行列の嫌いな弁護士事務所 加藤弁護士事務所
HOME
事務所案内 取扱い業務 TOPICS 料金 ご相談窓口 FAQ


愛知県名古屋市中区丸の内 弁護士加藤英男の日々是精進日記(ツィッター:@BengoshiKH)
by bengoshi_358
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
検索
カテゴリ
全体
こちらもよろしく
事務所について
日々雑感
読書録
会社法
民事再生法
破産法
相続
離婚
交通事故
借金整理の方法
講演録
その他法律関連
信頼できる他の専門家のHP紹介
趣味
弁護士という仕事について
労働法
備忘録
未分類
ブログパーツ
フォロー中のブログ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
まごころと自我 その3
自我について、「本当はすごい私」(苫米地英人著、講談社)p.46〜から、新しい発見がありました。


・自我なんてもともとない。
・自我があるというよりどころは、「自我はある」という確信だけ。
・自分自身とは何かを定義しようとすると、『日本人で』、『英人という名前で』、『〜年生まれで』、『4人家族で』、『身長、体重は…』、『趣味は…』と、あらゆる情報を動員しても自分を特定できない。
・むしろ、自我を決める要素はすべて、「他者との関係」であって自分自身ではない。
・<すべての存在は、他者との関係性のなかで「これ」と認識・定義している情報状態をいう>から、すべての存在は、「ある」と言えば「ある」し、「ない」と言えば「ない」。



ここでおもしろいのは、最後の「公理」のような定義。
それと、「自我を決める要素はすべて、「他者との関係」」なんだということ。

「他者との関係性」→「自我」


つまり、「自我」は、自分の存在や位置を確かめる為に、自分から他者に向けて発せられた想念のベクトルで、他者に反射して自分に返ってくることを想定したもの、ということか。
とすると、「まごころ」は、自分から他者に向けられて発せられる想念のベクトルであり、反射して戻ってくることを想定しない、他者に(多くの場合)感謝をもって受容される(受容してほしいと思い込む)想念のことか。

そして、「他者関係性」という観点では、「自我」も「まごころ」も同じですね。




「自我」なんてもともとない。
そして、「まごころ」も、もともとないということになりますね。

苫米地先生の本は、どれも痛快です。
[PR]
by bengoshi_358 | 2008-10-02 15:19 | 日々雑感
<< きっと道は開ける 浅間神社の大祭その2 >>
Copyright(C)2005 Kato Law Office. All Rights Reserved.