行列の嫌いな弁護士事務所 加藤弁護士事務所
HOME
事務所案内 取扱い業務 TOPICS 料金 ご相談窓口 FAQ


愛知県名古屋市中区丸の内 弁護士加藤英男の日々是精進日記(ツィッター:@BengoshiKH)
by bengoshi_358
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
検索
カテゴリ
全体
こちらもよろしく
事務所について
日々雑感
読書録
会社法
民事再生法
破産法
相続
離婚
交通事故
借金整理の方法
講演録
その他法律関連
信頼できる他の専門家のHP紹介
趣味
弁護士という仕事について
労働法
備忘録
未分類
ブログパーツ
フォロー中のブログ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
縁のある人・縁のある会社。
弁護士の仕事を続けていると、いろんな関係で相談者を紹介されます。


最初にお話をさせていただいて、依頼を受けることはないだろうな、と思う人や会社もあります。

なんとなく、話がかみ合わない、上滑りする。
波長が合わない、胸の辺りが重苦しくなったりする。

その時々でいろんな状況になるのですが、相談時に、互いに本音をぶつけあって相談し、回答できる関係ができないのであれば、やはりその後の共同作業は難しくなります。

わたしがイヤな感じを受けているならば、相談者の側でも同じはず。
多くの場合には、うまく事件処理依頼を受けないで済みます。

しかし、たまにそうでない場合もあります。
わたしの場合、うまく共同作業ができそうにないな、と思う時は、依頼があった場合でも、はっきりとお伝えし、できるかぎりすぐにはお受けしないようにしています。

そうやって、お断りしても、なぜだかまたご相談にいらっしゃってくださり、以前と違って良好な関係が築けそうな気がして正式に受任することになったり、顧問契約を結ぶことになったりするケースも中にはあります。


だから、縁のある人・会社って、あるのだろうなと思います。


依頼を検討される相談者の側からしても、縁のある弁護士というものはいるのだろうなと思います。

弁護士の仕事は、相談者依頼者といい関係が築けなければ、いい仕事はできません。
「急に事件に巻き込まれ、困っているから、誰でもいい!」とは思わずに、きっとふさわしい弁護士が見つかるとお考えください。
そうして、お近くの弁護士会の相談に出かけられ、まずは相談だけ、ということで何人かの弁護士と話されれば、きっと縁のある弁護士に出会われるでしょう。
[PR]
by bengoshi_358 | 2008-03-17 02:29 | 日々雑感
<< 失敗するときは始める前からそのとおり 基本を大事にしつつも、進化を続ける。 >>
Copyright(C)2005 Kato Law Office. All Rights Reserved.