行列の嫌いな弁護士事務所 加藤弁護士事務所
HOME
事務所案内 取扱い業務 TOPICS 料金 ご相談窓口 FAQ


愛知県名古屋市中区丸の内 弁護士加藤英男の日々是精進日記(ツィッター:@BengoshiKH)
by bengoshi_358
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
検索
カテゴリ
全体
こちらもよろしく
事務所について
日々雑感
読書録
会社法
民事再生法
破産法
相続
離婚
交通事故
借金整理の方法
講演録
その他法律関連
信頼できる他の専門家のHP紹介
趣味
弁護士という仕事について
労働法
備忘録
未分類
ブログパーツ
フォロー中のブログ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
前を向いて行こう。
「辛い」ということで、斎藤一人さんの「普通はつらいよ」という本を思い出しました。


イヤな目に遭ったり、思う通りにならないと、ふつうは腹を立てます。
腹を立てて物事が改善するかというと、却って辛くなります。

発想を転換して、良い面だけを見るようにすれば、辛くなるような経験からだって何かを掴んで立ち上がることができます。


自分の側でできることから変えていこうとしないで、外側のことに不平不満を言うのはありがちなパターンです。
普通のパターン。

普通はつらいんだそうです。

だから、「普通はつらいよ」という題名らしい。



発想を逆転してみると、生きていくのが辛いという普通ありがちな状態から脱することができるのかも知れません。

「何もないことが幸せ(悪いことがなく平穏平凡であることがむしろ幸せ)」という切り口は、普通ではなく、逆転の発想の1つですね。


何かがあるから幸せで、何かがないから不幸せだというのは普通かも知れませんが、努力もしないで、「何か」は得られませんから、辛いよね。

何かのために進んで努力しているなら、他人の目からはしんどそうでも、当の本人は心が燃えているから実は辛くない。

「何か」を見失うから辛くなるんですね。



ハイブロー武蔵さんの「希望の星の光を見失うな!」という本のことも思い出しました。



「幸」も「辛」も、結局心の置き所ひとつ。心の持ち方ひとつ。


まずは、今を「幸」と認めて感謝しよう。

そして、少しでも「何か」の不足を感じるのであれば、「幸」の上乗せとして、「何か」を心の中で意識しながら、必要な努力をするとしよう。

あるがままに、信じる道を行こう。
「辛」を思う暇のないくらい、いつも前を向いていよう。。
[PR]
by bengoshi_358 | 2008-05-24 19:04 | 日々雑感
<< ステーキ自慢 でも、幸せって。 >>
Copyright(C)2005 Kato Law Office. All Rights Reserved.