行列の嫌いな弁護士事務所 加藤弁護士事務所
HOME
事務所案内 取扱い業務 TOPICS 料金 ご相談窓口 FAQ


愛知県名古屋市中区丸の内 弁護士加藤英男の日々是精進日記(ツィッター:@BengoshiKH)
by bengoshi_358
検索
カテゴリ
全体
こちらもよろしく
事務所について
日々雑感
読書録
会社法
民事再生法
破産法
相続
離婚
交通事故
借金整理の方法
講演録
その他法律関連
信頼できる他の専門家のHP紹介
趣味
弁護士という仕事について
労働法
備忘録
未分類
ブログパーツ
フォロー中のブログ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
2008年 09月 08日 ( 2 )
古武術の動きは新鮮だけど合理的。
昨日の古武術は、膝蹴りと下段蹴りによる攻撃に対する防御の練習でした。

昔習った方法は、膝蹴りだと、軽くバックステップして、蹴り脚が下りてきたところを蹴るではなかったかと思います。
また、下段蹴りだと、狙われた脚を軽く上げて脛で流す。

しかし、昨日習ったのはユニークでした。

どちらの場合も、むしろ前(斜め前方か横)に踏み込む感じになります。
そして、上腕からひじ辺りを添えて流す。どちらも、です。


やや驚きました。
踏み込む感じでいくので、慣れないために戸惑いましたが、これは距離が詰まりますし、相手を崩すので、うまくいくと、断然有利になります。
通常の人の防衛的な動きではないので、しっかり練習しないと、一気にやられてしまうことになりますが、はまれば相手には予想外の動きに意表をつかれることでしょう。


攻撃には、逃げるのではなく、一歩踏み込むことで相手の攻撃を無力化し、相手を崩す。
崩れた相手は一瞬居着いてしまうので、打撃の標的にしやすいですし、崩れたバランスの方向に力をくれてやれば用意に転がすことができます。
空手やK-1系だと、ホールディングになってしまうので、無理かもしれませんが、総合格闘技で使える動きかなと思います。


甲野善紀先生の本やDVDにありましたが、意表をついた予想外の動きが実戦武術にあります。

「予想外の動き」
「一歩踏み込む」
「崩してから攻撃」

なかなか面白いし、仕事でも参考になるようにも思いました。
[PR]
by bengoshi_358 | 2008-09-08 12:24 | 趣味
音楽は癒し、元気づけてくれるもの。
昨日は、朝は町内会の大掃除。
総出で草取りでした。
わたしは、頑固な雑草をつるはしで根っこから抜いていきました。

おかげで朝からいきなり足腰に疲労感がありましたが、お昼は雑用、夜は古武術道場に出かけました。

古武術道場へは自転車で。
丘を超え、谷を渡り、とまでは言いませんが、平坦ではない地域なのでさらにいい運動でした。


体が疲労を癒そうという状態にあると、気分はややメローになります。
ヘビメタはそういうときはパス。
今朝はまさにそう。


そんなときは同世代の人が作った穏やかな楽曲がいい。
それで今朝は関節クラブの「スープ」、「氷の崖」でスタートでした。
作詞作曲、ギター担当の三倉佳境先生は、同年齢で、漫画「関節王」で一世を風靡された方。
「関節王」のパート2のご準備中と伺っていますが、多数の楽曲を作詞作曲され、演奏されています。

関節クラブの楽曲は、なつかしく、癒される音楽です。
歌詞も味わい深い。
ライブ音源が無料で多く流れているのですが、やはり生で酒を飲みながら聴きたいです。
いつかは札幌に遠征して、ライブハウスに行きたいと思います。



…そして、目がすっきり覚めたら、新聞に読書、そしてヘビメタ。
いつものわたしに。
[PR]
by bengoshi_358 | 2008-09-08 08:11
Copyright(C)2005 Kato Law Office. All Rights Reserved.