行列の嫌いな弁護士事務所 加藤弁護士事務所
HOME
事務所案内 取扱い業務 TOPICS 料金 ご相談窓口 FAQ


愛知県名古屋市中区丸の内 弁護士加藤英男の日々是精進日記(ツィッター:@BengoshiKH)
by bengoshi_358
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
検索
カテゴリ
全体
こちらもよろしく
事務所について
日々雑感
読書録
会社法
民事再生法
破産法
相続
離婚
交通事故
借金整理の方法
講演録
その他法律関連
信頼できる他の専門家のHP紹介
趣味
弁護士という仕事について
労働法
備忘録
未分類
ブログパーツ
フォロー中のブログ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
世界を相手にする。
昨晩、アメリカのインターネットコミュニティ(SNS)に参加することにしました。
まだ始まったばかりのようで、1,000人規模の小さなコミュニティです。

以前誘われて参加したアメリカで運営されている中高年向けのコミュニティがありました。
そこでは、発言が少ないということで、2か月程度で除名されてしまいました(退職者が多く、参加者の発言内容がわたし向きではなく、またメール量がはんぱではなくてわたしの英語力では即時の対応ができなかったのでした)。
突然メールもメッセージも来なくなったので不思議に思っていたら、誘ってくれた創設者から、”You are removed.Because it seems you are not interested in our community."と言われてしまいました。
キビシイなぁ。


でも、今度のコミュニティは創設者がアジア系アメリカ人で、カリフォルニア在住の多人種・多年齢層のメンバーで、雰囲気が違います。

フレンドリーな感じで、居心地がよさそうです。



わたしは、名古屋の町弁を選択しました。
仕事では国内、それも中部圏中心にするという選択をしたわけです。
本当は、東京に居て、しかも世界を相手にした仕事をしてみたい気持ちもありましたが、自分の当時の能力や環境を考えて、現実的な選択をしたのです。


現在の社会は、国内だけでなく、世界にまで広がってます。
対立・搾取から、相互依存、共存・共生へと向かっています。

自分が世界とどう関わって行けるのかわかりませんが、今、自分の居るところでできる世界との関わりを考えてみたいと思っています。
その手始めが、海外のSNS参加。
参加して、つまらなければ止めるだけ。
別のSNSに参加したり、他の何か別の方法を考えるだけです。


わたしより若い世代は、はっきりと世界を意識して仕事や勉強をされていることと思います。
わたしも遅ればせながら、再チャレンジです。
[PR]
by bengoshi_358 | 2009-01-01 13:28 | 日々雑感
<< 退路を断つことから生まれる力。 日本人の底力。 >>
Copyright(C)2005 Kato Law Office. All Rights Reserved.