行列の嫌いな弁護士事務所 加藤弁護士事務所
HOME
事務所案内 取扱い業務 TOPICS 料金 ご相談窓口 FAQ


愛知県名古屋市中区丸の内 弁護士加藤英男の日々是精進日記(ツィッター:@BengoshiKH)
by bengoshi_358
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
検索
カテゴリ
全体
こちらもよろしく
事務所について
日々雑感
読書録
会社法
民事再生法
破産法
相続
離婚
交通事故
借金整理の方法
講演録
その他法律関連
信頼できる他の専門家のHP紹介
趣味
弁護士という仕事について
労働法
備忘録
未分類
ブログパーツ
フォロー中のブログ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
わたしの交渉術。
四角四面、建前だけのお話だけだと分かりあえない場合があります。

立場が違えば、意見もぶつかります。
譲り合うことができない場面では、四角四面、建前だけのお話しかできないことが多いです。
そうすることが辛いときもありますが、仕事ですから、心の中で手を合わせるしかありません。

でも、多少でも譲り合うことができる場面では、ざっくばらんに話をすることで、一気に局面を打開することができることもあります。


弁護士の事務所には、いろんな電話があり、いろんな面会者がいます。
気難しそうな方ですよ、怒ってみえますよ、と取り次がれるときは多少身構えたりもします。
でも、そんなときこそ、じっくりお話を伺い、こちらも事情を丁寧にご説明します。
そして、妥協案、折衷案を提示します。
やはり、聴くことから始めます。
聴きながら、さまざまな想像や仮定をし、着地点を探るのです。
もちろん、法律的な問題点をチェックしつつ。
ただ、それだけです。

だから、わたしの交渉術はありません。
無手勝流。

ただ、交渉術らしきものについてのわたしなりの考えもないではありません。
でも、今はまだ語らず。


福原愛選手が、インタビュアーから試合の反省点、自分の技術の足りない点を尋ねられ、答えた言葉。
「それをここで言わなければなりませんか?」
「まだ現役を続けて行くんで、そういうことは人前で言いたくはありません。」
[PR]
by bengoshi_358 | 2008-11-20 19:51 | 日々雑感
<< 物上保証人の不動産売却と税務。 今はまだ語らず。 >>
Copyright(C)2005 Kato Law Office. All Rights Reserved.