行列の嫌いな弁護士事務所 加藤弁護士事務所
HOME
事務所案内 取扱い業務 TOPICS 料金 ご相談窓口 FAQ


愛知県名古屋市中区丸の内 弁護士加藤英男の日々是精進日記(ツィッター:@BengoshiKH)
by bengoshi_358
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
検索
カテゴリ
全体
こちらもよろしく
事務所について
日々雑感
読書録
会社法
民事再生法
破産法
相続
離婚
交通事故
借金整理の方法
講演録
その他法律関連
信頼できる他の専門家のHP紹介
趣味
弁護士という仕事について
労働法
備忘録
未分類
ブログパーツ
フォロー中のブログ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
本物を見極めることは困難だけれど、しっかり自分の頭で考えることは忘れずに。
仕事がらいろんな人に会います。

偽物と本物の区別ができるとは言いません。
でも、いくらか経験上気付くことはあります。

成功者という触れ込みの方で、衣類は確かに全てブランド物ではあるけれどかなり古くて袖口にスレが目立っている人や、衣類は新品でぴかぴかなのですが靴やカバンや車がどうも古いという人がいました。

細かいディテールを注意深く観察すると、気付くことはいくらもあります。
時には質問を投げ掛けるとよいでしょう。


人を信用するということは大切なことです。
しかし、裏付けの無いことを無批判に鵜呑みにすることは人を信用するとは言いません。
少しずつ深度をふかめていき、徐々に信用を深めて行くのがふつうです。
経済的な利害に関わることや身近な人間関係に関わることでは、無警戒ではいけません。

自分をしっかり持つ。
どんな場合であっても、自分を大切にする。
その上で、自分を差し置いても守りたい誰かのためにだけ自分のものを投げ出しても守る。
さして知らない赤の他人に、あたかも全体重を預けるような信用の仕方だけはしてはなりません。

どんな場合であっても、まず自分を大事にというのが、「こんなはずではなかった」と思わないための秘訣なのではないかと思います。
もちろん、時間的余裕のない場合もあります(本当にそうなのか、は疑ってみる必要はありますが)。
自分をしっかりもって、自分の頭で考えて最終的によしとしたのであれば、それでよし。
その後は、「我ことにおいて後悔せず」です。
[PR]
by bengoshi_358 | 2008-11-19 18:02 | 日々雑感
<< 今はまだ語らず。 安全に、慎重に。 >>
Copyright(C)2005 Kato Law Office. All Rights Reserved.