行列の嫌いな弁護士事務所 加藤弁護士事務所
HOME
事務所案内 取扱い業務 TOPICS 料金 ご相談窓口 FAQ


愛知県名古屋市中区丸の内 弁護士加藤英男の日々是精進日記(ツィッター:@BengoshiKH)
by bengoshi_358
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
検索
カテゴリ
全体
こちらもよろしく
事務所について
日々雑感
読書録
会社法
民事再生法
破産法
相続
離婚
交通事故
借金整理の方法
講演録
その他法律関連
信頼できる他の専門家のHP紹介
趣味
弁護士という仕事について
労働法
備忘録
未分類
ブログパーツ
フォロー中のブログ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
「書く」・「整理」する。
このごろ、「書く」行為を大切にしています。

ワープロは、どうも「整理」する感覚が強いです。
「整理」しながら「清書」する、というのでしょうか。

ある程度材料が集まっていて、それらが頭の中で発酵して、結論が見える場合にはいきなりワープロで十分。
経験値が高まったせいか、そもそもそういう事件が増えたのか、どうも結論が見えない事件の方が最近は多いです。

結論が見えない、事件が進行していって結論が動くような場合には、まずはアナログで書いて行くか、マインドマップソフトを使います。
相手から事情聴取する場合は、アナログですね。
弁護士によっては、依頼者や関係者を前に、外部モニターを向こう側に向けて、サクサク陳述書や準備書面を作って行く方もいますが、わたしは今のところは、アナログです。

そして、アナログのメモを、「整理」しながらワープロに落とし込み、それを事情聴取相手に見ていただいて、陳述書なり、準備書面の元にします。
2度手間のようで、手待ち時間や休憩時間を無駄にするよりは、作業系のタスクである「整理」、依頼者や関係者への報告相談文書作成をするのがよいので、このスタイルで仕事をしています。
[PR]
by bengoshi_358 | 2008-04-30 16:32 | 日々雑感
<< 勉強を続けること。 三文の得 >>
Copyright(C)2005 Kato Law Office. All Rights Reserved.