行列の嫌いな弁護士事務所 加藤弁護士事務所
HOME
事務所案内 取扱い業務 TOPICS 料金 ご相談窓口 FAQ


愛知県名古屋市中区丸の内 弁護士加藤英男の日々是精進日記(ツィッター:@BengoshiKH)
by bengoshi_358
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
検索
カテゴリ
全体
こちらもよろしく
事務所について
日々雑感
読書録
会社法
民事再生法
破産法
相続
離婚
交通事故
借金整理の方法
講演録
その他法律関連
信頼できる他の専門家のHP紹介
趣味
弁護士という仕事について
労働法
備忘録
未分類
ブログパーツ
フォロー中のブログ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
困った人に振り回されないようになる訓練。
マーサ・スタウト「良心をもたない人たち」にあるとおり、自分自身が確固たる良心を常に心に持つこと、です。


しかし、それもそれほど容易なことではないのでしょう。
良心を持つ、意思を強くする、と言っても、「どうやって?」と若い人は思うでしょう。


そうなるために、比較的容易にできる訓練があります。

それは、
(1)少なくとも、いつも「はっきりした気持ち」で、意識的に行動する。ぼんやりとしない。
(2)何かをされたとき、条件反射的に対応するのではなく、状況を理解した上で意識的に行動する。
(3)意思を強く、また常に能動的意識的に行動する訓練として、「ヴィパッサナー瞑想」を取り入れる。つまり、自分が確実に次に取る行動を直前に言葉にして口にする。
これが、小さな成功体験を集積させ、「意思のとおりに行動できる人」=他人に支配されない人の基礎を作ります(これが、石井裕之先生の本に、簡単にですが触れられていました)。
[PR]
by bengoshi_358 | 2008-06-19 19:29 | 日々雑感
<< 幸せに成功するということ。 低価格コンビニ商品の変化。 >>
Copyright(C)2005 Kato Law Office. All Rights Reserved.