行列の嫌いな弁護士事務所 加藤弁護士事務所
HOME
事務所案内 取扱い業務 TOPICS 料金 ご相談窓口 FAQ


愛知県名古屋市中区丸の内 弁護士加藤英男の日々是精進日記(ツィッター:@BengoshiKH)
by bengoshi_358
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
検索
カテゴリ
全体
こちらもよろしく
事務所について
日々雑感
読書録
会社法
民事再生法
破産法
相続
離婚
交通事故
借金整理の方法
講演録
その他法律関連
信頼できる他の専門家のHP紹介
趣味
弁護士という仕事について
労働法
備忘録
未分類
ブログパーツ
フォロー中のブログ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
「やらないこと、やりたくないこと」を明確化する。
神田昌典さん、勝間和代さん(どちらも外資系ご出身です)の本にありましたが、「やらないこと、やりたくないこと」を明確化することは大事かもしれません。

無理して「やりたくないこと」をやっても良い結果は得られません。
当座の結果は出るかもしれませんが、長期的に見たらどうでしょうか。
どこかにひずみが出てしまうはずです。

そういう意味で、「仕事を選んで行く」という意見には惹かれます。


ただ、仕事もご縁というものもあります。
どうしてもやらざるを得ないと思える状況になったりする場合がある。
経験の浅い段階では「頼まれごとを引き受けて行くだけ」という小林正観さんのスタイルで行き、それから段々力が備わり、自然に「やりたいこと、やるべきこと」だけが「頼まれごと」として集まってくるようになるのがよいかも知れません。


でも、「自然に集まってくる」というものは多分あり得ないから、「やりたいこと」を明確化して、常に「やりたいこと」を意識していくということが大事なはず。
そして、そうするためには、神田さんや勝間さんの言われるように「やりたくないこと」を明確化するのがよいのでしょう。それによって「やりたいこと」は明確化されやすいからです。



結局のところ、常に「やりたいこと」を意識して絞り込む。
そうやって絞り込んでいても、なおご縁でやってきた「やりたくないこと」については、預かった仕事として論評評価しないで、不平不満を言わずに一所懸命にやっていく。
「やりたいこと」を明確に意識だけはしておきながら、その後は淡々と「目の前にあること、もの、人」に一所懸命当たって行く。

これが、今のわたしの結論です。
[PR]
by bengoshi_358 | 2008-06-26 15:35 | 日々雑感
<< 初心に還る。 夢と目標達成の後方守備隊。 >>
Copyright(C)2005 Kato Law Office. All Rights Reserved.