行列の嫌いな弁護士事務所 加藤弁護士事務所
HOME
事務所案内 取扱い業務 TOPICS 料金 ご相談窓口 FAQ


愛知県名古屋市中区丸の内 弁護士加藤英男の日々是精進日記(ツィッター:@BengoshiKH)
by bengoshi_358
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
検索
カテゴリ
全体
こちらもよろしく
事務所について
日々雑感
読書録
会社法
民事再生法
破産法
相続
離婚
交通事故
借金整理の方法
講演録
その他法律関連
信頼できる他の専門家のHP紹介
趣味
弁護士という仕事について
労働法
備忘録
未分類
ブログパーツ
フォロー中のブログ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
力を出し切る話。
わたしが最初に聴いた斎藤一人さんのCDを聴き返しました。

「上級の話、出し切る話、徳の話、魂力の話」の4部作です。

幸せになりかったら、自分のご機嫌をとって常に学び、持っている全ての力を出し切り、徳を積み、魂を磨くということです。

全ての力を出し切ると力がつきます。
全ての力を出し切っていると、つきが回ってきます。
そんなお話を朝聴きました。


今日は、昭和の時代から平成の時代を持っている全ての力を出し切って駆け抜けた方の事件が終了しました。


激動の時代に事業を興し、小さいながらも大切に守り、愚直と言える程に真面目にやってこれれ、がんばりすぎたために身体を壊されてしまいました。

わたしは、その事業の清算を任されました。


経営者である以上、時代の流れには敏感にならなければなりませんが、ここ数年の時代の動きは速すぎる感があります。
昭和のやり方では難しいかも知れません。
事業内容自体がついていけなくなっていたようにも思います。


今日終わった件の当事者の方は、全ての力を出し切られ、やるだけやられた。

だから、その方は身体を壊されて仕方なく清算されたけれど、酷いことを言う相手はいませんでした。



おつかれさまでした、どうかゆっくりとお休みになり、お孫さんらとのんびりとお幸せにお過ごしくださいと心から祈るばかりです。
[PR]
by bengoshi_358 | 2008-06-13 10:51 | 日々雑感
<< すっきりと快晴。 気分も身体も快調。 >>
Copyright(C)2005 Kato Law Office. All Rights Reserved.