行列の嫌いな弁護士事務所 加藤弁護士事務所
HOME
事務所案内 取扱い業務 TOPICS 料金 ご相談窓口 FAQ


愛知県名古屋市中区丸の内 弁護士加藤英男の日々是精進日記(ツィッター:@BengoshiKH)
by bengoshi_358
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
検索
カテゴリ
全体
こちらもよろしく
事務所について
日々雑感
読書録
会社法
民事再生法
破産法
相続
離婚
交通事故
借金整理の方法
講演録
その他法律関連
信頼できる他の専門家のHP紹介
趣味
弁護士という仕事について
労働法
備忘録
未分類
ブログパーツ
フォロー中のブログ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
すべてを期待、してみる。
「どうせ無理、無駄。」
そう言われてしまうことがあります。

でも、どうしても気になることがある。
そうなったらいいな、と思うことがある。
それが頭のどこか隅っこにあって、消えてなくならない。

そうであるならば、「どうせ無理、無駄。」かも知れないけれど、「もし、できたらいいよね。」とあんまり期待しないで軽い気持ちで始めてしまう。

継続的に行なうことをを決めてしまうと苦しくなる場合もあるから、頭の片隅にいつも置きつつ、「そのために努力しよう」と「思う」(だけ)(そして、できることだけしていく)、というのが案外一番楽にうまくいく方法なのだと誰かが本に書いていたことを思い出しました。

「ダメだ」と思ってやったって、うまく行きっこありません。
「絶対にやるんだ」と思ってやっても、かえって力が入りすぎて辛くなったりします。

わたしの場合、「絶対にやるんだ」式を多く採用しますが、時には「そのために努力しよう」と「思う」(だけ)(そして、できることだけしていく)作戦もとってみます。
楽しければ続きますし、続けられることはそれなりの成果をもたらしてくれますから。

すべてを期待、してみましょう。
まずは軽く始めてみましょう。


…と、ここまでで、いくらか仕事もはかどりました。
これまでなかなかできず、今もまだできていないものについても、何だかできそうな気がしてきました。
[PR]
by bengoshi_358 | 2009-01-21 02:32 | 日々雑感
<< 名古屋の空は曇り空 まずは、気合い。 >>
Copyright(C)2005 Kato Law Office. All Rights Reserved.