行列の嫌いな弁護士事務所 加藤弁護士事務所
HOME
事務所案内 取扱い業務 TOPICS 料金 ご相談窓口 FAQ


愛知県名古屋市中区丸の内 弁護士加藤英男の日々是精進日記(ツィッター:@BengoshiKH)
by bengoshi_358
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索
カテゴリ
全体
こちらもよろしく
事務所について
日々雑感
読書録
会社法
民事再生法
破産法
相続
離婚
交通事故
借金整理の方法
講演録
その他法律関連
信頼できる他の専門家のHP紹介
趣味
弁護士という仕事について
労働法
備忘録
未分類
ブログパーツ
フォロー中のブログ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ひたむきな姿は美しい
昨日もオリンピックでは感動的な場面がいくつもありました。

女子レスリング、素晴らしかったです。
伊調姉妹、おめでとう、お疲れさまでした。
浜口京子選手も素晴らしかった。
「ロンドンがあるぞ〜」というのは、厳し過ぎる気がします。。

素晴らしい選手、結果の陰には、沢山のひとの支えがあります。
まずは、親でしょうね。

親が、子供の可能性を閉ざさなかった。

その昔、やはり高校時代の恩師から、「子供は親が思っているくらいのところまでは行けるものだよ。」と言われたことがあります。

場合によったら、最初の敵は親とか家だったりするわけで、この親とか家を乗り越えていく過程が、明治時代の近代文学になっていたりしました。


メダリストを見ていると、どこにも素晴らしい親がいるのだとわかります。
また、素晴らしい師匠がいます。


今朝の朝日新聞の朝刊の、マイケル・フェルプスについての簡単な記事が心に残りました。

母に女手ひとつで育てられたそうです。
彼が、どのレースだったか忘れましたが、金メダルを取った直後のインタビューで「お母さんを探しているんけど、どこにいるかわからないや」みたいなことを言ったので、マザコンな人かなと思ったけれど、そうではなくて、それこそが当たり前なんだなと改めて思いました。
母が、彼を信じ支え続けてくれたのです。

彼の中学時代の教師が、「マイケルは絶対に成功できない。」と断言したエピソードも紹介されていました。
それを乗り越えていきました。しかも、はるかにスゴイ記録をもって。
(今もその件に触れていることについては大人げないのかも知れませんが、読む人にとっても教訓になります。人をめったやたらにダメ扱いしてはいけないし、自分が理解できなくても、すべての子供には無限の可能性があるということを心するべきでしょうね)
そのうち、その教師が現われて「自分のおかげで彼は偉業を成し遂げた」なんてコメントしたら、いかにもアメリカっぽくて笑えますね。


オリンピック、やっぱり素晴らしい。
ひたむきな選手の姿は美しい。

おかげでよい夏季休暇になりました。
[PR]
by bengoshi_358 | 2008-08-18 12:54 | 日々雑感
<< 休み明けはやはり疾風怒濤。 クアリゾート湯舟沢その2 >>
Copyright(C)2005 Kato Law Office. All Rights Reserved.