命
ときどき中村天風師の言葉が、じんわりと心に響いてきます。

「怒らず、恐れず、悲しまず、正直、親切、愉快に。」(「成功の実現」〜経営合理化協会)


長く、いい仕事を続けていきたいのであれば、自分のスタイルを崩さない。
リクエストには対応しつつも、違法不当無理に迎合しない。

一所懸命がんばって、一所懸命がんばってる人や企業を応援する。

一所懸命にがんばっている人や企業とともにあるから、負けずに一所懸命がんばれます。
力を頂いて、力をお返しする。

そういう魂のキャッチボールができる仕事をさせていただけることに感謝です。

「一緒に懸命に」が自分のスタイルと思っています。
[PR]
by bengoshi_358 | 2009-05-28 19:15 | 日々雑感
Copyright(C)2005 Kato Law Office. All Rights Reserved.