行列の嫌いな弁護士事務所 加藤弁護士事務所
HOME
事務所案内 取扱い業務 TOPICS 料金 ご相談窓口 FAQ


愛知県名古屋市中区丸の内 弁護士加藤英男の日々是精進日記(ツィッター:@BengoshiKH)
by bengoshi_358
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
検索
カテゴリ
全体
こちらもよろしく
事務所について
日々雑感
読書録
会社法
民事再生法
破産法
相続
離婚
交通事故
借金整理の方法
講演録
その他法律関連
信頼できる他の専門家のHP紹介
趣味
弁護士という仕事について
労働法
備忘録
未分類
ブログパーツ
フォロー中のブログ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
懐かしい中学時代
一昨年の小学校のクラス会で、「水島上等兵」ネタで盛り上がっていた旧友がいました。
わたしは、うらやましく思い、読んだことのなかった「ビルマの竪琴」を初めて読みました。

やはり小学生か中学生の頃に読みたかったなと思いました。

中学生のころに読んだ本で思い出に残るのは、何と言っても「車輪の下」(ヘルマン・ヘッセ)。
中学生になって、読書嫌いを直すべく、課題図書のなかから面白そうなものということで選びました。
読み始めてすぐにはまってしまいました。

「頭が痛くなるほど勉強する」、主人公のハンス・ギーベンラートに憧れを感じ、手本としようと心に決めました。
最大3日間、布団では眠らなかったこともありました。
おかげで、学校の成績は今ひとつでも、年2回行われる中部地区統一テストでは学校で1人か2人しか貰えない賞状を中学2年から卒業までに4枚貰いました(2クラスしかない学校でしたからね)。

冬の寒空をオリオン座を眺めながら塾からの家まで自転車で丘を駆け上がった日々。
パーフェクトを目指していた日々。
勉強が楽しくて仕方なかった季節。
部活の軟式野球でも市内で最速の球を投げていた時代。

日常の何もかもが冒険に満ちていた夢のような3年間でしたね。


あの頃だったか、高校時代だったか、父親に買ってもらったエメラルド色でアワビみたいに光る緑色の文字盤で9面ガラスの腕時計が大好きだったのは。

あんまり昔に戻りたいとは思いませんが、突然あの頃が懐かしくなってしまいました。
[PR]
by bengoshi_358 | 2009-03-23 20:24 | 日々雑感
<< そしてまた進むために WBC 昼休みに決めてくれるなんて >>
Copyright(C)2005 Kato Law Office. All Rights Reserved.