行列の嫌いな弁護士事務所 加藤弁護士事務所
HOME
事務所案内 取扱い業務 TOPICS 料金 ご相談窓口 FAQ


愛知県名古屋市中区丸の内 弁護士加藤英男の日々是精進日記(ツィッター:@BengoshiKH)
by bengoshi_358
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索
カテゴリ
全体
こちらもよろしく
事務所について
日々雑感
読書録
会社法
民事再生法
破産法
相続
離婚
交通事故
借金整理の方法
講演録
その他法律関連
信頼できる他の専門家のHP紹介
趣味
弁護士という仕事について
労働法
備忘録
未分類
ブログパーツ
フォロー中のブログ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:日々雑感( 1891 )
結論の妥当性と手続の簡略さ
私は、刑法では前田雅英先生の学説で答案を書き、口述試験も乗り切った。

前田先生の基本書は繰り返し何度も読んだ。
前田先生の講義は、辰巳法律研究所のカセット講座で聴いただけだったが、前田先生のお言葉の中で、一番印象に残り、今も私に影響を与えているものがある。

それは、要約すると、「結論の妥当性が一番大事。そして、結論が妥当であるならば、手順は簡単な方がいい。妥当な結論が導けるならば、理論構成は簡素で明瞭なものがいい。」というもの。


これは、私が仕事をする上でもずっと意識し続けていること。

結論の妥当性。

勝つべきものが勝つ。
とにかくできるる限り、被害を回復する。
落ち度は落ち度として認めつつ、落ち度に相応する出捐以上の理由のない出捐を回避する。


そして、妥当な結論に落ち着くことができるのであれば、手順は簡単な方がいい。
いたずらに手続を複雑にし、事件を細切れにして、沢山の裁判や調停を起こすことは良くない。
クライアントの負担を重くし、手続費用や弁護士費用ばかり嵩んでしまうことは避けたい。


クライアントの感情の部分にも配慮しながらも、結果的にクライアントに利益が少しでも大きくなるよう、クライアントが前に進んで行かれるよう、寄り添って走り、元気を注入するコーチのように接して行く。
いたずらにあれも、これもと申立をしない。
そうやって、事件をスムーズに解決していくことで、次の事件の依頼や新しいクライアントの紹介に繋がっていくように思う。

手数料仕事と考えたら、事件の数はできるだけ細かくして増やしていくのがいいのだろうけれど、手数料仕事ではなく、本当の意味で事件を、紛争を治めるお手伝いをすることこそが我々の仕事。

結果の妥当性と手続の簡素さ。
クライアントの物心の負担を軽くし、できるだけ早期に解決、終結に至らしめるお手伝いをする。


今日も、着地点に至った事件もあり、先がはっきり見えた事件もある。
手が離れて行くことには、寂しさもないではないけれど、安心したクライアントの顔を見るのは嬉しいものだ。
[PR]
by bengoshi_358 | 2012-08-31 17:20 | 日々雑感
雨上がり、中休みの曇天の木曜日。
雨上がりの梅雨空の木曜日は湿度高く樹々に優しい日。

樹々が安心してぐんぐん育っていく「木」の曜日。

樹々に負けぬよう、地道に育つ「私」の日、「私」曜日になりますように。

e0026495_16313133.jpg

[PR]
by bengoshi_358 | 2012-07-05 16:32 | 日々雑感
学生時代を過ごした懐かしい場所
今日の東京出張は、思うところあって、学生時代に住んでいた下宿先に行ってみた。

最寄りの駅は、京王線笹塚駅。

笹塚十号通りを北に突き当たり(のようになっているクランクの所)まで進み、西に曲がって暫く歩く。

私が居た頃には、つつじの花が咲く和風の下宿館だったが、私が退室した直後にワンルームの風呂付アパートになっている。

大家さんの表札を確認し、行き当たったときには感慨深かった。
携帯写真を撮ったつもりだったが、撮れていなかったのが残念。

行きつけの銭湯は閉店(午後4時からオープンなのに4時過ぎに行ったがシャッター…廃業?)していた。
e0026495_2182988.jpg



それから、十号通りよりずっと西の、環七の手前の道(駅へ向かう近道だった)を南に抜けて、駅に戻り、図書館に行ってみた。

e0026495_2185211.jpg



図書館は相変わらずだった。

自習室に入ると懐かしさがこみ上げてきた。


駅の周りを歩くと、すっかりオシャレな街になっていた。
十号通りにもオシャレな店が入り、駅のクラウン商店街も明るくなっていた。

十号通りのモスバーガーは無くなって空き地みたいになっていたが、駅前のロッテリアは昔のままだった。


いろんな思い出が蘇り、今からしたら取るに足らないことに悩み、親や周囲に迷惑をかけ、無為無駄に時間を過ごしていた。
若いというのはそういうことなのかもしれないけれど、やり直しができるならば、学生時代だけはもう一度やり直したい。

殆ど全ての大人がそう思っていることだ。


本を沢山読み、勉強し、議論する。
そうしたことをもっとするべきだった。
そうしたことを、あまりしてこなかった大人の1人として、深い反省を込めて学生時代を省みる。

スポーツでも何でもいい。
人それぞれ違うと思う。
しかし、誰もが、一所懸命にやるべきときにやらなかった後悔を心の奥底に抱えている。
「ああすればよかった」
「あの時、あっちの選択肢に進んでいたら」
一所懸命やって来なかったと思うから、そう思う。

まだまだ取り返しがつく若い人達。
どうぞ、今ある時間を、機会を大切に。
[PR]
by bengoshi_358 | 2012-06-21 21:07 | 日々雑感
学びは真似び、地道な訓練。
昨日は、NHK文化センターで話し方教室の第3回目を受講。

現役のアナウンサーでタレントの生田サリー先生が講師。

仕事以外の私的な会合やパーティーでの挨拶ごとで噛まないで話すこと、久米宏さんや木村太郎さんのようにビシッと決まったショートコメントを瞬時に出せるようになれたらいいなと始めた習い事。

わかっていることでも、実践はまた違う。
身体に染み込むまで覚える、どんなときも安定的に成果が出せるまでにする。
仕事はもちろん、仕事以外でもまた同じ。
やはり、学び、真似をし、実践する。これを繰り返すしかない。

第1回は、新鮮で面白かった。
第2回も、楽しかった。

第3回は、挑戦していくスピリットが芽生えた。
1分間トーキングの実践訓練で、時間不足に陥った。
これは、3分間で話を組み立てて1分間で語り尽くすという練習だ。
これを30秒に縮めたら、コメンテーターのコメント出しの訓練になる。

1分間トーキング訓練、テーマはうまく行ったし、事前のメンタルリハーサル(3分間内でやる)でも行けるかなと思ったが、甘くはなかった。

他に受講生のトーキング訓練を聞いて、批評をし合うということにも参加しないといけない。
うっかり、ロードマップを作り忘れた。
(たかが1分間のトーキングでも、なれないうちはロードマップになるキーワードメモを作っておかないと、散漫になるということが、後で身をみって分かった)
結果は、他の受講生は優しいから褒めてくれたが、多分話の飛躍や、性急な落ちについて来られなかったはず。
これは反省し、次回に、またどこかで行う挨拶ごとの本番に活かそう。

仕事での議論、論争や説得、法律実務の講義ではなくて、最近増えてきた挨拶ごとやショートスピーチにコメント出しをする場面で、もう少しうまくやれないかなと思い立って始めたカルチャーセンター通い。

面白く始めさせ、楽しませ、それからチャレンジ。
生田サリー先生の講義の組み立ては、法律実務の講義や講演にも参考になる。
(天然自然、天真爛漫で自由自在にトピックを組み合わせ、耳目を引きつけて、最後に話をうまくまとめてしまうところは、やはり会話、講演、アナウンス、インタビュー、司会のプロだから、真似しようがないかもしれないけれど、千里の道も一歩から)

あと2~3回で終わってしまう講座だけれど、これはいい刺激、挑戦、学びになる。
第1回、2回の後は復習も、宿題も、まぁいいかなと、横着心でやっていなかった。
今日からは心を入れ替えて、言われた通りのこと素直にやってみたい。

カルチャーセンター、面白い。
キーンさんの講演会も申し込み完了!