行列の嫌いな弁護士事務所 加藤弁護士事務所
HOME
事務所案内 取扱い業務 TOPICS 料金 ご相談窓口 FAQ


愛知県名古屋市中区丸の内 弁護士加藤英男の日々是精進日記(ツィッター:@BengoshiKH)
by bengoshi_358
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
検索
カテゴリ
全体
こちらもよろしく
事務所について
日々雑感
読書録
会社法
民事再生法
破産法
相続
離婚
交通事故
借金整理の方法
講演録
その他法律関連
信頼できる他の専門家のHP紹介
趣味
弁護士という仕事について
労働法
備忘録
未分類
ブログパーツ
フォロー中のブログ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
結局、自分はうまくいく。
なんらかの志を持っている以上、やるべきことがいくらもあって当然です。

暇で、やることがなくて、それでいて他人よりも豊かな生活がしたい、より多くの好意と愛情を得たいというのは、よほどの運に恵まれた方でなければならないと思います。

そう思った時点で、自分自身がそういう運に恵まれた人間ではないと知らねばなりません。



自分自身が、類い稀な運に恵まれた人でないと知ったならば、そして現実を好ましい方向に変えたいと思うならば、心することは、セルフ・イメージを変えること。

志があるならば、それに見合う思考、生活習慣、行動、言葉を心地よいと思うように、それに見合う生き方ができるだけの基礎的体力が得られるように、自分自身のセルフ・イメージを描き変えること。

そこそこに運はよくて、勤勉で、温厚で、頭もそんなに悪くなくて、誠実に努力を続けられる人で、必ず結果的には目標を達成する人なのだという自分のイメージを描けないと、どんな目標も頓挫してしまうことでしょう。

「希望の星を見失うな!」(ハイブロー武蔵、綜合法令)に、「結局、自分は成功する。」というフレーズがあったように思います。


ゴールまでの経路も想定して進む。
けれど、経路が諸事情で変更されることは認める。
最終的にどういう経路を通ってかはわからないけれど、「結局、自分は成功する。」と思い続けて、努力をしていく。

わたしは、そういうのが好きですね。
[PR]
by bengoshi_358 | 2009-02-12 16:09 | 日々雑感
<< やっぱり今がいい。 なせ忙しいか。 >>
Copyright(C)2005 Kato Law Office. All Rights Reserved.