行列の嫌いな弁護士事務所 加藤弁護士事務所
HOME
事務所案内 取扱い業務 TOPICS 料金 ご相談窓口 FAQ


愛知県名古屋市中区丸の内 弁護士加藤英男の日々是精進日記(ツィッター:@BengoshiKH)
by bengoshi_358
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
検索
カテゴリ
全体
こちらもよろしく
事務所について
日々雑感
読書録
会社法
民事再生法
破産法
相続
離婚
交通事故
借金整理の方法
講演録
その他法律関連
信頼できる他の専門家のHP紹介
趣味
弁護士という仕事について
労働法
備忘録
未分類
ブログパーツ
フォロー中のブログ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
基本を大事にしつつも、進化を続ける。
野球の本でも感じたのですが、昨今は、良い情報が安価で入手できるものだと思います。

意識を働かせ、アンテナを立てていれば、いくらかのお金があれば(高価な場合もあるけれど、昔に比べたら全然安価なことが多い)、容易に入手できてしまいます。


イチロー選手を始め、多くの一流選手が、フォームやスタイルを常に変えながら、毎年一定の成績を残しています。
常に進化させるという意識。
常に前に進むという意欲。

こういったものがないならば、現状維持もままならないのが現代のスピード社会です。


意識を働かせ、アンテナ立てて、情報を得る。
得た情報をもとに、誤りに気付けば速やかに正し、情報の中の良いものは直ちに取り入れる。そして、自分を変化させ、急激に変化していく環境に適応させていくよりありません。


もちろん、変わらないものもある。
変わりつつあるのかも知れないけれど、その速度が極めて遅いものがあります。

人間の情愛であったり、正義感であったり、誠実さや信義であったり、社会や生き方の基本、常に成功法則の根本に位置しているものたちです。
法律でいう、条文・基本原理のようなもの。

変わらないもの、変わりつつあるのかも知れないけれど、支持の度合いが強くて変化の速度が極めて遅いものに対してはリスペクトを払わなければならないし、そうでないと痛い目を見るのは自分だし、何よりもそうしないと自分自身の心は安らがないのではないか。


これまた、バランスですね。
一流と呼ばれる人たちは、このバランス感覚がある。
基本を大事にしつつ、常に変化を続けているのではないかと思います。

よりましな人間に、より多くの人から喜ばれる存在になりたいのであるならば、一流と呼ばれるあらゆる分野の人に学ぶのがよさそうです。
[PR]
by bengoshi_358 | 2008-03-17 01:36 | 日々雑感
<< 縁のある人・縁のある会社。 やはり条文が出発点。 >>
Copyright(C)2005 Kato Law Office. All Rights Reserved.