行列の嫌いな弁護士事務所 加藤弁護士事務所
HOME
事務所案内 取扱い業務 TOPICS 料金 ご相談窓口 FAQ


愛知県名古屋市中区丸の内 弁護士加藤英男の日々是精進日記(ツィッター:@BengoshiKH)
by bengoshi_358
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
検索
カテゴリ
全体
こちらもよろしく
事務所について
日々雑感
読書録
会社法
民事再生法
破産法
相続
離婚
交通事故
借金整理の方法
講演録
その他法律関連
信頼できる他の専門家のHP紹介
趣味
弁護士という仕事について
労働法
備忘録
未分類
ブログパーツ
フォロー中のブログ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
仕組み化可能な作業系業務と個別対応業務の区別
今日はデスクワークが中心です。
午後も日が暮れ始めると、作業系の仕事にシフトしていきます。

懸案だった、5000万円超の負債のある個人の民事再生の書類作りをしています。
この他にもいくらか課題のある破産の書類作りも待っています。

民事再生にしても、破産にしても、書類作りという作業系の仕事がかなりあります。
そうした作業系の仕事の多くは事務員さんにもお願いできるのですが、わたしがチェック(深浅、強弱はもちろんありますが)していかなければならないものばかり。


ただ、作業系の仕事が多い借金整理事件(任意整理、民事再生、破産)では特に精神的心理的にも苦境にある方や相手方もいらっしゃるし、関係者もみえるので、人間同士の応対を誠実に行うことが大事だったりします。

依頼者、相手方(債権者)、関係者の方々を情報としてのみ考えないで、個別対応を心掛けなければならないと思います。
効率重視で作業系マインドだけで突き進んでいくと、余計な遠回りをすることになりかねないので要注意です。
[PR]
by bengoshi_358 | 2008-04-18 18:22 | 日々雑感
<< Iron Maiden ベスト盤 短時間で一点集中、一所懸命。 >>
Copyright(C)2005 Kato Law Office. All Rights Reserved.