行列の嫌いな弁護士事務所 加藤弁護士事務所
HOME
事務所案内 取扱い業務 TOPICS 料金 ご相談窓口 FAQ


愛知県名古屋市中区丸の内 弁護士加藤英男の日々是精進日記(ツィッター:@BengoshiKH)
by bengoshi_358
検索
カテゴリ
全体
こちらもよろしく
事務所について
日々雑感
読書録
会社法
民事再生法
破産法
相続
離婚
交通事故
借金整理の方法
講演録
その他法律関連
信頼できる他の専門家のHP紹介
趣味
弁護士という仕事について
労働法
備忘録
未分類
ブログパーツ
フォロー中のブログ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2008年 09月 ( 83 )   > この月の画像一覧
朝は良い言葉から始める。
「朝一番、やる気がふくらむ言葉」(中山庸子、三笠書房)

今朝起き抜けに読みました。
朝は、なんてたって良い言葉から始めるのがいい。

クリスチャンであれば聖書。
イスラムであればコーラン。
仏教徒であればお経。
神道であれば祝詞。

無宗教であればなんでもいいけれど良い言葉。

以前買って積読になっていたのですが(女性向けの本でした)、ちゃんと読んでみたら読みやすく薄い本ですし、一気に読めました。
イメージ的には中谷彰宏さんの文字の大きな本のようなもので、女性への応援歌的なメッセージが加わった本。

気に入った言葉に付箋を貼りました。
[PR]
by bengoshi_358 | 2008-09-17 05:34 | 日々雑感
神官タクシー。
このところ、神道系の書物等に興味があります。

小乗仏教にも興味はありますが、ここしばらくは、神道系。



大祓や他の祝詞の響きや内容に興味があります。

それに、東儀さんのコンサート以来、雅楽のCDをたまに聴いています。



今日は、名古屋駅に急ぐため、タクシーに乗りました。

名古屋のタクシーは、ドライバーの趣味を助手席の背もたれに掲示しています。


乗ったタクシーのドライバーの趣味は、雅楽演奏とありました。

顔写真は、神官の衣装をまとって撮影されたもの。


お名前は、本名か、いかにも神官らしい名前。




そこで、つい尋ねてみたら、そういう家系の人で、神官の資格があり、お祓いができるといいました。

訳あって今は、私的な雅楽演奏のみで、神社からは距離を置いているそうです。



わずか、5分足らずだったので、お話はそこまででしたが、わたしが大祓のCDが好きで、友人が神社でごんねぎをしていると伝えたら、少しだけ表情が変わったようにも感じられました。



いろんな偶然の出会いがありますね。
[PR]
by bengoshi_358 | 2008-09-16 14:45
仕事を趣味に思えるように。
仕事を趣味に思えるならば、「24時間弁護士!」もできるかも知れません。

でも、どんなに好きでも「責任」がかかれば、趣味ではなくなります。


だから、やはりどんな小さなものでもいいから、多忙人間こそ、常に趣味を持っていることが大事なのではないかと思います。
[PR]
by bengoshi_358 | 2008-09-16 10:48 | 日々雑感
無駄の効用。
3日の休日(暦上)は、無駄なことを考えたり、したりする余裕をくれました。

能力の低い人間はやっぱり時間で勝負しなければなりません。
また、そもそも何かを成し遂げるためには、「やり過ぎるくらいにやる」必要があるのだと、池谷裕二先生も最新刊で述べています。
だから、わたしは、本当のところは始終仕事をしているのが理想であると思っています。

でも、絶対能力が低いからこそ、能力を最大限に引き出すために、稼働効率をアップさせるノウハウも必要になります。


やっぱり、それは「無駄」を活用するということ。
趣味や仕事と無関係な勉強を適度に入れていくことなのでしょうね。

休日明けの今日、つくづく実感しました。
[PR]
by bengoshi_358 | 2008-09-16 10:25 | 日々雑感
わたしの場合は。
語学か。

ここのところ、すぐ挫折するのですが、始めるときは、どきどきわくわくするのです。
o(^-^)o


どきどきわくわくする趣味のある人の方が仕事ができるという有力説があります。



今どきの経営者は、トライアスロンにはまっているとかで、同業者からわたしも誘われました。


わたしの場合は、古武術と語学を短い時間に集中してみようと思います。



もちろん、トライアスロンにもどきどきわくわくを感じたら、いつかチャレンジします。
年齢に応じたやり方はどの分野にもあると思いますから。
[PR]
by bengoshi_358 | 2008-09-15 20:14
人間の脳が現状維持的だから
「コーチみよしのへ~ンシン!」(三好隆宏、TAC)

この本は、薄いのに割高。

でも、面白かったです。
楽に楽しく変わる、成功するための応援メッセージ。

心を軽く、明るくしてくれる本です。


みよしコーチは、「変えるのはイヤ、でも試すのはスキ」という人間の心理をよく理解しています。


「ちょっとやってみるだけから始めよう」というくだりを読んでから、面白くなりました。



どんなことでもいいから、お試しで始めてみましょう。
[PR]
by bengoshi_358 | 2008-09-15 20:07
立ち止まって考えること。
連休はいろいろ考えるのにちょうどいいものですね。

平日は、多くの書類と電話に裁判、調停、打ち合わせ。
これという目的、目標のために効率を最優先に突っ走るだけ。

「ゲーテ」10月号で、ドリアン助川さんが、今月のゲーテの言葉で書いていたけれど、効率や合理性と離れた無駄な部分に学問がある、無駄をやるからこそ青春がもう一度甦る、と。

池谷裕二先生の新刊本「ゆらぐ脳」(文芸春秋)でも書かれていたけれど、「目的」で限定をかけない、「目的で最短距離を求めたらミスがうまれるのではないか」(p.80)、「裾野の広くない山は高くない」(p.128)ということもあります。


休日は、効率を考えないで無駄をする、裾野を広げるのに丁度よいのではないかと思います。
ただ、同じように仕事をするだけではもったいない。
立ち止まって考えるのにも使う。


そんなときは、孤独でナイーブな若者に戻ります。

森山直太朗さんの「生きてることがつらいなら」、まきちゃんぐの「煙」、「雨と傘と繋いだ手」、Monkey Majikの「ただ、ありがとう」をiTunes Store でDLしてしまいました。
[PR]
by bengoshi_358 | 2008-09-15 17:10 | 日々雑感
よい気分転換に。
今日の法律相談は、あにはからんや1件だけでした。

6〜8件予定されているのが普通です。

市区町村のサラクレ(クレサラ)相談が充実してきたせいでしょうか。
そうであるならば、それはそれでよいことだと思います。

チャンネルが増えて、必要なときに必要な場所で相談が受けられることはユーザーにとってよいこと。


わたしは、久しぶりに休日の都会を少しだけ散策しました。
普段と違って、若者が街にいっぱいでした。
若者の服装がどこか大阪風(要するに派手め)になったようで、改めてびっくりでした。

ヘビメタの生バンドの演奏もあり、よい気分転換になりました。
[PR]
by bengoshi_358 | 2008-09-15 15:48 | 日々雑感
借金で困ったら
借金で困ったら、お近くの弁護士会「クレサラ(サラクレ)法律相談」「借金相談」(※各弁護士会により名称は異なります)にお出かけください。

多くの弁護士会では、借金整理の相談について、初回無料としています。

弁護士にとって、法律相談会は負担ですが、順繰りで担当することになっています。

ただ、参加したくない弁護士は拒否もできます。

法律相談会に出てくる弁護士は、意欲もありますので、安心してお出かけください。

実は、わたしもこれから某所での弁護士会の無料相談会に参ります。

もっとも、今日のわたしはやや疲れぎみです。

でも、体調が万全でないだけで、やる気がないわけではありませんので、あしからず。
[PR]
by bengoshi_358 | 2008-09-15 09:55 | 借金整理の方法
語学への思い再び。
「英語は逆から学べ!~最新の脳科学でわかった!世界一簡単な外国語勉強法~特殊音源CD付き(全外国語対応)」(苫米地英人、フォレスト出版)を読みました。

なるほどと思わせることばかりです。
苫米地先生の本は、さすが洗脳の専門家だけあって、わかりやすく、わかった気にさせる文章で構成されていて、一気に読ませてくれます。


かつては英語にはそこそこ自信があり、外国人の友人も少なからずいたのですが、英語はさびつくばかり。
中国語も一念発起したのですが、いまひとつで挫折。

ビジネスに直接は必要ないかもしれませんが、これからの人生を豊かにしていくには、語学もできたほうがよいのではないか。
また、自分は必要なくても、次の世代には必要になっていく。
ジム・ロジャースだったか、「次は、中国だ!」といって娘さんに中国語を勉強させている著名人もいるそうな。

これからは、世界が相手。
世界が相手にできるような仕事、世界を意識した仕事をする必要があるはず。


自分のためだけではなく、身近な人間の手本になるように、ここはがんばってみますか。
…意外に、今の自分の仕事にも役立つ予感もありますし。



この本では、「言語」=「人格」であるとか、脳の別の部分を使う、とかつくづく面白いなと思う表現がいくらもあります。

わたしも、かつては英語を話す時は、「バナナ」(外見は黄色人種で中身は白人)と言われるように、人格が変わっていた(少なくとも気分は昂揚していた)ように思います。

アメリカと、台湾のTVドラマのDVDを字幕なしで見ることから始めようと思います。
それと、iPodに「The Firm」の全編を入れて、暇なときに聴いていこうと。
単純ですが、ジム・ローンも言っているように、「思いついたら、すぐ行動に移す」ことをやってみるのです。

新しいことを考えると、どきどきわくわくするものです。
それだけで、生活の質が上がるように思います。
[PR]
by bengoshi_358 | 2008-09-14 18:37 | 日々雑感
Copyright(C)2005 Kato Law Office. All Rights Reserved.