行列の嫌いな弁護士事務所 加藤弁護士事務所
HOME
事務所案内 取扱い業務 TOPICS 料金 ご相談窓口 FAQ


愛知県名古屋市中区丸の内 弁護士加藤英男の日々是精進日記(ツィッター:@BengoshiKH)
by bengoshi_358
検索
カテゴリ
全体
こちらもよろしく
事務所について
日々雑感
読書録
会社法
民事再生法
破産法
相続
離婚
交通事故
借金整理の方法
講演録
その他法律関連
信頼できる他の専門家のHP紹介
趣味
弁護士という仕事について
労働法
備忘録
未分類
ブログパーツ
フォロー中のブログ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2007年 01月 ( 78 )   > この月の画像一覧
癒しの歌声。
合間の時間には、やはり音楽ですね。

今、また青木由有子さんのCDを聴いています。
ネットでたまたま知り、試聴して気に入った歌手、ソングライター。
自然音楽ということですが、それが何かはよくわかりません。

でも、わたしは彼女の楽曲で心が癒されます。



「平和の名前を呼ぼう」という曲も久しぶりに聴いてみました。


<戦争反対では平和は目を覚まさない〜平和の名前を呼ぼう〜>と歌われます。


前には、「否定語で語るのではなく、肯定語で語ろう。」というメッセージにも聞こえました。
今日は、「抽象的なスローガンや、お題目ではなく、そのスローガンやお題目を構成する、個々具体的な行為を意識しよう。」ということとも理解しました。

平和ならば、平和を構成する、身の回りの具体的なことから始めていく。
愛ならば、愛を構成する、小さな親切や思いやりから始めていく。


大事なのは何かを否定することではない、何かを作り上げること。
生きている人間に必要なのは、抽象論ではない、具体的な行動だ。
肯定論であり、具体論こそが、大事。
肯定論、具体論こそが、すべてを変えていく着実な第一歩なのだ。

そんなメッセージに感じました。

小さなできることから始めよう。
小さなできることを大事にしていこう。
そのように思いました。
[PR]
by bengoshi_358 | 2007-01-31 19:45
あたかかすぎる冬。
今日の愛知県尾張地方はあたたかかったですね。

晩春のような感じ。

事務所では、エアコンなしでも汗ばみました。


でも、夜はそれなりに小寒い。
体調管理は大切です。


わたしは、実は、やや風邪気味で、日中はプールで泳いでいて耳と鼻に水が入った感じが続いていました。

午後、文書作成をしていて気合が入ってくると忘れるのですが、ひと仕事終わると、どよんとしていました。
水を飲み、ビタミンCを飲み、健康ドリンクを飲み、時間を区切りながら、仕事をします。

マラソンランナーは、苦しくなると、「次の電柱まで、がんばろう!」と言い聞かせながら走ると聴いたことがあります。


さて、またそれなりに冷える夜になりました。
体調管理に気をつけたいですね。
[PR]
by bengoshi_358 | 2007-01-31 19:21 | 日々雑感
強肴(しいざかな)
事務所にいるときは、たいてい昼ご飯に出かけるお店があります。
円頓寺商店街の「麒麟亭」。

ここはウマイです。
もう少しお店の中を新しくしたらいいのに、と思いますが、料理はもちろん、ご飯までウマイ。
ボリュームもあって、いろんな食材が食べられるので、健康的です。

マイブームがあって、インド料理「天竺」→ブラジルレストラン「アミーゴ」→和食「麒麟亭」あるいは「よしの寿司」と円頓寺商店街内でチョイス、と遍歴を重ねております。

でも、この麒麟亭は、まず1週間に1度は出かけるお店。

良いところばかりですが、常連のお客さんにヘビースモーカーが多いのが難点。
混み合っているときには、煙に弱い人はキツイかも。


ところで、このお店で知った言葉、「強肴(しいざかな)」。

これは、その季節の中でおいしい肴、その日のお勧めの肴、という意味らしいです。

要するに、その日の中でベストなもの、ということですね。


スポーツ選手の勝利者インタビューの中でも、こういうの、ありますよね。
「今日は、真っ直ぐが全然走らなかったんで、カーブ主体で行きました。それが成功しました。」
「身体のキレが悪くて、打撃に自信が持てなかったので、極めにいきました。」


いつでも同じ状態で、同じ環境でいられるわけではありません。


だから、今できることを、ベストなものを、使う。


今日の、あなたのお店の「強肴」は何ですか?
今の、あなた自身の「強肴」は何ですか?
[PR]
by bengoshi_358 | 2007-01-31 14:03 | 日々雑感
アロエの花
e0026495_12523583.jpg

名古屋市西公設市場近くの公園の隅に咲いていました。

昨日出かけた西公設は、退店が多く、空きスペースが目立ちました。

八百屋さんが感じよく、お値打ちでした。
[PR]
by bengoshi_358 | 2007-01-31 12:52
はかどる仕事
美濃太田駅からまた人がたくさん乗車。

それに暗くなってきました。
ほんのり明るい、夕方と夜の境目の時刻です。

都会では、また帰宅のラッシュタイム。

郊外の電車は好きです。

30条まで、コメントができるようにしました。

あと半分です。
[PR]
by bengoshi_358 | 2007-01-30 17:49
木曽川は遠く
e0026495_17433566.jpg

坂祝駅で前にいたおばあちゃん、高校生らが下車したので、また美しい木曽川の風景が見られないかなぁと移動しました。
でも、木曽川は線路から遠いようです。
[PR]
by bengoshi_358 | 2007-01-30 17:43
移動事務室
e0026495_17275927.jpg

移動中です。

高山線に乗っています。普通電車です。


夕暮れの木曽川がとても綺麗です。向かい側なので撮影できません。(向かいに座る、ナップサックに粋な帽子、頭の先から足元まで黒にまとめたおばあちゃんがこちらを見てます)


依頼されている、ある団体の内規をチェックしています。

車内は高校生や短大生でざわついていますが、むしろ楽。自分宛ての電話がかかって来ない環境はうれしいです。

思いのほかはかどっています。
[PR]
by bengoshi_358 | 2007-01-30 17:27
ドアが揺れる
e0026495_16204325.jpg

岐阜駅前から徒歩、最後はダッシュで岐阜地裁に来ました。

久々の運動です。


法廷棟の玄関ドアが揺れているように見えました。
[PR]
by bengoshi_358 | 2007-01-30 16:20
ないものを嘆くか、あるものを活用するか。
何かを失う。

それは辛い経験です。

でも、失ったものは戻ってきません。
戻ってくる可能性のあるものならば、そしてそれがかけがえのないものであるならが、それが戻ってくるために努力を惜しまないことでしょう。


失ったものが戻らないとするならば、今あるものを大事にする。
これからの機会を確実にする。

結局、それしかない。



「人生を変える!心のブレーキの外し方」(石井裕之著)には、「答えの出ない質問に潜在意識が答えを求めて無駄にさまよう状態からの脱却が大事」というようなことが書かれていました。

ないものを嘆く行為はまったくそれ。


焦点を、今あるもの、これから得られるであろう機会に当てるならば、潜在意識が、パウロ・コエーリョの言葉を借りるならば、「全宇宙が」、わたしに味方して、わたしの希望の実現を手助けしてくれるはず。


今あるもの、これから得られるであろう機会に、あなたの焦点を当ててみましょう。
今あるものが変わり、これからどんどんよい機会に出会い、ものにしていくことができるのではないかと思います。

「人が真剣に何かを願うとき、全宇宙が味方して、それが実現するのを手助けするのだ。」(「アルケミスト」、パウロ・コエーリョ著)
[PR]
by bengoshi_358 | 2007-01-30 14:56 | 日々雑感
The Firm イングリッシュリーダーリーダー
グリシャムのThe Firmは、実は、朗読CDまで買いました。

読もうと思って、やっぱり仕事からみはやめておこう、と思ってお蔵入りになっていました。

昨日の本で、少し当りがついてきたので、学習用サマリーでも読んでみて、本編に入るということにしました。


「ミッチェルは成功したかった。お金も、力も、豪邸も、スポーツカーも。全てが欲しかった。」 …でも、その代償は高かった。

興味をそそる書き出しです。


信なくば、立たず。
そんなことも感じました。


今日は寝過ごしてしまいました。
その分、高速で事務処理をします。

ある事件の調停条項のたたき台に必死で訂正を入れています。
[PR]
by bengoshi_358 | 2007-01-30 07:40 | 読書録
Copyright(C)2005 Kato Law Office. All Rights Reserved.