行列の嫌いな弁護士事務所 加藤弁護士事務所
HOME
事務所案内 取扱い業務 TOPICS 料金 ご相談窓口 FAQ


愛知県名古屋市中区丸の内 弁護士加藤英男の日々是精進日記(ツィッター:@BengoshiKH)
by bengoshi_358
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
検索
カテゴリ
全体
こちらもよろしく
事務所について
日々雑感
読書録
会社法
民事再生法
破産法
相続
離婚
交通事故
借金整理の方法
講演録
その他法律関連
信頼できる他の専門家のHP紹介
趣味
弁護士という仕事について
労働法
備忘録
未分類
ブログパーツ
フォロー中のブログ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2008年 06月 ( 99 )   > この月の画像一覧
言霊についての理解の深化
中村天風師の「恐れず、怒らず、悲しまず。
正直、親切、愉快に。」の句の意味が、とてもよくわかるようになりました。


スマナサーラ師の本で、感情≒粒子、行為+感情=カルマと理解できたら、天風師のいろんな言葉が改めてじーんと心に響くようになりました。


言葉は言霊というのも、粒子である感情を伴うからこそとわかります。

だからこそ、良くない感情は持たないように。良い感情でいられるように、良い言葉しか口から出さないように。



心がけねばなりませんね。
[PR]
by bengoshi_358 | 2008-06-30 22:44
終わりよければとするために。
野球でも、最後に投げる投手クローザーはしっかりゼロ点に押さえることが大切です。

営業でも、最後のクロージングが大切だといいます。


裁判でも、勝訴する、債務名義を得ることが大事なのですが、さらに、それだけではなく、回収することまで考えていかなければなりません。

いろんなリスクを考えて、回収を確実にし、予想外の事実を想定内の事実にできるようにシミュレーションしていく。



してみると、きっちりケンカしないで、譲り合って早い段階で和解して任意の支払いを得る方が確実かもしれません。

どうしても、話が食い違う、時間稼ぎでしかない、等と不審を感じたら、やはり裁判所にご判断いただいて、執行まで進むしかなくなります。

争いには常にリスクが伴います。
争うならば、そのリスクはできるだけ少なく、小さくしていく努力をしていくこと。



始めるのは簡単だけれど、きっちり終りを締めるのはとても難しいです。
終わりよければとするために、終りこそ注意してかかりましょう。
[PR]
by bengoshi_358 | 2008-06-30 20:43 | 日々雑感
フェイトーザ、不調か短期決戦での戦略ミスか。
昨晩は、K1は全部は観られませんでした。


テイシェイラは優勝したのかもまだ知りませんが、フェイトーザ。

あの負け方はすっきりしません。
初対戦は苦手な人だと思いますが、バダハリは強いことはわかっていた。

スピードとスタミナ、身体のしなやかさ。


ビデオもあるのだし、できる対策はとるべきなのですが、果たして十分な検討はされていたのか。


全体重を載せたフルスイングのパンチやキックを打たせ過ぎました。

かつて、ムハマドアリが、アフリカはキンシャサで、ロープを背負いジョージフォアマンのメガトンパンチを8ラウンドまで受けたのには戦略がありました。

巧みなディフェンス能力とジョージフォアマンのスタミナ切れを狙う戦略がありました。


草野球でも打者にフルスイングさせない投球が大事。
相手にフルスイングさせることはリスキー。


フルスイングさせても草野球ならファウルにさせる、打撃格闘技ならば、打点をずらすなどの工夫が不可欠。

バダハリの技術やスピードが予想外だったのかも知れませんが、坂井機長が著書で書かれているように、2段目、3段目までの対策を立てておくのが大切なこと。




フェイトーザの実力はあんなものではないと思います。
フェイトーザの再起を期待しつつ、自分自身も学ぶところがある試合でした。
[PR]
by bengoshi_358 | 2008-06-30 12:21
良い言葉のちから。
アルボムッレ・スマナサーラ師「パワーアップ・ユア・ライフ」には、光が粒子であるように、思いが物質であって、念波となって放射されるというようなことが書かれていました。

思いは、言葉で構成されます。

言葉にするということは、その言葉に示される思いが粒子となって放射されることだというのでしょうね。

「言霊」をいう論者の理論的基礎がそこにあるのでしょう。


実際はどうなのか、それはわかりませんが、言葉によって、気分がよくなったり悪くなったりすることは実体験としてわかります。


パウロ・コエーリョ「アルケミスト」(角川文庫)の言葉、
「人が真剣に何かを願うとき、全宇宙が見方して、それが実現するのを手助けするのだ」という言葉にはいつも励まされます。

それと、最近知った、豊川稲荷の真言、「唵尸羅婆陀尼黎吽娑婆訶(おんしらばったにりうんそわか)」〜「この呪文を唱える時は、わが信心は何処までも通じて正しき戒力により悪事災難は除かれて、福徳智慧を賜り、苦を抜いて楽となし、悲しみを転じて喜びとなすことが必ず成就する」(豊川稲荷妙巌寺作成、「豊川閣略縁起」より)にも同様のちからを感じます。

でも、究極には「ありがとう」「ありがとうございます」なのでしょう。

良い言葉をできるだけ口にするようにしたいと思います。
[PR]
by bengoshi_358 | 2008-06-30 02:31 | 日々雑感
感謝するしかなくなる瞬間。
だんだんと酸欠になってくる感じです。

今日も盛りだくさんな一日でした。


一体どれだけの人に会い、話をし、いくつの事件に関する書類を作ったのか、記憶がもうあまりありません。


丁度お菓子や飲み物のいただきものもあったので、お腹は空いていませんが、6時から起きて今まで仕事をしていますから。

健康で仕事ができるだけ幸せです。


近いうちに期限の来る書面もまだいくつか残っていますから、休みの間にもどこかで仕事をします。


とりあえず、今日は充分に生き切ったなぁと思います。
すべてに感謝するだけです。

楽しく、元気に1日が過ごせてありがとう。
出会えた全ての方にありがとう。
[PR]
by bengoshi_358 | 2008-06-27 22:25 | 日々雑感
ストレス、チャレンジ?
関連士業の仲間に電話をしました。


「まだ仕事してんの?ようやるね〜。」と言われてしまいました。

「やらせていただける仕事があるだけ幸せですってば。」

「ま、そうだよね。身体に気をつけてや。」


暗い気持ちで仕事をしていたら、しんどいだけです。
ストレスがかかってしまいます。

わくわく、どきどきの気持ちがあれば、ストレスではなく、チャレンジです。
自分の枠を広げていく、能力を高めていくチャレンジ。

もう少しがんばろう。
[PR]
by bengoshi_358 | 2008-06-27 19:51 | 日々雑感
無常、しかし無限連鎖か。
e0026495_1755252.jpg

スマナサーラ師の本を読むと、無常ということと、無限に繋がる命について思いが飛びます。


無常、されど無限。

変化しつつも、常により良い存在、人に喜ばれる存在になれることを、永遠に続く存在(かもしれない)(そしてそう仮定した方が楽しい)ことを前提に、今日も明日も明後日も、足元見つめてがんばる。

あなたもわたしも息をして食べて寝るだけの存在ではない。

元気に楽しく幸せに。
[PR]
by bengoshi_358 | 2008-06-27 17:05
よい言葉や態度は自分を助ける
業、カルマ。
自分で自由に管理できる意思のこと。


スマナサーラ師の本をもう少し読むと、感情を伴うもののようです。無意識でぼんやりとした不注意も含むので、広く人間の意識無意識の活動全般をいうのでしょうか。


業やカルマがそういうものだとすると、人の意識に働きかけるものを大切にしなければなりませんね。


そして、人の意識に働きかけるものは、言葉や態度。
外から入るものよりも、うちから出るものの方が影響力は強いのではないでしょうか。

映画やテレビドラマ、本の影響力も強いのでしょうか、自分がどう解釈し評価するかで影響力も変わります。

解釈、評価は、言葉であり態度です。




スマナサーラ師の本はいろいろ考えるきっかけを与えてくれますね。
[PR]
by bengoshi_358 | 2008-06-27 13:51
名古屋栄のオアシス
e0026495_1116035.jpg

天気がどうにか良いので、3駅間を歩きます。


名古屋栄 リバーパークです。

林の中を抜けて行きます。


明るいところを撮影できれば、美しい公園だとすぐわかっていただけるのでしょうが、明るいところは、複数の人が寝ているのが写り込んでしまうので避けました。



歩き続けると、気分がだんだんと良くなります。



でも、多い日は2万歩以上歩くと言う、同期のT先生には勝てません。
T先生は、6駅間歩くそうですから。
[PR]
by bengoshi_358 | 2008-06-27 11:16
自己重要感と現実の制御可能性を知ること
人身受けがたし。
命の尊さ。

人生の有限性。



自分を大切な存在だと思うこと。


そんな自己重要感と、現実が自分の意思で制御可能だと知ること。
今の現実が全部でなくとも自分の意思で作られたものであることを認めること。


それが、出発点であり、生きる力の根源になるものだと思います。

スマナサーラ師の本は、生きる力の根源を呼び起こしてくれます。
[PR]
by bengoshi_358 | 2008-06-27 09:31
Copyright(C)2005 Kato Law Office. All Rights Reserved.