行列の嫌いな弁護士事務所 加藤弁護士事務所
HOME
事務所案内 取扱い業務 TOPICS 料金 ご相談窓口 FAQ


愛知県名古屋市中区丸の内 弁護士加藤英男の日々是精進日記(ツィッター:@BengoshiKH)
by bengoshi_358
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
検索
カテゴリ
全体
こちらもよろしく
事務所について
日々雑感
読書録
会社法
民事再生法
破産法
相続
離婚
交通事故
借金整理の方法
講演録
その他法律関連
信頼できる他の専門家のHP紹介
趣味
弁護士という仕事について
労働法
備忘録
未分類
ブログパーツ
フォロー中のブログ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
「今、すぐに!」というリクエストへの対応。
わたしたちの仕事には、「今、すぐに!」というリクエストがかなり多いです。

客観的にはそれほど緊急性がないと思われる場合の方が多いのですが、「今、すぐに!」というのが人情でしょう。


できるだけ、そういう思いにお応えできるように努力していますが、やはりわたしたちの扱う案件は「紛争性」のある案件がほとんどです。

一歩間違えると、権利を失いかねない。
権利が大幅に削減されるかもしれない。
そういうリスクがあります。

逆に、即行動しなければ大きな利益は得られないという場合もないではありませんが、そういう場合もリスクと隣り合わせだったりします。

想定されるリスクとその対策を備えないで、いけいけどんどんでは法律家は務まりません。
いけいけどんどんに陥りがちなクライアントのためにリスクマネジメントをし、クライアントの利益を追求していかねばなりません。

だから、新しい依頼が入ったら、ある程度わかっていることであってもリファレンスをします。
いろんな案件の今後の変化・進展を予想したり、当該事例の特殊性を考えて、文献を調べ、間違いがないようにします。
全く初めての案件では、少し時間をかけて調べます。急ぎですると漏れや抜けが出やすいからです。
わかっているつもりですることは避けたい。
当然のことなのですが、これが大事。
自分を過信しないこと。


そういうわけで、「今、すぐに!」とのリクエストにも、ちょっとだけお待たせすることがあります。
(もちろん、倒産や仮処分などは拙速をよしとします。ただし、従前からの相談なしの全くの新件で「1〜2日で!」というのはできれば避けたいところです。)
[PR]
by bengoshi_358 | 2008-09-04 20:30 | 日々雑感
<< 効率アップの秘訣 裁判期日について >>
Copyright(C)2005 Kato Law Office. All Rights Reserved.