行列の嫌いな弁護士事務所 加藤弁護士事務所
HOME
事務所案内 取扱い業務 TOPICS 料金 ご相談窓口 FAQ


愛知県名古屋市中区丸の内 弁護士加藤英男の日々是精進日記(ツィッター:@BengoshiKH)
by bengoshi_358
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
検索
カテゴリ
全体
こちらもよろしく
事務所について
日々雑感
読書録
会社法
民事再生法
破産法
相続
離婚
交通事故
借金整理の方法
講演録
その他法律関連
信頼できる他の専門家のHP紹介
趣味
弁護士という仕事について
労働法
備忘録
未分類
ブログパーツ
フォロー中のブログ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
常に何かを読む。
どんな本でもヒントがあります。

わたしたちの頭は、外界からの刺激に反応するようにできています。

少しでも賢くなりたい、生活を物心ともに豊かにしたいと思っているならば、刺激の中でも一番大きなものは本です。


読まなければ迷いも生じます。

自分と反対の意見であったとしても、読むことで、自分の意見の弱みもわかりますし、自分の意見を補強する新しい何かが見つかるきっかけになります。
だから、読んだことによって生じる迷いは、良い迷いでしょうし、短時間で済みます。

それに、意見は、間違っているとわかった時点で、変えればいい。
自分の意見を通すことが目的なのではありません。
目的が、「少しでも賢くなりたい」、「生活を物心ともに豊かにしたい」というところにあるのであれば、自分の意地とかプライドなんてどうでもいいはず。

自分が発展途上人であるとわかっていれば、つまらない意地もなくなります。

わたしはかなり前から自分よりも若い人の本を読んだりもします。
そして、勉強させてもらっています。


ぼんやり無駄な時間を過ごさないために、常に本を身近に置き、多読、速読するのがいいですね。
できたら、付箋やメモも脇に置いて。
[PR]
by bengoshi_358 | 2008-08-06 08:30 | 日々雑感
<< 女性にお勧めの本 良いメンバーと良い仕事をする幸せ。 >>
Copyright(C)2005 Kato Law Office. All Rights Reserved.