行列の嫌いな弁護士事務所 加藤弁護士事務所
HOME
事務所案内 取扱い業務 TOPICS 料金 ご相談窓口 FAQ


愛知県名古屋市中区丸の内 弁護士加藤英男の日々是精進日記(ツィッター:@BengoshiKH)
by bengoshi_358
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
検索
カテゴリ
全体
こちらもよろしく
事務所について
日々雑感
読書録
会社法
民事再生法
破産法
相続
離婚
交通事故
借金整理の方法
講演録
その他法律関連
信頼できる他の専門家のHP紹介
趣味
弁護士という仕事について
労働法
備忘録
未分類
ブログパーツ
フォロー中のブログ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
語学への思い再び。
「英語は逆から学べ!~最新の脳科学でわかった!世界一簡単な外国語勉強法~特殊音源CD付き(全外国語対応)」(苫米地英人、フォレスト出版)を読みました。

なるほどと思わせることばかりです。
苫米地先生の本は、さすが洗脳の専門家だけあって、わかりやすく、わかった気にさせる文章で構成されていて、一気に読ませてくれます。


かつては英語にはそこそこ自信があり、外国人の友人も少なからずいたのですが、英語はさびつくばかり。
中国語も一念発起したのですが、いまひとつで挫折。

ビジネスに直接は必要ないかもしれませんが、これからの人生を豊かにしていくには、語学もできたほうがよいのではないか。
また、自分は必要なくても、次の世代には必要になっていく。
ジム・ロジャースだったか、「次は、中国だ!」といって娘さんに中国語を勉強させている著名人もいるそうな。

これからは、世界が相手。
世界が相手にできるような仕事、世界を意識した仕事をする必要があるはず。


自分のためだけではなく、身近な人間の手本になるように、ここはがんばってみますか。
…意外に、今の自分の仕事にも役立つ予感もありますし。



この本では、「言語」=「人格」であるとか、脳の別の部分を使う、とかつくづく面白いなと思う表現がいくらもあります。

わたしも、かつては英語を話す時は、「バナナ」(外見は黄色人種で中身は白人)と言われるように、人格が変わっていた(少なくとも気分は昂揚していた)ように思います。

アメリカと、台湾のTVドラマのDVDを字幕なしで見ることから始めようと思います。
それと、iPodに「The Firm」の全編を入れて、暇なときに聴いていこうと。
単純ですが、ジム・ローンも言っているように、「思いついたら、すぐ行動に移す」ことをやってみるのです。

新しいことを考えると、どきどきわくわくするものです。
それだけで、生活の質が上がるように思います。
[PR]
by bengoshi_358 | 2008-09-14 18:37 | 日々雑感
<< 借金で困ったら 書くことの大切さ >>
Copyright(C)2005 Kato Law Office. All Rights Reserved.