行列の嫌いな弁護士事務所 加藤弁護士事務所
HOME
事務所案内 取扱い業務 TOPICS 料金 ご相談窓口 FAQ


愛知県名古屋市中区丸の内 弁護士加藤英男の日々是精進日記(ツィッター:@BengoshiKH)
by bengoshi_358
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
検索
カテゴリ
全体
こちらもよろしく
事務所について
日々雑感
読書録
会社法
民事再生法
破産法
相続
離婚
交通事故
借金整理の方法
講演録
その他法律関連
信頼できる他の専門家のHP紹介
趣味
弁護士という仕事について
労働法
備忘録
未分類
ブログパーツ
フォロー中のブログ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
より良い結果の追求は続く。
裁判に関わる仕事をしていると、つくづく人生は選択の連続であることを実感させられます。


人生の岐路、会社存亡の岐路、そこまで行かなくとも、当事者や関係者だけではどうにもならなくなった問題の解決方法を相談され、裁判所の力を借りて、何かを元に戻したり、何かを前に進めたりするわけで、当事者の選択に沿ってわたしたちは動いて行きます。


もっとも、打ち合わせや、裁判の中で、選択の難しさをひしひしと感じることがあります。
当事者だけでは選択ができない場合、「どのようにするのがいいと思いますか」と相談されることはしばしばです。
最後の最後には、ご本人に決断していただきますが、相談された以上は、考えうる限りの助言をさせていただきます。

しかしながら、当たり前のことですが、これが絶対などという案はありません。
あれば、誰も弁護士になんか相談しません。
次善、あるいは3番手の案にしか落ち着かないという場合があるし、実際はそういう場合の方が多いでしょう。

どこまでも、これだという最も望ましい案を追求しつつも、3番手の案を選択しつつ、実質的には最も望ましい案と同様の結果になるような手当をしていくことも大切です。


今日、今後の方向性についての重大な選択に迷われている方と打ち合わせをしました。
また、裁判所で涙とともにある選択をされた方の事件もありました。

わたしはこういう方々とともに、どこまでも、より良い結果を追求し続けていきたいと改めて思いました。
[PR]
by bengoshi_358 | 2009-02-17 17:48 | 日々雑感
<< オバマ流交渉術 丸の内の青い空 >>
Copyright(C)2005 Kato Law Office. All Rights Reserved.