行列の嫌いな弁護士事務所 加藤弁護士事務所
HOME
事務所案内 取扱い業務 TOPICS 料金 ご相談窓口 FAQ


愛知県名古屋市中区丸の内 弁護士加藤英男の日々是精進日記(ツィッター:@BengoshiKH)
by bengoshi_358
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索
カテゴリ
全体
こちらもよろしく
事務所について
日々雑感
読書録
会社法
民事再生法
破産法
相続
離婚
交通事故
借金整理の方法
講演録
その他法律関連
信頼できる他の専門家のHP紹介
趣味
弁護士という仕事について
労働法
備忘録
未分類
ブログパーツ
フォロー中のブログ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
役割分担、分業による効率化。
わたしたちの仕事も、最近は、事件数が増加し、事件の内容も複雑化していて、弁護士1人と事務員さん1人という形態では、扱える事件数に限りがあります。


わたしは、自分の能力のなさもあって、早くから事務員さんは常時数名お願いしています。

おかげで何度も助かったことがあります。
過払金や利息計算をしてもらったり、複雑な事件で、大量の資料をコピーしたり、証拠番号を付けたりというのはもちろん、官庁に法令や通達内容や申請書式を教えてもらったり、大量に作成する裁判書類の誤字脱字や第三者には意味が取りにくい部分がないかのチェックをしてもらったりします。

また、仲間内の弁護士と時には一緒に事件処理に当たります。
中規模以上の破産事件や、民事再生事件では、仲間の個性に応じてその事件に最もマッチしたチームを組んで望んだりします。


何でも1人で抱え込んでいては、特別優秀な人でもない限り、うまく行きません。
効率を考えたら、役割分担、分業をきちんとやっていくことですね。

個人の能力や持ち時間には限界があるのですから。
[PR]
by bengoshi_358 | 2008-07-14 19:27 | 日々雑感
<< そういえば、世の中も役割分担と... 「コーチング」の妙味。 >>
Copyright(C)2005 Kato Law Office. All Rights Reserved.