行列の嫌いな弁護士事務所 加藤弁護士事務所
HOME
事務所案内 取扱い業務 TOPICS 料金 ご相談窓口 FAQ


愛知県名古屋市中区丸の内 弁護士加藤英男の日々是精進日記(ツィッター:@BengoshiKH)
by bengoshi_358
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
検索
カテゴリ
全体
こちらもよろしく
事務所について
日々雑感
読書録
会社法
民事再生法
破産法
相続
離婚
交通事故
借金整理の方法
講演録
その他法律関連
信頼できる他の専門家のHP紹介
趣味
弁護士という仕事について
労働法
備忘録
未分類
ブログパーツ
フォロー中のブログ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
やはり条文が出発点。
このごろ、条文に戻って考えることが大切だと思うことが何度かありました。

そうして、伊藤真先生の本を読み、また受験用ではありますが、伊藤先生が条文解説本を出されているのを知り、改めて自分も条文から勉強し直そうかと思いました。

昔やったのは、模範六法を解体し、1ページごとに白紙を挟んで、バインダーに綴じ、条文を素読みと並行して基本書読みや問題演習を行い、条文にはアンダーライン(サイドライン)を引き、白紙には気がついたことを書き込んでいくという方法です。


しかし、最近は、伊藤先生の本を始め、ハンディな条文解説本も出ています。
破産法なら、青林書院の「大コンメンタール破産法」、民法なら日本評論社の「我妻・有泉コンメンタール民法」が便利ですし、会社法も条文+簡単な新しい解説本(伊藤先生の解説本にしてみようかと思ったのですが、最新の改正までフォローされているか不明なので要チェック)が出ています。

こういった本を読み、ラインを引き、加筆していくほうが早道かも知れません。
[PR]
by bengoshi_358 | 2008-03-17 01:29 | 日々雑感
<< 基本を大事にしつつも、進化を続ける。 野球の本。 >>
Copyright(C)2005 Kato Law Office. All Rights Reserved.