行列の嫌いな弁護士事務所 加藤弁護士事務所
HOME
事務所案内 取扱い業務 TOPICS 料金 ご相談窓口 FAQ


愛知県名古屋市中区丸の内 弁護士加藤英男の日々是精進日記(ツィッター:@BengoshiKH)
by bengoshi_358
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
検索
カテゴリ
全体
こちらもよろしく
事務所について
日々雑感
読書録
会社法
民事再生法
破産法
相続
離婚
交通事故
借金整理の方法
講演録
その他法律関連
信頼できる他の専門家のHP紹介
趣味
弁護士という仕事について
労働法
備忘録
未分類
ブログパーツ
フォロー中のブログ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
全てにおいて勝つ必要は無い。
先日、車に甥を乗せて運転しました。

幼い甥は、「おじさん、負けるな!抜かされないで!あ〜、また抜かされた!」と大騒ぎ。


後から来た車が先に行くのを「負け」と思っているようです。
では、それを「負け」としよう。

「いいんだよ。すべてに勝つ必要なんかないんだよ。」
  「え?」
「すべて勝とうと思うと疲れちゃうし、辛くなっちゃうよ。」
  「うん…。」
「本当に勝ちたい勝負にだけ勝てばいいんだよ。余計な力は使わないで、勝ちたい勝負にだけ使った方がいいと思うよ。」
  「ふーん。」


あれも、これもはできません。
あれも、これもで競っていたら、世の中敵ばかりになってしまいます。

闘うのならば、ここぞというときだけ。
そして、勝てる闘い方をする。
最終的に勝てればそれでいい。

できるならば、人とは闘わないで自分の限界との闘いにするのがいい。



彼に初めておもちゃを買ってあげた時の約束。
1、世の中の役に立つ人になろう。
2、立派な人になろう。

子どもにはこれだけの約束でいいと思います。
自分も同じ約束を自分とする、それを更新しつづけること。


全てに勝つ必要は無い。
人との競争は刺激として必要かも知れないが、それが自己目的となってはいけないね。
世の中の役に立つ人になることを目指そうよ。

まだ、難しいことのわからない甥には言葉で言っても無理ですが、小さな子とはそう心で念じつつ接しています。
[PR]
by bengoshi_358 | 2008-05-06 15:01 | 日々雑感
<< 世の中の役に立つ人になる。 筆写の効用。 >>
Copyright(C)2005 Kato Law Office. All Rights Reserved.