行列の嫌いな弁護士事務所 加藤弁護士事務所
HOME
事務所案内 取扱い業務 TOPICS 料金 ご相談窓口 FAQ


愛知県名古屋市中区丸の内 弁護士加藤英男の日々是精進日記(ツィッター:@BengoshiKH)
by bengoshi_358
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
検索
カテゴリ
全体
こちらもよろしく
事務所について
日々雑感
読書録
会社法
民事再生法
破産法
相続
離婚
交通事故
借金整理の方法
講演録
その他法律関連
信頼できる他の専門家のHP紹介
趣味
弁護士という仕事について
労働法
備忘録
未分類
ブログパーツ
フォロー中のブログ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
事件に敬意を払え。
十人十色。

依頼者の数だけ、違った事件がある。
依頼者の数の何倍かの数(家族だったり、取引先だったり、関係者だったり、相手方だったりの数)だけの悲しみや、怒りや、おそれや不安、経済的損失があるということになります。

どれといって、軽い事件はないし、イージーなものはない。

だから、「先生のご専門は?」と聞かれて、少しためらったりします。
その時々、力を入れているテーマはありますが、田舎弁護士の場合、「それだけやっていて事務所が維持できる」「その分野ならどんな事件でも負けない」なんてことは絶対にないわけです。(東京にいる友人弁護士の中には、特定の種類の事件しかやらない、文字通りスペシャリストでオーソリティの大事務所所属弁護士もいますが)

えらそうにふんぞり返っていてはミスをする。
前にもやった同じタイプの事件だと思ってかかると穴があく。

どんな事件にリスペクトを。
個々の依頼者の生の声にリスペクトを。

そして、できれば同じように傷ついているかもしれない相手方に(常識外の場合は別)も、最低限のリスペクトを。
[PR]
by bengoshi_358 | 2008-09-10 19:22 | 日々雑感
<< 野球がしたい あうんの「あ」 >>
Copyright(C)2005 Kato Law Office. All Rights Reserved.