行列の嫌いな弁護士事務所 加藤弁護士事務所
HOME
事務所案内 取扱い業務 TOPICS 料金 ご相談窓口 FAQ


愛知県名古屋市中区丸の内 弁護士加藤英男の日々是精進日記(ツィッター:@BengoshiKH)
by bengoshi_358
検索
カテゴリ
全体
こちらもよろしく
事務所について
日々雑感
読書録
会社法
民事再生法
破産法
相続
離婚
交通事故
借金整理の方法
講演録
その他法律関連
信頼できる他の専門家のHP紹介
趣味
弁護士という仕事について
労働法
備忘録
未分類
ブログパーツ
フォロー中のブログ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2008年 03月 ( 112 )   > この月の画像一覧
時間の経つのは早いものです。
今朝は10時半から、打ち合わせ、電話、相談、書面作成etc…が続き、気づいたら外が暗くなっていました。


明日からは新年度ですね。

裁判所や検察庁では、恒例の挨拶まわりが始まることでしょう。

今週は、裁判所での仕事が、1件だけです。
来週はラッシュなので、嵐の前の静けさのよう。
同時に書面提出の締め切りも来るので、中身は濃いです。
[PR]
by bengoshi_358 | 2008-03-31 19:30 | 日々雑感
ツメタイ雨、恵みの雨
明け方に雨音で目覚めました。


今朝から、素振りを増やそうと思っていたのですが。
少し腰に違和感もあるので、丁度よいのかも知れません。

雨が上がりが気にはなりますが、花粉も今日は影響しないはず。(野球グランドでティッシュケース3分の1を使いました)


かまどくんでの炊飯準備をして(わたしが炊くときは無洗米ではなく、通常米)、ついでに、浅蜊のみそ汁も用意しよう。
そして、少しだけゆっくり。


少しだけ、というのは、雨で気がゆるんだから。
起きるまでぐずぐずしてしまいました。

身体も疲れてたので、これも丁度よいのでしょう。
[PR]
by bengoshi_358 | 2008-03-31 07:00
日本酒のニューウェーブ
e0026495_2175744.jpg

日本酒も、すず音以来、新しいタイプのものが出ていますね。

ラピスラズリというのもありました。


今日は、2006モンドセレクション金賞の触れ込みに惹かれて、ヌーベル月桂冠を買ってみました。
純米酒以外は飲まないという禁を破って。


すっきり、飲みやすい。
でも、なんとなく醸造アルコール入ってますという感じがないではない。上善如水にも似た感じか。
720ミリリットルで、980円ならお値打ちか。

メザシにも、スモークチーズにも合います。
[PR]
by bengoshi_358 | 2008-03-30 21:07
出直しです。
家に帰ってから、今年から阪神の新井選手のインタビューを読みました。

新井選手は、毎日素振りをされていて、手の平はマメ、たこだらけということで、写真もありました。

新井選手を見倣って、ちゃんと素振りをしていこうと思います。
それから、ちゃんと芯で食うようにマシン打撃も気をつけよう、と。
ミスショットを減らすことは大事。
ハイテクバットだと、ミスショット=高いポップフライ=アウト。
木製バットだと、ミスショット=ファウル(0.6)+凡打(0.4)くらいなのですが。

さて、今年の寿野球全国大会(長野県千曲市長が顧問)の案内がありました。
わたしは昨年パスしたのですが、昨年から、凄いチームがまた1つ加わったようです。
大会パンフをみていて、あの水島新二先生(ドカベン!)率いる「あぶさん」がエントリーしているのに驚きました。
しかも、メンバーには、あの刑事ドラマの名コンビで野球好きのあの方が…!

今年は、出ようかな。
ミーハーなわたしです。
[PR]
by bengoshi_358 | 2008-03-30 14:58 | 趣味
初戦敗退、8 連続タコ!
e0026495_12135817.jpg

軟式野球連盟のトーナメント、初戦敗退でした。


点差が開き、時間前に試合終了。相手は、多くのチームメイトの息子か孫かという、20代前半か高卒ほやほや。
試合前の佇まいは、完全なシロート集団だったのですが、試合が始まると、どこ からか現れた監督が厳しく指揮をとり、大振りせず、コツコツ当ててきました。

打ち頃の球に、大振りしたのは年長の我が方でした。
わたしも含め。
わたしは3タコ。これで8連続タコ。
ハイテクバットは、打ち損じが、ポップフライになり、フェアフィールドに入ってしまいますね。


初戦敗退は悔しいしいし、ノーヒットも悔しいですが、野球はやっぱり楽しいです。楽しい野球をやれる自分は幸せです。
[PR]
by bengoshi_358 | 2008-03-30 12:13
名も知らぬ花
e0026495_15501544.jpg

春は桜ばかりではありません。


他の花も咲き誇ります。

脇役の花も十分美しい。
[PR]
by bengoshi_358 | 2008-03-29 15:50
若くますます盛ん。
草野球仲間に60~70代現役選手(元ノンプロで喧嘩早い)がいるせいもあり、それなりに体を動かし、辛うじて逆三角の体形を維持していることもあり、老いていく感覚がない。


年長の草野球仲間はビールをガブガブ飲み、内野安打も打つ。

あのような老人と思えない年長者がいる限り、弱音は吐けません。


多分、わたしも老け込みません。
彼らのように喧嘩はしませんが。
[PR]
by bengoshi_358 | 2008-03-29 13:59
…と言いつつも。
まだ仕事をしている自分は何なんだろうと思ってしまいます。

やはり、仕事が好き。

でも、草野球はもっと好き!
だから、あと少し、切りがつところまでがんばろう。。。
[PR]
by bengoshi_358 | 2008-03-28 21:56 | 日々雑感
盛りだくさんの一日に。
そろそろタイムアウトです。

帰る時刻になりました。
今日も盛りだくさんでした。

同時並行処理のマルチプロセッシングは、独立後否が応でも身に付けなければならないことでした。


比較的時間に余裕がある駆け出しのうちは、経験とスキルが足りなくて(わたしは今でもスキルは足りないかもしれない)、1日に5以上の案件を検討することは難しかったです。

法律相談を4〜5件やっただけで、気疲れしてしまうほど。

その意味ではタフになりました。


でも、パッションと体力はどうか。
それらを補うのが、音楽だったり、草野球だったり、食事にサプリ。

盛りだくさんの一日にありがとう。
今日来てくださった方、打ち合わせさせていただいた方、一所懸命に仕事してくれた事務員さんたちにありがとう。
[PR]
by bengoshi_358 | 2008-03-28 21:03 | 日々雑感
古くさい勉強法と写経。
その昔、受験生であったころ、横浜弁護士会のT先生と、かの伊藤真先生から「合格答案を書き写す」ことを勧められました。

これが合格答案の書き方を体得する、マスターする秘訣である、と教えられました。

そういえば、江戸時代以前では学問は書物を書き写すことから始まりました。
また、有名な小説家が大先輩作家の作品を書き写したり、画家が同じく大先輩の作品を模写したりという話を聞いたことがあります。


それを思い出して、わたしも仕事の気分転換にある本を書き写してみることにしました。
もちろん全部書き写すかどうかわかりませんが、やってみることにしました。
どうしてまた気分転換にそんなことをするのか、法律と無関係のことをすればいいじゃないか、と言われそうですが、「それがしたくなたから」としか言いようがありません。

尊敬するある方の本を書き写し始めて、感じるものがありました。

手書きで写すことで、じっくり一文、一文を読むことになります。
文章の癖も含めて、なぜ著者がそういう言い回しをしているのか、気づくことがいくらもあります。

書き写すことで、著者と対話ができます。
書き写すことで、著者の心が伝わることがあります。


そうか、単に写すこと、知識を定着させる以上の意味があったのだ、と感じたのでした。
書き写すことは、著者の心を、マインドをダウンロードすることなのだと。

古くさい勉強法には意味があったのですね。
写経もきっとそうなのでしょう。
ブッダの心をDLする意味があるのでしょう。


T先生、伊藤先生に感謝ですね。
[PR]
by bengoshi_358 | 2008-03-28 20:57 | 日々雑感
Copyright(C)2005 Kato Law Office. All Rights Reserved.