行列の嫌いな弁護士事務所 加藤弁護士事務所
HOME
事務所案内 取扱い業務 TOPICS 料金 ご相談窓口 FAQ


愛知県名古屋市中区丸の内 弁護士加藤英男の日々是精進日記(ツィッター:@BengoshiKH)
by bengoshi_358
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
検索
カテゴリ
全体
こちらもよろしく
事務所について
日々雑感
読書録
会社法
民事再生法
破産法
相続
離婚
交通事故
借金整理の方法
講演録
その他法律関連
信頼できる他の専門家のHP紹介
趣味
弁護士という仕事について
労働法
備忘録
未分類
ブログパーツ
フォロー中のブログ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
うまい方法はない。
ゲームやスポーツでもそうらしいですが、ずるやごまかしは1度はうまくいくかもしれませんが、人の記憶には残ります。

相手と自分の記憶に残ります。

その記憶がいつかそれに応じた現実を招くことでしょう。


こと法律問題についていえば、明白なずるやごまかしは絶対に避けるべきです。
「うまい方法を教えてよ。」と言ってくる人が何年かに1人現れますが、「ないですね。」としかお答えできません。

仮にあったとしても、相手にも法律家が関与し、ましてや裁判所が関わるような案件では、ずるやごまかしが判明しないで終わるわけがありません。


今の世の中、これまで周到に計算された偽装も裏取引も表に出ないものがないと思えるくらい、なんでも明らかになるのですから、自分だけずるやごまかしで得をしようという浅はかな考えでしたことが表に出ないわけがありません。


やはり、うまい方法はないと思った方がいい。
正攻法でいくのがいい。
もちろん、無謀な直進ではなく、結果を出すために工夫が必要なのはもちろんです。

ツキを呼ぶのも、地道な努力であったり、ごくごく当たり前のことを当たり前以上にやっていくという姿勢とか、誠実さとかなのではないかという気がしています。


ずるやごまかしは一時はうまくいくかもしれませんが、大きなリスクを伴います。
全ては原因と結果。
人は蒔いたものを刈り取るのですから。
[PR]
by bengoshi_358 | 2008-07-25 17:46 | 日々雑感
<< 音の効用。 先人の知恵の言葉 >>
Copyright(C)2005 Kato Law Office. All Rights Reserved.