行列の嫌いな弁護士事務所 加藤弁護士事務所
HOME
事務所案内 取扱い業務 TOPICS 料金 ご相談窓口 FAQ


愛知県名古屋市中区丸の内 弁護士加藤英男の日々是精進日記(ツィッター:@BengoshiKH)
by bengoshi_358
検索
カテゴリ
全体
こちらもよろしく
事務所について
日々雑感
読書録
会社法
民事再生法
破産法
相続
離婚
交通事故
借金整理の方法
講演録
その他法律関連
信頼できる他の専門家のHP紹介
趣味
弁護士という仕事について
労働法
備忘録
未分類
ブログパーツ
フォロー中のブログ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2007年 09月 ( 71 )   > この月の画像一覧
いつまでですか。
ミャンマーのデモの武力鎮圧に、町村さんが制裁は国連に従うとおっしゃっているようですが、日本人が殺された殺人事件VTRを何度も見せられて、これではどうかと思ってしまいます。


いつまでも従う日本から、リードする日本になってよくはないですか。
国連に対してもそれなりの貢献を我が国はしているのではないですか。
[PR]
by bengoshi_358 | 2007-09-30 21:39 | 日々雑感
泡盛も好きです。
e0026495_20231530.jpg

ピュータのジョッキに泡盛も入ります(でなくて、入れているのですが)。


BGMは沖縄の歌。
島唄、花、安里屋ユンタ…。



そのうち、泡盛の甕を買いたいですね。
[PR]
by bengoshi_358 | 2007-09-30 20:23
錫-ピュータのジョッキ
e0026495_206845.jpg

今晩は、スパークリングワインを入れてみました。


すぐにジョッキまで、キンキンに冷えます。

これはビールだけでなく、サイダーや冷たいお茶、ジュースにもいけます。

オークションで2000円でしたが、ても重宝してます。

来客には必ず自慢して、家族の失笑をかいますが…。
[PR]
by bengoshi_358 | 2007-09-30 20:06
ピノキオは…。
童話のなかでも、とてもおもしろいと思うのが「ピノキオ」です。

ときどき思い出すのが、最後の方の文章。
「ピノキオはいろんな経験をして賢くなりました。」


望まれて人形として形作られ、ゼペットの善行のおかげで命を吹き込まれます。
ゼペットは、ピノキオのために上着を売ってお金を作り、学校に送り出します。

しかし、家から一歩出ると、そこはシビアな世界です。
誘惑や、ずる賢い狐と猫もいます。
誘惑に負けてゼペットの期待を裏切り、さらに、狐と猫に騙されてお金を全部奪われて、そして再び誘惑に負けてゼペットを裏切り、揚げ句にはロバになり、サーカスに売られてしまいます。ロバのピノキオは足を折り、生きたまま海に捨てられます。
そして、大きな魚(サメ〜ジンベイザメか?、ディズニーではクジラ)に飲み込まれ、その腹の中でゼペットに再会します。
その魚の腹から出る場面で、先の文章がありました。

どうやって、助かるか?
魚の腹からどうやって逃げ出すのか?
このままでは、胃液で溶けていってしまいます。

「ピノキオはいろんな経験をして賢くなりました。」

魚にくしゃみをさせて、ゼペットとともに、外に飛び出しました。
そして、反省して、本当の人間の子供になりました。


ピノキオは、人間の弱さ、くじけないで生きること、…いろいろな教訓を教えてくれます。


「ピノキオはいろんな経験をして賢くなりました。」

いろんな経験をして賢くなりました。
さらにこれからもいろんな経験が待っていることでしょう。
目の前にあること、もの、人に対して、誠実に対応していくだけ。
辛い、悲しい、腹立たしい出来事があるのではなく、そう思う自分がいるだけ。
全ての経験を心から味わいつくし、立ち上がり、また先へ進みましょう。

ピノキオは…。
[PR]
by bengoshi_358 | 2007-09-28 19:00 | 読書録
Tokyo Joe.
気合いを入れて作業にかかるときには、お気に入りのBGMをイヤホンで聴きます。

今週は、Bryan Ferry & Roxy Music。
高校生のころは、クド過ぎて、イヤらしそうで、あまり好きではありませんでした。

でも、大学生から20代のころから、シブくて、かっこいいと思うようになりました。
Tokyo Joeは、ベストアルバムCDのトップの曲。

アップテンポで気合いが入ります。
[PR]
by bengoshi_358 | 2007-09-28 14:25
小さな、でも着実な歩み。
今日初めて「ビッグイシュー」という雑誌を買いました。

以前から知ってはいましたが、買うところまではいきませんでした。
今日、栄で、販売員さんの物腰や笑顔が良かったので2冊買いました。
用事を済ませてから、まだそこで販売していたら2冊買おうと決めてました。

1冊200円。
来月から300円になるとか。
200円のうち、110円が販売員(ホームレス)の収入になるのだそうです。

なんらかの事情で、通常の労働ができないのだけれど、販売員として街に立つというのも、相当な覚悟と体力が要ります。
販売員にとっては、小さな、かつ、大きな勇気ある一歩。


「ビッグイシュー」、内容もかなり面白いです。
もっとも、ちょっとバイアスのかかっているかなと思う部分もありますが。

200円で、ボリュームは少ないのですが、案外面白くて、いろんな情報や知識が得られます。
わたしにとっても、他者や世界との連帯や共生といった大きなテーマに関わる小さな一歩です。
[PR]
by bengoshi_358 | 2007-09-28 12:41 | 日々雑感
ドラゴンズ!
我が名古屋が誇るドラゴンズ。

ぎりぎりの攻防ですね。
優勝するためには、もう負けられません。


昨日は、荒木選手が活躍。
荒木選手は、かっこいいですね。
ドラゴンズは、かなりかっこいい選手が多いと思います。


かっこよく勝ち続けて優勝してほしいです。
[PR]
by bengoshi_358 | 2007-09-28 12:10 | 趣味 〜草野球を中心に
法律は公平平等。
法律は、公平で平等です。
法規=一般的抽象的規範といいますが、一般性・抽象性が、法律の特徴です。
つまり、誰かの、具体的な事案の処理は、法律とは言えなくなってしまいます。

法律の条文や、法律の趣旨に反した特別扱いは当然できません。

業務の中で、特別扱いや抜け道を相談されることもありますが、こういったご希望に沿えることはまずありません。

あまりの不都合は、解釈によって補えるならばよし。そうでないならば、立法によって解消するしかありません。



権力者の気まぐれや、縁故や、声の大小、財力如何で、扱いが変わってしまうことの方が困ります。
法治主義は、公平、平等な扱いをすることで、人々の生活や仕事に予測可能性と安定を与えてくれます。

世界では、まだまだ法治主義が徹底されていない国々もあります。
日本に生まれて幸せです。
[PR]
by bengoshi_358 | 2007-09-27 16:59 | 日々雑感
楽しく仕事する
仕事がうまく行くコツは、
1 人より長くやる
2 人より早くやる
だけでなく、

3 人より楽しくやる、という選択肢もあるのではないでしょうか。

人より楽しく、なら誰もが出来そうですね。
[PR]
by bengoshi_358 | 2007-09-26 09:35
借金整理の仕事をしていて思うこと
わたしは、少なからぬ借金整理や過払金請求案件を扱っていますが、誤解を恐れずに言うならば、金融・貸金業はとても大切な事業であると思っています。

だれにも困ったときはやってきます。
できるなら、借りずに済むようにしたい。それは当然です。
けれども、金融と無縁で一生を終われる人はいないのではないかと思います。
借りたり、信用を享受したり、預けたり、資本参加したり、なんらかの関わりを持つはず。

肝心なのは、正しい付き合い方。
いろんな金融機関があり、長所も短所もある。
それを踏まえて、適切な関わり方をすることこそが大切なのではないでしょうか。
借りてはいけない時と場合、相手からは、絶対に借りない、なんとしてでも借りないでやっていくという知恵を持つことが大切です。
ロバート・キヨサキさんは、「良い借金」「悪い借金」について説明されていました(全部が賛成できないけれど、参考になります)。

だから、貸し手側がすべて悪いとは思っていません。
貸し手側には一定の責任はあるし、無登録業者などに大きな問題のあるところが多いということは別の話です。

借り手の側だけを見て、一方的に貸し手を悪とし、弁護士が正義の味方である、なんて言いません。

現実に、大手サラ金や商工ローンに命を救われたという依頼者のお話も聴いています。
担保もなく、保証人も満足に立てられないのに、預金金利くらいの低金利で貸してくれるところなどあるはずがありません。
だから、ある程度の金利が許されなければなりません。
さもなければ、優良な貸金業者がやっていけなくなってしまうでしょう。
制限利息をあまりに低くしすぎるのもどうかと思います。


長い歴史がある事業はこれからも存在し続けるはずです。
金融・貸金業者には、がんばってほしいし、対外的にも、対内的にも、健全な経営をしてほしいと思います。
グレーゾーンが撤廃されて、過払金請求の仕事、弁護士の仕事が減るのはかまいません。金融・貸金業者と健全な付き合い方をする人が増えて、借金整理の分野での弁護士の仕事が減るのもかまいません。

事件や問題、仕事はほかにいくらでもあります。
弁護士もそれなりの歴史がある業界であり、弁護士の仕事は人のエゴがある限り無くなりません。わたしたちは、問題が起こってしまったときの後始末、正当な権利が踏みにじられているのに異議を申し立て是正を求めるお手伝いをさせていただくのですが、そのエリアに限りはありません。
[PR]
by bengoshi_358 | 2007-09-26 06:48 | 日々雑感
Copyright(C)2005 Kato Law Office. All Rights Reserved.