行列の嫌いな弁護士事務所 加藤弁護士事務所
HOME
事務所案内 取扱い業務 TOPICS 料金 ご相談窓口 FAQ


愛知県名古屋市中区丸の内 弁護士加藤英男の日々是精進日記(ツィッター:@BengoshiKH)
by bengoshi_358
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
検索
カテゴリ
全体
こちらもよろしく
事務所について
日々雑感
読書録
会社法
民事再生法
破産法
相続
離婚
交通事故
借金整理の方法
講演録
その他法律関連
信頼できる他の専門家のHP紹介
趣味
弁護士という仕事について
労働法
備忘録
未分類
ブログパーツ
フォロー中のブログ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
問題は起こるもの
次から次にいろいろなことが起こります。

想定内のこともあれば、予想外のこともあります。

問題があること自体は問題ではないといいますが、体力気力が落ちていたりするといくらか堪えます。


問題に焦点を当てている問題思考では、ますます落ち込んでいくものです。
むしろ、解決に焦点を当てた解決思考に切り替えて、問題を見るのは解決の糸口を見るためにのみすると決めること。

解決の糸口や、反省点が見つかったら、同じ問題で悩む結果にならぬように注意する。
改めるところは改める。


生きている限り、人間は問題から逃れられません。
これはお釈迦さまも言われたことだそうです。

できれば問題があっても問題がないような顔をして(影で泣いても)、自我をぶつけ、感情をぶちまけるのではなくて、堅実に、誠実に目の前にあることだけに集中していく。
当然の報いの場合であっても、たとえそうではなくて不条理な仕打ちであっても、現実そのままに一旦引き受けていく。
その上で、解決思考で対応しつつ、今ここに集中していく。

斎藤一人さんのCDで初めて聴いた孔雀明王のお話もそうですが、立花大敬先生の本やブッダの言葉が書かれた様々な本にはこういうことが書かれていました。


問題は起こるもの。
そう腹をくくって進みましょう。
だからこそ、反省し、人は進歩ができますから。
[PR]
by bengoshi_358 | 2009-03-11 18:36 | 日々雑感
<< 疲労回復の言葉 事件のデータベースによる管理 >>
Copyright(C)2005 Kato Law Office. All Rights Reserved.