行列の嫌いな弁護士事務所 加藤弁護士事務所
HOME
事務所案内 取扱い業務 TOPICS 料金 ご相談窓口 FAQ


愛知県名古屋市中区丸の内 弁護士加藤英男の日々是精進日記(ツィッター:@BengoshiKH)
by bengoshi_358
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
検索
カテゴリ
全体
こちらもよろしく
事務所について
日々雑感
読書録
会社法
民事再生法
破産法
相続
離婚
交通事故
借金整理の方法
講演録
その他法律関連
信頼できる他の専門家のHP紹介
趣味
弁護士という仕事について
労働法
備忘録
未分類
ブログパーツ
フォロー中のブログ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
10代の経験が今も生きる
昨日は、バッセンに行って、昼食をとってからダウンしていました。
今朝もなかなか起きれませんでした。


おかげで予定していた仕事などはできなくなってしまいましたが、仮にここでダウンしないで休みをとらないでいたら、もっと大変だったかもしれないと良い方に考えています。



さて、わたしの好きな漫画には、三倉佳境「関節王」、荒木飛呂彦「ジョジョの奇妙な冒険シリーズ」がありますが(この2つ以外はこの1~2年読んでいない)、後者の未完結シリーズ「スティールボールラン」の単行本第15巻に「覚悟」をテーマにした章がありました。

大切に守ってきたものを奪われない為に、それが破損する危険を顧みず、徹底的に闘う姿勢が描かれていました。

迷いがなくなったら、覚悟を決めてやるだけ。
それが、自分の願ったとおりの形で報われることはないかも知れないが、やるしかない。他に選択肢が考えられないなら、報われることを信じて、やるしかない。

非常に、共感できるものがありました。

わたしも、高校時代に野球を封印し、趣味や交友関係も整理し(類友で数人は自然に残った)、受験勉強に励みました。
良い悪いは別として、地方の新設校に通う、能力のない自分が、希望する大学を目指すのであれば、やるべきことは決っています。
学校生活を心理的にかなり切り捨ててがんばりました。

ある面、一番孤独な時代でしたが、懐かしい思い出でもあります。
あの頃は、ストイックな生活にマッチした、レッド・ツェッペリンが好きでした。

先週終りころから、またレッド・ツェッペリンを移動中に聴いていました。
「ロックンロール」、「アキレス最後の闘い」、「ブラックドッグ」、「ホールロッタラブ」を聴くと、あの頃の「覚悟」を思い出します。
未熟で、幼い「覚悟」ですが、今の基礎は10代にあるというのもわかる気がします。

坂本龍一さん、矢野顕子さんのご令嬢の新聞コラムに、父上が10代の経験等が今のベースにあるというようなことをおっしゃったとあり、なるほどと思いました。

それと、10代の経験を陰で支えてくれたのも両親ですから、両親には感謝しなければと思いました。



現在かかっている課題、それと中長期的な目標に向かって、わたしなりの「覚悟」をもって、進んでいきます。
[PR]
by bengoshi_358 | 2008-06-02 11:39 | 日々雑感
<< 調停に際しての注意事項 バッティングにおける到達点 >>
Copyright(C)2005 Kato Law Office. All Rights Reserved.