行列の嫌いな弁護士事務所 加藤弁護士事務所
HOME
事務所案内 取扱い業務 TOPICS 料金 ご相談窓口 FAQ


愛知県名古屋市中区丸の内 弁護士加藤英男の日々是精進日記(ツィッター:@BengoshiKH)
by bengoshi_358
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
検索
カテゴリ
全体
こちらもよろしく
事務所について
日々雑感
読書録
会社法
民事再生法
破産法
相続
離婚
交通事故
借金整理の方法
講演録
その他法律関連
信頼できる他の専門家のHP紹介
趣味
弁護士という仕事について
労働法
備忘録
未分類
ブログパーツ
フォロー中のブログ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
他人に多くを期待しない。
こんなはずではなかった。
許せない。

そういう思いは、他人への期待が大きい場合に起こるのではないでしょうか。

所詮、他人だから。
友達も同僚も所詮他人だから。
親子であっても、考え方は違うから。
ましてや、連れ子や里子ならばなおさら。


リチャード・バックは、「イリュージョン」(角川文庫)のあとがきのなかで、訳者の村上龍さんをして、人としてのデコボコが少なく、1人で完結した人というように評されていました。

他者への要求が少なくなれば、いくらか生きやすくなるのではないかと思います。
[PR]
by bengoshi_358 | 2008-02-17 22:20 | 日々雑感
<< 出張先へ向かいます 勝間和代さんの本 〜新しい知的... >>
Copyright(C)2005 Kato Law Office. All Rights Reserved.