行列の嫌いな弁護士事務所 加藤弁護士事務所
HOME
事務所案内 取扱い業務 TOPICS 料金 ご相談窓口 FAQ


愛知県名古屋市中区丸の内 弁護士加藤英男の日々是精進日記(ツィッター:@BengoshiKH)
by bengoshi_358
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
検索
カテゴリ
全体
こちらもよろしく
事務所について
日々雑感
読書録
会社法
民事再生法
破産法
相続
離婚
交通事故
借金整理の方法
講演録
その他法律関連
信頼できる他の専門家のHP紹介
趣味
弁護士という仕事について
労働法
備忘録
未分類
ブログパーツ
フォロー中のブログ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
国政の行方
現在、午前2時ころです。

以前愛知県弁護士会の会長をされていたある先生が、「僕は24時間弁護士!」だとおっしゃっていました。

わたしは当時新人で、「へぇ〜」と思っておりました。
しかし、それがある頃から、「なるほど」と思うようになりました。
家族には申し訳ないですが、相談が入ったり、現在かかっている案件で急な事情変更、出来事が勃発した場合には、やはり対応が必要になってしまいます。
独立したての頃は、土日なく事務所に出たり、深夜依頼者宅に取り立てに来た債権者の代理人と称する男と長電話で議論し、説得して帰ってもらったこともありました。

もっとも、現在は家庭と仕事のバランスを辛うじて取りながら仕事をしています。
家で仕事ができるのは家族が寝静まったこの時間。

一旦眠り、起き出して仕事をしたりすることもありますが、今日は眠らずにパソコンに向かっています。

そう、今開票が進んでいますね。
大方は決まりつつあります。

郵政民営化という単一論点での解散、選挙。

確か、憲法の論点でもあったはず。憲法7条には制限がもうけられていないから、これも合憲、というのが多数説だったでしょうか。

これから郵政民営化が実現することになりますね。
その後はどうなって行くのでしょうか。
その他の、たとえば年金問題はどうでしょう。

森田実さん、船井幸雄さん、坂本龍一さんが、HPで郵政民営化に反対を表明されていました。それなりに、納得もできるのですが、HPからは「では、どうする?」というものがあまり見えなかったような気がします(お三方のHPを知ったのが昨日でしたし)。

岡田さんも、政権交代を叫ばれていたけれども、いささか具体性に欠けていた感じでした。

小泉さんは潔い感じがしますね。明快、な印象です。
わたしも好感を持っています。

ただ、それだけでいいのか。
お三方のHPをざっと読み飛ばして、いささかのひっかかりがあります。

それにしても、確実に言えることは、「これからかなり早いスピードで世の中が変わって行く」ということでしょう。
わたしたちも、世の中の変化にアジャスト(=対応)していかねばなりません。

「変わること」「今までのやり方を変えること」も必要になってくるでしょう。

いずれにしても、養老孟司先生によると、「人間は変わるもの」、変わることで難関を切り抜けて行く、問題を克服して行く、つまり成長する存在。
死ぬまで勉強、死ぬまで成長する存在。

「変化」をネガティブ(=否定的)に捉えてはソンです。
成長のきっかけ。

わたしが好きなマンガに「関節王」(三倉佳境著)というマンガがあります。
主人公の水澤完が言います。「柔の道は一生が修行。死ぬ前が一番強い。」
わたしもそうありたいです。


わたしは、変化、改革というものに期待を寄せつつ、心の中で強く祈っていることがあります。

「どんなに世の中が変わっても、日本人の美徳といわれてきた、勤勉、和の精神、奉仕の心…が失われませんように。」
[PR]
by bengoshi_358 | 2005-09-12 02:17 | 日々雑感
<< おはようございます。 悪質リフォーム対策小冊子 >>
Copyright(C)2005 Kato Law Office. All Rights Reserved.