行列の嫌いな弁護士事務所 加藤弁護士事務所
HOME
事務所案内 取扱い業務 TOPICS 料金 ご相談窓口 FAQ


愛知県名古屋市中区丸の内 弁護士加藤英男の日々是精進日記(ツィッター:@BengoshiKH)
by bengoshi_358
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
検索
カテゴリ
全体
こちらもよろしく
事務所について
日々雑感
読書録
会社法
民事再生法
破産法
相続
離婚
交通事故
借金整理の方法
講演録
その他法律関連
信頼できる他の専門家のHP紹介
趣味
弁護士という仕事について
労働法
備忘録
未分類
ブログパーツ
フォロー中のブログ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
「鎮静剤」の思い出。
ふと、マリー・ローランサン(堀口大學訳)の「鎮静剤」という詩を思い出しました。

わたしは、加川良さんの楽曲でこの詩のことを知りました。


この詩では、「退屈な女より もっと哀れなのは 悲しい女です。悲しい女より もっと哀れなのは …」と続けていきます。

そして、最も哀れな女は「忘れられた女」であると締めくくります。

加川良さんの歌でも、この締めくくりには、哀しみを込めて1音半伸ばすくらいで静かに息を呑むというエンディングであったように思います。


わたしは今のところ鎮静剤は飲んだことがありませんが、鎮痛剤はたまに飲みます。
イブプロフェンという成分が血栓を防ぐ効果があるらしいと聞いたので、しんどくなったときに意識して成人服用量の半分程度を。

鎮痛剤はよいとして、「鎮静剤」はなかなかぐっとくる詩です。
加川良さんの歌で聴くと、またじわっと来ます。


「鎮静剤」はぐぐるといくらも訳詩、原詩のどちらも出てきます。
加川良さんも検索したら、まだ現役で活動されてました。うれしいなぁ。
加川さんの歌は、高3夏休みのラジオ講座夏合宿で出会った兵庫のお医者のご子息Tさんから「いいよ〜」って勧められて聴いたのでした。

感傷、センチメンタリティは、社会を生きていく上でのバッファであり、「鎮静剤」なんでしょうね。
[PR]
by bengoshi_358 | 2008-04-22 19:45 | 日々雑感
<< 自然の恵み 酸欠を超えて進む >>
Copyright(C)2005 Kato Law Office. All Rights Reserved.