行列の嫌いな弁護士事務所 加藤弁護士事務所
HOME
事務所案内 取扱い業務 TOPICS 料金 ご相談窓口 FAQ


愛知県名古屋市中区丸の内 弁護士加藤英男の日々是精進日記(ツィッター:@BengoshiKH)
by bengoshi_358
検索
カテゴリ
全体
こちらもよろしく
事務所について
日々雑感
読書録
会社法
民事再生法
破産法
相続
離婚
交通事故
借金整理の方法
講演録
その他法律関連
信頼できる他の専門家のHP紹介
趣味
弁護士という仕事について
労働法
備忘録
未分類
ブログパーツ
フォロー中のブログ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2007年 08月 ( 74 )   > この月の画像一覧
気がつけば夕暮れ。
いくつもの相談と、書類チェックをし、電話応対を何本もしていたら、夕暮れになってしまいました。


形になって完了したものがないので、達成感はいまひとつ。
仕事を持って帰ることになりそうです。

完了させた喜びは来週に持ち越しです。
[PR]
by bengoshi_358 | 2007-08-31 19:00 | 日々雑感
微妙な味。
e0026495_8225452.jpg

オキコのうすら酸っぱ甘いポテトチップス。

変な味。
でも開封したてだから大丈夫。

でも変な味。
だけど食べ続けてしまう味です。すっぱいまんが好きなわたしには。
[PR]
by bengoshi_358 | 2007-08-31 08:22
新垣勉さんの歌 〜千の風になって
わたしは、新垣勉さんの歌声が好きです。

「千の風になって」も、新垣勉さんのヴァージョンしか知りません。

秋川雅史さんのヴァージョンもきっと素晴らしいと思うのですが、実はまだ通して聴いたことはありません。


このところ、久しく「千の風になって」を聴いていなかったので、またじっくり聴いてみようと思います。
秋川さんのヴァージョンも。
[PR]
by bengoshi_358 | 2007-08-30 19:32
生きているだけでしあわせ。
松山千春さんの歌が好きです。



彼の歌にもありました。
生きているだけで幸せだ、と。


生きていれば傷つくこともあります。
知らずに他人を傷つけてしまうこともあります。
傷つけられても、傷つけても、苦しくなります。

何か原因があっての結果。
でも、その結果も何かの素になるはず。

すべてに意味はある。
意味を見つけていく。
積極的な意味付けをしていく。
生きている限り成長します。

だから、
生きているだけでしあわせです。
[PR]
by bengoshi_358 | 2007-08-30 15:09 | 日々雑感
スケッチブック。
e0026495_14215386.jpg

小振りなスケッチブックを買いました。
1.4ミリのシャープペンシルと鉛筆型消しゴムも買いました。
それと、水彩クレヨンも。

胸ポケに常時入れているMUCUの手帳でマインドマップまでは、無理と諦め、MUCUは保存メモ、MUCUに挟んだポストイットを一時メモにし、マインドマップ式事件メモをスケッチブックに書き込んでいこうと決めました。

1.4ミリのシャープペンシルで何度も書いて書き直します。
書き直すのを前提にすると、シャープが便利ですし、紙質もよく厚いものでないといけません。
最後にはマーカー、水彩クレヨンでカラフルにしようと思っています。


ホームセンターで買った、1,980円の小型鞄にも収まるサイズのスケッチブック。
持ち歩きも予定しているので、事件当事者が特定されないような記号や仮名でメモを作ります。
[PR]
by bengoshi_358 | 2007-08-30 13:28
リフレッシュ。
体力が回復してきた感があります。

・以前、信頼できる知人から勧められたサプリメントを片っ端から飲んでいたのを中止し、自分に合うものだけ1つ(単なるビタミンCと塩等のミネラル複合)にしました。
・休暇でしっかり休みました。

これらが奏効しているのでしょう。
内蔵と頭から疲れていたのが回復したのではないかと思っています。

Waiting listにはいくらも仕事が残っています。
がんばっていきます。
[PR]
by bengoshi_358 | 2007-08-29 16:09 | 日々雑感
こんにちは、ウ゛ォネガット
e0026495_9245982.jpg

カートウ゛ォネガットは、かつてロアルドダールとともに学生時代にアメリカ人の友人から勧められました。


君なら読めるよ。

そう言われて、原書を借りたのだけれど、面白さがわからず、挫折。



この最後のエッセイ翻訳本は、おもしろい!
太田光さんが推薦。


わたしにとっては、実際上初めての本。
だから、こんにちは、ウ゛ォネガット。
[PR]
by bengoshi_358 | 2007-08-29 09:24
国学の再興
キーンさんの本に、こんな文章がありました。



日本語の表記の不合理性を愛する私は珍しい発音を収集するのが好きであるが、国学が再興しないかぎり、"生"の20いくとおりの読み方の生(いのち)は長くはないだろう。

日本文化と日本人をこよなく愛したキーンさん。
キーンさんが嘆いてから20年。国学という学科が復活したということは聞いたことがありません。
当面は国文学科の先生方にもうひとがんばりいただき、日本文化、日本語の美や素晴らしさが次の世代や後代に伝えられることを願うばかりです。また、自分もキーンさんから学びつつ、いつの日か、キーンさんが感動し、半生を捧げたわたしたちの文化やわたしたちの言葉の妙を身近な若い世代に正しく伝えられたらと願います。
[PR]
by bengoshi_358 | 2007-08-28 10:56
ひとつの生き甲斐、ひとりの親友
生き甲斐がひとつあり、親友がひとりいれば豊かに幸せに生きられる。



藤岡琢也さんが、親友のジャズピアニストの岸さんに語られた言葉だそうです。

藤岡琢也さんのことを水谷豊さんやピアニストの岸さんが語られていました。
立ち寄った喫茶店のテレビです。

病気や挫折を経て俳優として大成功された藤岡琢也さん。
藤岡さんご自身のインタビュー録画、再現コントもありました。
素晴らしい内容でした。


ひとつの生き甲斐、ひとりの親友。

人間っていいですね。生きているって素晴らしいことですね。
[PR]
by bengoshi_358 | 2007-08-28 09:48
サイデンステッカーさん
e0026495_8485864.jpg

サイデンステッカーさんがなくなられたとニュースで知りました。

キーンさんもそうですが、文学の世界ではこういう外国人の方は出てこないのでしょうね。

ごめいふくをお祈りします。



今朝の出張の友、供でしょうか、はキーンさんの本です。
[PR]
by bengoshi_358 | 2007-08-28 08:48 | 読書録
Copyright(C)2005 Kato Law Office. All Rights Reserved.