行列の嫌いな弁護士事務所 加藤弁護士事務所
HOME
事務所案内 取扱い業務 TOPICS 料金 ご相談窓口 FAQ


愛知県名古屋市中区丸の内 弁護士加藤英男の日々是精進日記(ツィッター:@BengoshiKH)
by bengoshi_358
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
検索
カテゴリ
全体
こちらもよろしく
事務所について
日々雑感
読書録
会社法
民事再生法
破産法
相続
離婚
交通事故
借金整理の方法
講演録
その他法律関連
信頼できる他の専門家のHP紹介
趣味
弁護士という仕事について
労働法
備忘録
未分類
ブログパーツ
フォロー中のブログ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
トップを目指すということ
e0026495_23113675.jpg

また運動会の季節です。



ふと、今読み始めた苫米地英人先生の新刊でもある自伝のことを思い出しました。


「一位でなければ意味はない」


冒頭あたりの章にあります。
やる以上は、うまくならないと面白くないし、一位を目指してがんばらないとうまくなんかなりません。


苫米地先生は、幼少のころから、常に一位を意識されていたといいます。

ここがわたしと違うところです。
わたしは、一位のプレッシャーに耐えられませんでした。


忘れていたわたしの過去の物語が蘇ってきたのですが、それはさておき。


苫米地先生が言われるには、「クラス一位なら、学校で一位の可能性もある。学校で一位なら、その街で、その都市で、日本で、世界で一位の可能性が残る。しかし、二位はその可能性はない。」というのです。



確かにそのとおり。
一位と二位の違いは天と地ほどのものがあるわけです。


どんなことでもよいけれど、小さなことでもよいけれど、やはり一位になれるように頑張ることが大事なのでしょう。



オンリーワンの前提には、やはり小さな、狭いエリアでもよいから、一位になることから始めてみることですね。
[PR]
by bengoshi_358 | 2008-09-20 23:11
<< 小さなことから。 開き直りと再生と >>
Copyright(C)2005 Kato Law Office. All Rights Reserved.