行列の嫌いな弁護士事務所 加藤弁護士事務所
HOME
事務所案内 取扱い業務 TOPICS 料金 ご相談窓口 FAQ


愛知県名古屋市中区丸の内 弁護士加藤英男の日々是精進日記(ツィッター:@BengoshiKH)
by bengoshi_358
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
検索
カテゴリ
全体
こちらもよろしく
事務所について
日々雑感
読書録
会社法
民事再生法
破産法
相続
離婚
交通事故
借金整理の方法
講演録
その他法律関連
信頼できる他の専門家のHP紹介
趣味
弁護士という仕事について
労働法
備忘録
未分類
ブログパーツ
フォロー中のブログ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
常に意識するのは同じこと。
原因と結果、ということは、自分の仕事でも常に意識しています。



好ましくない結果には、必ず何らかの原因があり、多かれ少なかれ、自分の態度によってコントロールできるものがあると心する。

できるだけ、好ましい結果を得る為に、良い原因をインプットできるようにする。

そのために、できるだけはっきりした気持ちでいる。
ぼんやりするときには、良いイメージを描いて、できるだけ心地よい状態でいるようにする。

悪い結果を他人のせいにする前に、自分の内部に根っこはなかったか、何を変えたら良くなるか、を考えるようにする。


運のない人は、責任転嫁型であり、他人も自分も許せないことが多いようです。
ジェームズ・アレンは、「許さないことにより自分自身を牢獄に閉じこめている」と表現しました。

自分は、運の良い人でいたいです。
いろんな場面で、もとは自分、という観点から考えてできる努力がしたいです。
それをやった上で、なお好ましくない、不公平に思える結果しか得られないならば、きっとその後で、正当な努力の分以上の良いことがあると思うようにしたいです。
高校時代の恩師、生涯一物理教師を貫かれたA先生の「物事はすべて帳尻が合うようになっている」(=エネルギー保存の法則か?!)という言葉に拠って立ちます。

中村天風師のおっしゃっていた、積極一貫を座右の銘から信念へ。信念から、習慣へとできたらよいなと思っています。
[PR]
by bengoshi_358 | 2008-02-12 19:19 | 日々雑感
<< 筋肉痛。。。 原因と結果、実を見れば木がわかる。 >>
Copyright(C)2005 Kato Law Office. All Rights Reserved.