行列の嫌いな弁護士事務所 加藤弁護士事務所
HOME
事務所案内 取扱い業務 TOPICS 料金 ご相談窓口 FAQ


愛知県名古屋市中区丸の内 弁護士加藤英男の日々是精進日記(ツィッター:@BengoshiKH)
by bengoshi_358
検索
カテゴリ
全体
こちらもよろしく
事務所について
日々雑感
読書録
会社法
民事再生法
破産法
相続
離婚
交通事故
借金整理の方法
講演録
その他法律関連
信頼できる他の専門家のHP紹介
趣味
弁護士という仕事について
労働法
備忘録
未分類
ブログパーツ
フォロー中のブログ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2008年 04月 ( 116 )   > この月の画像一覧
こだわり
e0026495_22464395.jpg

今朝は靴をちゃんと磨いてから出勤しました。


帰宅してもまだ光っています。

靴はピカピカでないといけないらしいと改めて知ったのが、紳士用品を題材にした雑誌の記事から。

わたしは、「24時間仕事バカ」のための雑誌と謳ったゲーテが好きで、メンズEXもわりと好きです。


でも、雑誌で勧められている靴やスーツのように、1足、1着何十万円もするものが欲しいとは思いません。

スーツはあつらえますが、5~7万円も出せば、ほぼ満足のいくものが手に入ります。

靴も、3~4万円あれば十分によそ行きになるし、今のお気に入りは、紳士服の○○で買った1万円のものと、2万円のもの。

今日磨いた靴は安い方。


始終着ていて、始終履くので、寿命が短いのです。

寿命が短いものに使うお金はできるだけ少なく、と思います。(シャツなんて、ジャスコかアピタで買ってますしね)

…でも、雑誌で、よい靴(値段もべらぼうによい)を無理して買って、修理をしながら30年履いている人のことを読み、今度自分にご褒美を出せる状況が来たらもう少しよい靴を買ってみようか。
などと思いながらも、やはり一生ものであることが間違いないペンや万年筆の方が、とか考えてしまいます。

因みに、わたしはカバンはリモワが好き。好きと言っても、スーツケース、アタッシュ、パイロットケースを各1個ずつ所有し、この数年で増やしていませんし、増やす予定もありません。
だって、これの3つで十分だし、それぞれが今でも美しいし、大きく壊れないし、長持ちします。
修理をしながら一生使っていけます。


長く付き合えるものは、こだわって、ちょっとぜいたくして、1人1つ1度きり。

スパンの短い消耗品にはこだわらず。
[PR]
by bengoshi_358 | 2008-04-30 22:46
勉強を続けること。
わたしの尊敬する同業者の大先輩の言葉を思い出します。

「若い弁護士の中には、飲み歩くのが好きな人もいる。他人様の争いごとのまっただ中に入るのだから、ストレスが高いのである面では仕方が無い。だけど、できるだけそういう時間を少なくして、勉強をすることだ。急がしくてまとなった時間も取れないだろうし、なかなか日の目を見ないものだけれど、いつか芽が出ることもあるし、ちゃんと勉強を続ければきっとどこかで役に立つものだよ。」

その後わたしは、大先輩が言われるように勉強を続けて来たかというと、どうもそうではありませんでした。
飲み歩くことはほどほどにしましたが…。


今わたしは、あるテーマを与えられています。
それについての原稿を書くのです。
勉強するきっかけが与えられました。

これまでに関わった共著の本でもそうですが、テーマを与えられて書く原稿は、勉強のきっかけと機会を与えてくれます。
離婚の本、借金の本は、実務上の経験から書けることでしたが、アカデミックな内容になってくると、さらに深い勉強が必要になります。

「今からでも遅くないよ。」
わたしの尊敬する大先輩がそうおっしゃってくださっているように思います。
いつも凛としていて、言葉を選びながらもきっぱりとどんな質問にも答えてくださったその方は鬼籍に入られています。

「僕の場合は、しばらくやって日の目を見ることができて幸運だった。もっと早く達成する人もいるかも知れないし、長くかかるかもしれない。でも、何らかの形で必ず君たちの役に立つと断言できる。」


駆け出しの頃に聴いたお話を思い出しています。

たとえ日の目を見ることがなくても、わたしは勉強することが楽しいし、勉強できることがうれしいです。
機会を与えてくださった方々のすべてに感謝します。



そして、突き詰めて行けば、今お受けしている普通の仕事もどれとして同じではなく、時には判例集や専門書をひっくり返して勉強しています。
勉強させていただいて、生活の糧を与えていただけているという、そのことに、お一人お一人の依頼者の方々にも感謝です。

やっぱりわたしはこの仕事が好きなのです。
[PR]
by bengoshi_358 | 2008-04-30 20:26 | 日々雑感
「書く」・「整理」する。
このごろ、「書く」行為を大切にしています。

ワープロは、どうも「整理」する感覚が強いです。
「整理」しながら「清書」する、というのでしょうか。

ある程度材料が集まっていて、それらが頭の中で発酵して、結論が見える場合にはいきなりワープロで十分。
経験値が高まったせいか、そもそもそういう事件が増えたのか、どうも結論が見えない事件の方が最近は多いです。

結論が見えない、事件が進行していって結論が動くような場合には、まずはアナログで書いて行くか、マインドマップソフトを使います。
相手から事情聴取する場合は、アナログですね。
弁護士によっては、依頼者や関係者を前に、外部モニターを向こう側に向けて、サクサク陳述書や準備書面を作って行く方もいますが、わたしは今のところは、アナログです。

そして、アナログのメモを、「整理」しながらワープロに落とし込み、それを事情聴取相手に見ていただいて、陳述書なり、準備書面の元にします。
2度手間のようで、手待ち時間や休憩時間を無駄にするよりは、作業系のタスクである「整理」、依頼者や関係者への報告相談文書作成をするのがよいので、このスタイルで仕事をしています。
[PR]
by bengoshi_358 | 2008-04-30 16:32 | 日々雑感
三文の得
e0026495_842472.jpg

朝日を浴びるのは気持ちがよいです。

早起きして時間と気持ちに余裕がなければ味わえないものです。


さて、自家製産どりイチゴです。

1個だけです。
あと2個が明日か、明後日に食べられそうです。
春先なら、鳥に食べられていたはず。

三文の得は甘く、美味でした。
[PR]
by bengoshi_358 | 2008-04-30 08:04
洗脳の仕掛け
e0026495_728811.jpg

以前は、4色ボールペンで、赤、青、緑で色分け線引きしながら、ビジネス本も読みしました。

しかし、最近は付箋紙を貼っていきます。さらに、ノートに抜きがきしていきます。

さて、今朝は苫米地英人先生の新刊。
前に神田昌典さんとの対談CDでお話されていたような内容ですが、中味が濃い。

著者が示唆する洗脳を仕掛けている影の権力者の存在については、何とも言えませんが、非常に面白い本です。

鋭い着眼、博学、流れるように読みやすい文章。

ムードに流されないために、要らないものを買わないために、本当に自分らしく生きるために心しておくべきこと、それは洗脳の仕掛けやカラクリ、誰に利得が流れているかを知っておくこと。

洗脳のプロである著者自身の洗脳の仕掛けにも注意しつつ、感心しながら読みました。
[PR]
by bengoshi_358 | 2008-04-30 07:28
目が覚める本。
e0026495_1851017.jpg

「社長!儲けたいなら数字はココを見なくっちゃ!」(小山昇著、すばる舎)


これは本当に面白いです。

痛快。
経営戦略もランチェスター、どこに資本を投下するかや数字の見方も、気のきいた経営の本には触れられているものばかりだとは思います。

しかし、この本は、小山社長が全て実践して成果を得たリアルな体験に裏打ちされた、本当に役に立つコツが、非常にわかりやすく、スピード感ある文章で綴られています。


それに、そのまま使える利益計画表や経営計画表の書式も紹介されていました。

わかっているのに、利益が上がっていない会社、利益はあるがトップギアに入りきらないでいる会社の経営者にお勧めしたい本です。


目が覚めてしまいました。
[PR]
by bengoshi_358 | 2008-04-29 18:51
ずり遅れの遮断
e0026495_15322793.jpg

3時間睡眠のため眠くなりました。
スーパーへ買い物です。


好きな本とカフェイン入りドリンクで、頑張ってみます。

規則正しい生活に戻します。
[PR]
by bengoshi_358 | 2008-04-29 15:32
仕事に追われない。
睡眠サイクルを意識した方がいいとはよく聞くお話です。

5時ころに横になり、8時半ころに目覚めました。

約1.5時間(90分)が睡眠サイクルのワンサイクルといい、その倍数時間後に目覚めるのが良い目覚めの秘訣といいます。

わたしの場合、今朝は8時半、睡眠時間約3時間で目覚めました。

また、明日からは早起きしたいと思います。
やりたい仕事が沢山あるからです。

花粉症も治まって気力、体力ともアップしてきています。

仕事に追われるのではなく、追いかけ追いつめて行く感覚が戻って来ています。
[PR]
by bengoshi_358 | 2008-04-29 09:22 | 日々雑感
早起きか深夜族か。
業務時間内に処理しきれないタスクをいつ処理するかは悩むところです。

早起きの価値を捨てて、深夜族になっています。

「起きる時刻は一定に」が鉄則ですが、こういう日は最初から諦めましょうか。
明日は、仕事以外の行事もあるのでそれに合わせて起きることにしましょうか。


深夜は実は高率が良くないというのはわかっちゃいるれけど、学生時代のように長時間まとまって座っていられる時間帯が深夜。質よりも量を考えてしまうと、ついなだれ込んでしまいます。

仕方ありません、ケセラセラ。

自分の納得いくようにしかやれませんから。
[PR]
by bengoshi_358 | 2008-04-29 03:17 | 日々雑感
やはりデュオフォールドが一番だけど…。
中国製ボールペンの美しさと内蔵する欧米製のインクカートリッジの書き味に感動して、万年筆もチェックしたけれど、やっぱりストレスなく長時間書き続けられるのはFサイズのパーカー・デュオフォールドか(Mサイズの149も持っているけれど、こちらに軍配)。


比べる方がオカシイという説もありましょうが…。
今わたしが持っている中国製万年筆は、しばらく使っていてカートリッジのインク量が減ってくると、インクかすれ、ボタが出たりすることがあります。

中国製でも安価な中堅以下の機種だからでしょうか。
しばらく使っていなかったからでしょうか。

少しランクアップした中国製万年筆も試してみたい気が起こりました。

既に書きやすい万年筆を持っていても、そう思ってしまうのはなぜか。
それは、やはりセルロイドなど軸の美しさにあります。

欧米製に比べ、安価であるのに、画像では同等以上に美しいから(でも、さすがにお国柄か、仕上げがマズイものに当たる危険もあるので要注意でしょうね)、どんなものか試してみたくなるのですね。

この次は、しっかりチェックしてもう少し上位ランクのものも試してみたいです。
最上位ランクでもデュオフォールドの半分以下の価格ではありすが、よくよく検討して慎重に選ぼうと思います。
[PR]
by bengoshi_358 | 2008-04-29 02:33
Copyright(C)2005 Kato Law Office. All Rights Reserved.