行列の嫌いな弁護士事務所 加藤弁護士事務所
HOME
事務所案内 取扱い業務 TOPICS 料金 ご相談窓口 FAQ


愛知県名古屋市中区丸の内 弁護士加藤英男の日々是精進日記(ツィッター:@BengoshiKH)
by bengoshi_358
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
検索
カテゴリ
全体
こちらもよろしく
事務所について
日々雑感
読書録
会社法
民事再生法
破産法
相続
離婚
交通事故
借金整理の方法
講演録
その他法律関連
信頼できる他の専門家のHP紹介
趣味
弁護士という仕事について
労働法
備忘録
未分類
ブログパーツ
フォロー中のブログ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
困ったときは大事にしてみる
困ったとき、考えてみるとよいこと。

たいてい誰か同じようなことを経験しているはずだと思うこと。

長い人類の歴史と文明社会の歴史の中で、誰かは同じようなことを経験し、その体験を記録しているはずだと思ってみる。

そして、身近な誰かが、自ら経験したか、先人の記録を読んだか、先人の記録がどこにあるかを知っているはずだと仮定する。


要するに、まず身近な誰か適切だと思われる人に聞いてみるとよいというだけのこと。



身近な人から解決の手がかりが得られなかったときは(何人かに尋ねれば、次のステップが見つかることが多い)、やはり専門家に相談する。

そして、裁判所、警察、場合よったら立法(国会、地方議会)、行政に問題を預けていく。


困ったことは、考えきれなくなったときに、一人で考え込んだり、捨て鉢になって考えなしにぶつかっていくことはやめた方がよいと思います。

当事者間で感情的な対立があるときはなおさらです。
互いに経験がないから、限度のない、文字通り、他方があるいは両方が潰れるまでの闘いになりかねません。


困ったときは大事に。


これは鉄則だと思います。

こちら側に落ち度があったにせよ、公平公正な規準以上に求められるリスクは大幅に下がります。


もっとも、相談相手には十分お気をつけください。

最近、交通事故や、離婚、相続などの身近な法律紛争に関して、弁護士資格がないのに相談に乗り、示談書を作成して成功報酬を得る業者がいると弁護士会の会議で報告がありましたが、大きな問題です。

損害金や慰謝料の算定は、きちんと事情を聴いて、証拠の有無強弱により、かなり幅があります。

だから、裁判になった場合、どの程度になるかの予想をしながら示談交渉をする必要があり、十分な法教育(基礎的な条文知識を超える実務的な知識、法解釈、事実認定についての技術に関する)を経ないとなかなか難しい。



裁判所ですら、判断のミスに備えて、地裁、高裁、最高裁の三段階の備えをしています。
裁判ならば、「まだ最高裁がある」と言えますが、専門家とは言えない相談相手に任せてした示談にミスがあった場合、泣き寝入りになりかねません。


示談ミスをひっくり返すのには大きな困難があり、ひっくり返すことができない場合に相談相手に責任をとってもらうにも、相手が弁護士が大抵加入しているような責任賠償保険に加入していることはあり得ず、回収可能性にも問題があります。


困ったときは大事に、非公式・正規的な機関ではなく、公式・正規的な機関に、を意識されるとよいと思います。
[PR]
by bengoshi_358 | 2008-07-24 12:30 | 日々雑感
<< 事件です。 「風の岬に緑を えりも岬森づく... >>
Copyright(C)2005 Kato Law Office. All Rights Reserved.