行列の嫌いな弁護士事務所 加藤弁護士事務所
HOME
事務所案内 取扱い業務 TOPICS 料金 ご相談窓口 FAQ


愛知県名古屋市中区丸の内 弁護士加藤英男の日々是精進日記(ツィッター:@BengoshiKH)
by bengoshi_358
検索
カテゴリ
全体
こちらもよろしく
事務所について
日々雑感
読書録
会社法
民事再生法
破産法
相続
離婚
交通事故
借金整理の方法
講演録
その他法律関連
信頼できる他の専門家のHP紹介
趣味
弁護士という仕事について
労働法
備忘録
未分類
ブログパーツ
フォロー中のブログ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
2008年 09月 09日 ( 2 )
予想外の妙味。
示談交渉や、調停、訴訟でもそうなのですが、弁護士は、最終結果と過程をある程度予想して仕事をするものです。

ところが、それが外れることもあります。
幸い、悪い方に外れる事は多くありません。
ここのところ、良い方に外れる事の方が多いので感謝です。

では、なぜそういうことが起こるのでしょうか。
これは、「運」という言葉でしか表現できない類いのものです。
流れが変わる、道が開ける、突如ドアが開く…。
いろんな言い方ができますが、人智を超えた展開に遭遇することがあります。


うまくいかない交渉ごとも、時間の経過が状況を変えていき、突如としてそれが進んでいく。

時間の持つ意味も決して小さくはありません。
予想外は実は広い意味では必然なのかも知れませんね。

関係者のすべて、解決のために尽力してくださった方々すべてに感謝です。
[PR]
by bengoshi_358 | 2008-09-09 17:11 | 日々雑感
音楽は気分に合わせ
1番は一般に目立たない。

地味で控え目な長男のよう。

記録には残るけれど、あまり記憶には残らない。


世間一般の1番とは違う、この「1番」とは何でしょうか。



それは、クラシック音楽の交響曲。
もちろん例外もありますが。




今日も静かなやさしい楽曲がよくて、カラヤンでベートーベンの1番を聴きました。



全て予定どおりいかないことがありますが、朝から予定が崩れると調子が狂います。
(実際は、眠い、だるい等の個人的な理由による場合は、甘いだけ。予定として自分の感情が認めていなかっただけ。)


狂った調子を整えてくれるのは、わたしの場合、静かな音楽なのでしょう。


突き進む場合には、勇ましい音楽。
タイトなスケジュールに追われる場合には、自分の無能に対する怒りのスパイスが効いた激しい音楽。


そういえば、最近は楽しい音楽をあまり聴きません。
これでいて、毎日案外楽しさを感じながら仕事や生活をしているからでしょうか。


楽しくなりたいなら、楽しい音楽を聴きましょう。

悲しくなりたいなら、悲しい音楽。極限まで悲しくなると、生存本能を呼び覚ますサーモスタットがオンになると聞いたことがあります。



iPodを買ってから、かつてWalkmanにはまっていた昔のように、いつも手軽に音楽に触れられてありがたいです。
[PR]
by bengoshi_358 | 2008-09-09 08:49
Copyright(C)2005 Kato Law Office. All Rights Reserved.