行列の嫌いな弁護士事務所 加藤弁護士事務所
HOME
事務所案内 取扱い業務 TOPICS 料金 ご相談窓口 FAQ


愛知県名古屋市中区丸の内 弁護士加藤英男の日々是精進日記(ツィッター:@BengoshiKH)
by bengoshi_358
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
検索
カテゴリ
全体
こちらもよろしく
事務所について
日々雑感
読書録
会社法
民事再生法
破産法
相続
離婚
交通事故
借金整理の方法
講演録
その他法律関連
信頼できる他の専門家のHP紹介
趣味
弁護士という仕事について
労働法
備忘録
未分類
ブログパーツ
フォロー中のブログ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
はっきりした思いを持つことの価値。
はっきりした思いを持つことは、ふつうに社会生活を営む上でも重要ですね。

世の中には、残念だけれど、さまざまな仕掛けをもって近づいてくる人もいないではないのです。
広い意味では「洗脳」ということになるのでしょうが、心理学では「承諾誘導」、他の領域では「説得」、「伝道」等だったりと、隠された明確な「故意」をもって近づいてくる人がいます。
さらに、積極的な「悪意」をもって近づいてくる人だっています。

はっきりした思いを持っている人に対して、それを持っていない人が抵抗して流されないでいられる確率は高くありません。

相手以上のはっきりした思いを持っていなければ、後で「こんなはずではなかった」と後悔する羽目になりかねません。


「はっきりした思いを持つこと」を意識して忘れないようにすることが、誰でもできる最大の防御術なのではないかと思います。

夢とか目標を明確に意識していれば、仮に悪意をもって近づいてくる相手がいても、大きくブレてしまうことはないはず。


思春期にはシンドイことかも知れないけれど、「自分がどこに向かっていこうとしているのか」について、自らはっきりした思いを持っていることは大きな強みです。

それさえ持っていれば、大きな揺さぶりがあったとしても、表現方法が多少変わってくるという程度のブレで済むのではないかと思います。
[PR]
by bengoshi_358 | 2009-01-27 23:57 | 日々雑感
<< 言葉について 心と身体の稼働効率を最大限にで... >>
Copyright(C)2005 Kato Law Office. All Rights Reserved.