行列の嫌いな弁護士事務所 加藤弁護士事務所
HOME
事務所案内 取扱い業務 TOPICS 料金 ご相談窓口 FAQ


愛知県名古屋市中区丸の内 弁護士加藤英男の日々是精進日記(ツィッター:@BengoshiKH)
by bengoshi_358
検索
カテゴリ
全体
こちらもよろしく
事務所について
日々雑感
読書録
会社法
民事再生法
破産法
相続
離婚
交通事故
借金整理の方法
講演録
その他法律関連
信頼できる他の専門家のHP紹介
趣味
弁護士という仕事について
労働法
備忘録
未分類
ブログパーツ
フォロー中のブログ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2008年 05月 ( 139 )   > この月の画像一覧
素振りで図れる実力
わたしが子供のころ、毎晩路地で素振りをしていました。


バットは美津和タイガー。




気分よく素振りをしていると、仕事帰りのOLさんがヒールの音を響かせて歩いて来ました。


白いひらひらしたブラウス、同じような素材のロングスカート。

ハイヒールも白。

小学生のわたしでも、いいところを見せようと、素振りにも力が入ります。



いよいよわたしの側を通り過ぎようとしたとき、一瞬彼女が立ち止まり、「そのスイングじゃ、ホームランは無理ね。」と言いました。


わたしは、素振りを止めて、闇に消えていく彼女の後ろ姿の方向を、ヒールの音が消えるまで追っていました。






事務所の近所にも、高校生くらいの子が夜に素振りをしています。

今晩もしていました。


わたしも、一言言いたい気持でしたが、止しました。

ドアスイング。


肘が伸びたままバットを振っている。

努力が報われにくい練習です。

試合で、タイミングを崩されて、素振りのとおりに打てなかったときに、予想外に、打球が伸びるのに驚くはず。


インパクト時には肘は曲がっていなければなりません。


打ち終わった後の形でインパクトに行ってしまうような素振りでは、苦労のわりによい結果はでにくいです。



今は、メジャーやプロ野球選手の打撃の分解写真が容易に手に入ります。


今度はそれを見せてあげようかと思います。

努力は報われて欲しい。
努力に応じて報われなければ。



などと思いながら、明日早朝の草野球に心は向かっています。
[PR]
by bengoshi_358 | 2008-05-31 21:24
ラーメン+マンゴー2つ。
今日は、なぜかあまり食が進まない。
こういうときは、食べたいものを食べるのが一番いい。

そこで、朝はラーメン、昼ご飯はマンゴー2つ。
わたしの好きなマンゴーも、フィリピン産だと安価。
2週間以上前に1個100円で大量入手したものの残りが、腐りかけていたので一気に片づけました。


夜は、しっかり焼き肉にしたいです。
[PR]
by bengoshi_358 | 2008-05-31 16:29
わたしの雑記帳
e0026495_155166.jpg

英雄100+パープルインクによる、昨日の雑記メモ。

A5のシステム手帳です。

カレンダーや予定表は抜いてあります。
[PR]
by bengoshi_358 | 2008-05-31 15:05
安価な金ペン万年筆をメモ用に使う
e0026495_1455678.jpg

わたしが最近もっとも気に入っている万年筆です。

1週間通して持ち歩きました。



路面に落とすこと1回。

ダメージなしでした。



中国・英雄100。

1200円で買った14金ペンは、書き味もよしです。


軽くラベンダーの香りのついたパープルのインクを入れて、普段のアイデアメモに使っています。


セピア、グリーンのインクも使いたいので、アンダー3000円の金ペンが、あと2本は欲しいところ。
[PR]
by bengoshi_358 | 2008-05-31 14:55
当面は弁護士1人事務所です。
このごろ同期登録の仲間達がイソ弁を採用し始めています。

わたしは、まだまだかなとも思っています。


忙しい中で工夫しながらがんばっていくことで、自分の枠が広がっていくように思うからです。

どうしても1人では苦労が多過ぎるという案件では、いつでも快く手伝ってくれる仲間や若い同業者たちの力を借りることで十分対応ができます。



自分は、自分の枠を広げていきたい。
死ぬ直前が一番賢い自分でいたと思っています。

ちょっと独りよがりかも知れません。


「そろそろ採用せんのか?」
そう尋ねてくださる先輩方がいます。

イソ弁さんに助けてもらうという視点だけではなく、イソ弁さんとともに成長するという視点もどうだろうか、と意見してくださる方もいます。

しばらく答えはでないでしょうね。

弁護士1人事務所の気楽さに慣れてしまっていますから、余計です。
[PR]
by bengoshi_358 | 2008-05-30 20:49 | 日々雑感
話せばわかる人ばかりではないから
注意しなければならないことは、目的を見失わないこと。


交渉の過程では、さまざまな出来事や問題が起こる。

感情を露にするのはジュブナイルであり、底の浅さをも露呈することに等しい。

感情に走るのは精神面での余裕のなさに由来する。


いたずらに対立を深め、無益な争いに終始しない。
意図的に仕掛ける場合は別として。

求める理想に近い結果を得るために、交渉をするのだ。

自己の知識や弁舌の長を誇るためでなく。


但し、聞き分けのよいだけのお人好しであってはならない。
感情表現も物分かりのよさも、すべて目的に到達するための戦術としてのみ用いるべきであり、それらの取り扱いには十分注意しなければならない。

忍耐強く、目的地に到達するまで、「恐れず、怒らず、悲しまず」一歩一歩進むにしかず。


時折思い出されることですね。
[PR]
by bengoshi_358 | 2008-05-30 15:51
凡事徹底してみよう
事務所を出て駅へ行く途中、人波とぶつかります。

逆方向に流れていく固まりの中に、同業者なんていないだろうと思いながら歩いていました。

時間労働ではなく、法律事務の処理を請負う同業者は、予定さえなければ、朝は遅くてもよいのです。
そして、普通は誰もがそんなに早くはない。
仕事帰りにしか打ち合わせできない依頼者もいますから、夜は遅くなりがちです。
そのため朝も遅くなっても仕方がないわけです。



ところが、人波の中に、予想に反して同業者がいました。


予想外の出来事は人を感動させるという法則のとおりに、うれしくなったわたしは、声をかけました。




同時に、優秀な同業者が朝早くから働いているという事実に、凡人こそ、まさに「長く、多く」という凡事徹底に努めるべしと思わざるを得ませんでした。


明後日は早朝草野球(しかもAクラスとの交流戦)ですが、それまでにきちんと仕事をしようと心新たにした次第です。
[PR]
by bengoshi_358 | 2008-05-30 09:03
時間は朝もやはり飛ぶように過ぎていく。。
朝誰もいないオフィスでの仕事は効率がいいといいます。


それでも、時間は過ぎていくものですね。

今日は支部への出張です。


そろそろ出なければなりません。

司法試験受験生時代に聴いていたプリプリのダイアモンドを口ずさみ、アルビノーにのアダージョ、G線上のアリアを聴きながら仕事をしましたが、続きは帰ってからです。
[PR]
by bengoshi_358 | 2008-05-30 08:13 | 日々雑感
心に鳴り響く音楽
凡人の早出は続きます。

昨晩も9時頃まで事務所にいたので、夕食は10時過ぎでした。


ヨーカドーでは、飛騨牛カタバラのパックが半額。

パワーがいるときは、やはり牛肉です。



胃腸もたれがないのは、体調がよいせいか、飛騨牛だからか。



駅への道すがら、思い出すのは、やはり大学受験のころ。


そして、音楽。
レインボーの銀嶺の覇者。
レイナードスキナードのサタデーナイトスペシャル。
わたしの朝の目覚ましの音楽でした。


不安もあったけれど、一所懸命生きていました。

支えてくれる家族がありました。

仲間やよい先輩、教師もいました。



今も何も変わりません。

受験も仕事も納期があって、業績査定がある。

人生自体もそう。
業績査定をするのは、どれも最後は自分。



人生、無駄なことはひとつもない。


悔いのないようにしたいです。

そのためには、受験も仕事も、日々の小さなことにできるだけ悔いを残さないように。



さて、わたしのハートには、まだ銀嶺の覇者、サタデーナイトスペシャルが鳴り響いています。


心の中で鳴り響く音楽を大切に。
[PR]
by bengoshi_358 | 2008-05-30 06:48
人生のコツのコツ。
目の前にあることをいちいち論評や評価をしないで不平不満を口にせず日々淡々と行うこと。


今週は、その感覚、そういう状態になるためのコツが少し理解できたように思います。


そのような状態で、生起する出来事に対応していく。
実は、タスクが増加すると、自然にそういう気持ちになっていきます。


心に目標があり、できるだけ長く、できるだけ効率よく、できるだけ良質な仕事をしたいと決めてしまうと、どうもそうなるように思います。

いちいち怒ったり、がっかりしたり、悲しんだり、心がそういう否定的な方向に傾く余裕などなくなります。


今を生きるだけで精一杯。

やること、考えることは、他に十分過ぎるほどあります。



目の前にあることをいちいち論評や評価をしないで不平不満を口にせず日々淡々と行うこと、というのは、わたしの知人からいただいた小林正観さんの講演CDから学んだ人生のコツ。


ここ最近で、そのコツに入るためのコツのようなものにやっと近づきつつあります。
[PR]
by bengoshi_358 | 2008-05-30 05:43
Copyright(C)2005 Kato Law Office. All Rights Reserved.